新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さあ紅白…

 2016年も今日で最期、12月31日と言えばもちろん紅白。色々と言いたい事はあるが、まずは前回の更新以降に決定した歌唱曲と曲順をご覧頂こう。PDFファイルの最終版のリンクを貼っておきます。

https://web.archive.org/web/20161231080456/http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_2016_04.pdf

 歌唱曲がなんだか微妙。2年ぶりの返り咲きとなった香西と福田。香西かおりは今年は新曲「秋恋歌」のヒットによる返り咲きと思うのだが、歌唱曲は1997年の曲。しかも真田丸スペシャルVer.と付けられているものの、真田丸とこの曲の繋がりが不明だ。ただ曲自体は紅白では初めて歌われる曲。一方福田こうへいは落選前の2014年と同じく東京五輪音頭。今年のヒット曲もあったはずだが…。同じ若手である山内恵介や三山ひろしは今年のヒット曲、なんだか扱いの差が気になってしまう。ちなみに昨年は伍代夏子(本年は落選)の歌唱曲が東京五輪音頭だった。天童よしみと氷川きよしはそこまで昔の曲ではないもののどういうわけか2000年代前半の代表曲で、それぞれ紅白では2回目となる。氷川は「みれん心」が1年かけて例年以上に長く大きなヒットになっているのだが…。水森かおりは安定して新曲を披露。演歌以外ではTOKIOが近年少し前の歌を2回目3回目で歌う例が目立ち始めてきたようだ。石川さゆりはパターン通りで「天城越え」。本当にたまには違う曲を歌わせたらどうか。ただ今回は赤組のトリという事もあって、例年以上に力の入ったものになればと思う。

 さて問題は大トリ。なぜ嵐なのか。紅白の大トリらしさが全く感じられない出番になる事が高いと私は危惧するのである。最近はSMAPの大トリが目立ったが、大トリらしい演出がないのである。イントロに被せるような司会者の渾身の曲紹介、そして歌い終わった後の重厚なオーケストラによる独特のエンディング…それこそが紅白に求められるものである。それを最も体現した大トリには、1996年の風雪ながれ旅が挙げられるだろう。また大トリについて考える上で参考になるのが2002年。五木ひろしの「おふくろの子守歌」である。この曲はCD音源から考えるとそれほど重厚なものではなく、大トリの重責に耐えられるかという感想を持つ者もいるだろう。しかしイントロから演出を凝らし、違和感なく大トリにふさわしいアレンジとなった曲に感嘆を飲むのである。
 もし普通通りに嵐が大トリで歌うだけなら、それはもはや大トリではない。ただ単に順番が最後だけという以外の意味を持たなくなる。それでいいのだろうか。

スポンサーサイト

PageTop

瀬戸際の紅白歌合戦

 先月末、今年の紅白歌合戦の出場者が発表。

出場者発表時点での一覧はこちら→https://web.archive.org/web/20161124052745/http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_2016_01.pdf

 コレを見て思ったのは、紅白らしさって何だろうかって事。最大の注目だったSMAPはやはり出場できるような状態ではなかったらしい。でその穴埋め(?)なのか何とKINKIKIDSまで登場というのはガッカリ。別に出てきてもいいのだが、ジャニーズは一体何枠まで増えるつもりか。2009年には2枠制限が崩れ嵐が登場。そのあたりはまだいいとして、間ジャニが出てきたかと思いきやV6まで出てくる。NHKの番組で目立った活躍があったとか、たまたま何周年かで登場ならいいが、その後も連続で登場し続けている。せめてジャニーズは毎年入れ替わりで色々なグループが登場するぐらいに留めてもらいたい。さらに言えば桐谷健太もジャニーズだと言う説も。ジャニーズ以外の若手ではEXILEが以外にも不出場、そして徳永英明と美輪明宏が地味に不出場に。

 しかし最大の驚きはなんと言っても細川たかしの紅白卒業宣言と和田アキ子の落選。和田は80年代にも不出場の時期があったが、また返り咲きなどはあるだろうか・・・。落選者を見ると、藤あや子と伍代夏子が落選。伍代は2002年の演歌枠減少で一旦紅白から去るものの、2006年に復活し10年間連続出場を続けた。一方で香西かおりが復帰。近年は藤あや子と合わせて出場・不出場を繰り返しているポジションなので、別に卒業したわけではなさそう。
 若手メンバーで見ると、昨年出てきた島津亜矢、三山ひろしや山内恵介などは連続出場が実現、昨年不出場の福田こうへいも事務所騒動が解決し再登場。そして新たに市川由紀乃が初登場。デビューは1993年なので若手というほどの経歴ではないが、紅白にとっては新しい顔ぶれである。そう言えば瀬川瑛子や冠二郎もデビューからかなり年月がたっての紅白初登場であった。

PageTop

市民のための情報発信

更新は約3ヶ月ぶり。普段の主張は完全にTwitterの方へ以降しました。

 安倍政権は今国会でTPPの強行採決を目論んでいる。国民生活をますます困窮へと追いやり戦争へと突き進もうとする安倍政権や自民党と戦い、次の総選挙で政権後退を実現する以外にこれを止める方法はない。
 さて、日本には民進党や共産党など野党4党以外にも、国会に議席を持たない市民政党や政治団体がいくつも存在する。大手メディアもなかなか報道しないそうした団体の発信する情報は安倍政権と対峙する上で非常に参考になるものが多い。今回はその主要なものを紹介しよう。

解放【革共同・革命的マルクス主義派】:http://www.jrcl.org/
前進【革命的共産主義者同盟全国委員会】:http://www.zenshin.org/zh/

 前進(2014年2月までのバックナンバー):http://www.zenshin.org/f_zenshin/zenshin.htm
週刊かけはし【日本革命的共産主義者同盟(JRCL)】:http://www.jrcl.net/p01b.html
戦旗【共産主義者同盟(統一委員会)】:http://www.bund21.org/opinion.htm
解放【革命的労働者協会解放派】:http://www.kaihou-sekisaisya.jp/back_nunmber.html


この5つがオススメだ。是非目を通すようにしたい。

PageTop

都知事選で市民の手に政治を取り戻せ!

 参議院選挙は改憲勢力に3分の2を許してしまう結果に終わった。さらに酷いのは選挙終了後に無所属議員を入党させて自民党単独過半数となったこと。以外にも参議院での自民単独過半数は1989年以来27年ぶりだということ。土井たか子さんが山を動かして以来、自民党は参議院での過半数を持っていなかったのだ。それだけに4野党の議員の方々には次の選挙まで憲法改悪を阻止するために、一人一人がこれまで以上の役割を担う重責が課せられたと言えるだろう。
 一方で今回非改選の2013年と比較すると、野党共闘の成果は大成功とまでは言いがたいものの着実な足跡を残した結果ではあった。今回改選となった2010年組では6年前は7勝でしかなかったが、今回はなんとか11議席確保に至った。福島と沖縄では2人の現職閣僚を打ち破る事もできた。野党共闘こそそれこそ道半ば、戦略の建て直しは必要だが共闘をさらに深化させていかなければならない点だけは確かだ。

 さていよいよ都知事選。今日は投票日なので誰々に投票しなさいとは言わない。映像を貼っておくので各々感じたことを投票に活かしてほしい。

鳥越俊太郎とは何者なのか


鳥越俊太郎の政策


鳥越俊太郎最期の訴え


最後の訴え(40分バージョン)



 今月参院選の前後でブログ閲覧者が8000人を越えたようです。

PageTop

ブログフォーマット変更

 ブログのフォーマットを変更。何年ぶりだろうか。スタイル?というのだろうか、blackからcolorというスタイルシートへ変更。ついでにプロフィールなど諸々も更新です。

PageTop

参院選まで1週間、アベ政治と戦う公約をじっくり読んでみよう。

 いよいよ参院選まで残り1週間。皆さんは安倍政権と戦う野党のどういった政策に期待しているだろうか。安倍政権は野党共闘をひたすら野合の罵るばかり。安倍総理よ!、お前は各党の政策をちゃんと見た上でそう言っているのか?。どの党も各々がそれぞれ明確な対立軸を持って対案を示しておられる。有権者の中には各党の政策をじっくりとご覧になっていない方もおられるだろう。これを機にじっくりと目を通してほしい。
 早速紹介していこう!。

民進党:国民との約束→https://www.minshin.or.jp/download/29196.pdf
民進党:政策集2016→https://www.minshin.or.jp/download/29324.pdf
社民党:選挙公約2016ダイジェスト→http://media.wix.com/ugd/354569_8c4001c6bba44c26ba79b221e58b5040.pdf
生活の党:2016政策→http://www.seikatsu1.jp/wp-content/uploads/2016manifest.pdf
生活の党:2016政策→http://www.seikatsu1.jp/wp-content/uploads/20160617-1.pdf
共産党:力あわせ、未来ひらく/消費税にたよらない別の道→http://www.jcp.or.jp/web_download/2016-sanin-seisaku-zen-s.pdf
共産党:参院政策ダイジェスト→http://www.jcp.or.jp/web_download/2016-saninseisaku-d.pdf

 リンクは設定しないので、ブラウザにコピペで各自ダウンロードして読んでもらいたいと思います。

PageTop

迫る2016年参院選、消費税増税で進むも退くも批判しかない安倍。

 約3ヶ月ぶりの更新になります。日々の話はツイッターの方を中心に更新するようになったため、今後こちらはTwitterでは書けない長文や、違うジャンルについて中心に。

 さて国会も閉幕しいよいよ参院選。国会閉幕後、安倍晋三は消費増税の再延期を打ち出した。2017年4月に10%となる予定だったものが、2年半の延期で2019年10月頃となる計算だ。さて安倍の突然の増税延期の発表に対し、野党はあらゆる面から反対を表明している。ここで勘違いしてはいけないのは増税しないこと自体に直接反対しているわけではないということだ。アベノミクスだかアホノミクスだか何だか知らないが、我々庶民の生活は安倍政権の3年半で何一つ良くなっていない。当然、増税すれば庶民の生活は圧迫されるだけだ。
 ここで改めて考えておきたい事は、安倍が前の衆院選前に言った事。2017年は必ず増税を実施すると言った事だ。本来は2015年10月に10%に増税する予定だったのだが経済状況が芳しくないために、1年半の延期期間に増税に耐えられるだけの経済成長を実現するというのが、当時安倍の言った理論だったのである。
 しかし現実はどうか。なぜ増税ができないかと言えば、それは国民生活があらゆる面においてとても増税に耐えられるような状況にないからであろう。つまりアベノミクス、安倍政権の政策は失敗だったと認めたに等しい事になる。

 ところが安倍はそんな矛盾に対し、自身の失敗を認めることもなく『新しい判断』なるわけのわからない迷言をのたまうお粗末さ。こんな政権の一体何が信用できると言うのだろうか。安倍には増税を強行するといった選択肢もあったのだろうが、そんな事をすれば国民の怒りはますます高まるばかり。国民の負担もますます増えるばかりで、さすがに無理であろう。

 自身の政策の失敗を一切認めず、国民に寄り添ったようなふりをする。そんな偽善に国民は騙されないぞ!。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。