新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

年末に急転直下の慰安婦問題

 年の暮れの迫った12月28日、突如として岸田外務大臣が訪韓。そして慰安婦問題について韓国政府と解決の合意をしたそうである。詳細な内容は皆さんで検索して調べて見ればいいのでここでは割愛。
 さて政府同士では大筋で合意したとの事であるが、韓国の世論は大変混乱状態にあるそうだ。慰安婦問題の解決はかねてより韓国が求めてきた事ではあるが、なぜこれほどの騒動になっているのか、そしてなぜ直接の被害者であるハルモニは憤慨しているのであろう?。その理由は、ひとえに被害者を完全に飛び越えて進められた事にある。被害者たちは何を求めてきたのか。それは慰安婦問題における日本国の法的責任を認めなければならないという事に尽きる。今回の合意では、確かに日本政府から10億の支払いが行われるという。村山内閣で進められたアジア女性基金は民間から出資させた事が原因で韓国国民やハルモニ達の理解を得られず失敗に終わった。そうした意味において日本の予算から支払いが行われるという点においては前進と言えるのだろう。しかしそれは国家賠償ではないのだと言い、韓国政府が財団を設立するための出資を日本が行うのだそうだ。なぜ日本政府が被害者たちへの賠償を直接支払わないのだろうか?。ハルモニ達は金額の多寡を問題にしているのではないのだ。同じ10億でもその位置づけによってその意味合いは全く違うものとなるのである。なのになぜ日本は法的責任を認め国家賠償しないのか。右翼の歪んだ歴史認識はもううんざりだ!!。日本政府は全面的に国の責任を認めろ!!。

紅白の最新情報
http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_151229.pdf
https://web.archive.org/web/20151231071851/http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_151229.pdf

スポンサーサイト

PageTop

開いた口が塞がらない!、報道の役割をわかっていないNHK籾井。

 ファシスト安倍のマスコミ統制の一環としてNHKに送り込まれた籾井。就任当初からの問題発言オンパレードにはただただ呆れるばかりなのだが、民主党の会議に呼ばれた際の発言がさらに油に火を注いでいる。


 比較的時間の長いフジテレビのニュース映像を紹介したが、何と言うことだろうか!?。理事に辞表を書かせていた件はまぁ置いておこう。この男は何も分かっちゃいないと呆れたのは慰安婦をめぐる発言である。戦後70年という事で慰安婦を取り上げる番組を作るのかを問われたが、そこで何と「政府のスタンスが見えない」などと言う仰天発言であった。
 NHKは政府の広報機関なのか?、違うだろう。そもそもマスコミの役割とは何か、それは権力批判である筈だ。そんな事もわからない男が公共放送のトップにいるという恐ろしさ。戦前、政府の大本営発表だけが報じられるようになり、その結果日本は世界侵略へと向かっていった。正にこれこそ戦前の軍靴の足音に他ならない。

 民主党の階猛さん、今後も鋭い追及を期待します!。

PageTop

遅かった異例の紅白曲目&曲順発表も期待感なし

 先日の衆院選、民主党と共産党は議席を増やしたものの、自公の3分の2は変わらず。自民党はわずかに議席を減らしたが史上最低の低投票率によって公明党が議席を更に上積みしたため全く自公政権への打撃にはならず。だがしかし長期政権にもなると言われる安倍政権に対して、私たちの戦いは何ら止まる事なく続いていくのである。今後の戦いについてはまた別の投稿で。


 さて紅白、曲目発表が異例の遅さだと心配していたが、何と曲順も合わせての同時発表。

一覧(PDF)はこちら

 大トリが何と松田聖子で、白組のトリは嵐だというではないか。もはや紅白に何を期待しろというのか。大トリ最有力かと予想していた五木ひろしの歌唱曲はよこはま・たそがれ。作詞家の山口洋子が亡くなったためその追悼という事であろう。山口作詞の曲は他にも結構あるのだが、やはりこれが最も知られているという事だろうか。ただし大トリ向きの曲ではない。森進一は1968年に発売された年上の女。実は紅白では初めて。1968年は森進一の初出場の年だが、この年は花と蝶がヒットしており、当時歌われたのはそちらで、40年後の2008年にも歌われている。1年にヒット曲が2つ以上ある場合は必然的に歌われない曲が出てくるわけで、昔の唄ながら初めて歌われるという点では、おふくろさんや襟裳岬とは違った新鮮さは感じられるだろう。
 気になるのは坂本冬美と香西かおり。坂本の歌唱曲は2年続けて男の火祭り。ただ今年は新曲が発売されなかったので、ロングヒットを続けたこの曲が歌われるのも不思議はない。一方の香西は3年続けて酒のやど。確かに近年発売された曲の中では売上げは高い。しかし昨年・今年と新曲をコンスタントに発表し続けているのだから新しい曲でいいのではないかと思うのだが。川中美幸が2年連続二輪草を歌ってそのまま紅白から姿を消したままだ。香西も同じ道を辿るのではないかと心配になってきた。

 それから石川さゆり。2007年以降、天城越えと津軽海峡冬景色の繰り返しがひたすら続く。新曲を歌わせてやってほしい。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。