新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さあ紅白…

 2016年も今日で最期、12月31日と言えばもちろん紅白。色々と言いたい事はあるが、まずは前回の更新以降に決定した歌唱曲と曲順をご覧頂こう。PDFファイルの最終版のリンクを貼っておきます。

https://web.archive.org/web/20161231080456/http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_2016_04.pdf

 歌唱曲がなんだか微妙。2年ぶりの返り咲きとなった香西と福田。香西かおりは今年は新曲「秋恋歌」のヒットによる返り咲きと思うのだが、歌唱曲は1997年の曲。しかも真田丸スペシャルVer.と付けられているものの、真田丸とこの曲の繋がりが不明だ。ただ曲自体は紅白では初めて歌われる曲。一方福田こうへいは落選前の2014年と同じく東京五輪音頭。今年のヒット曲もあったはずだが…。同じ若手である山内恵介や三山ひろしは今年のヒット曲、なんだか扱いの差が気になってしまう。ちなみに昨年は伍代夏子(本年は落選)の歌唱曲が東京五輪音頭だった。天童よしみと氷川きよしはそこまで昔の曲ではないもののどういうわけか2000年代前半の代表曲で、それぞれ紅白では2回目となる。氷川は「みれん心」が1年かけて例年以上に長く大きなヒットになっているのだが…。水森かおりは安定して新曲を披露。演歌以外ではTOKIOが近年少し前の歌を2回目3回目で歌う例が目立ち始めてきたようだ。石川さゆりはパターン通りで「天城越え」。本当にたまには違う曲を歌わせたらどうか。ただ今回は赤組のトリという事もあって、例年以上に力の入ったものになればと思う。

 さて問題は大トリ。なぜ嵐なのか。紅白の大トリらしさが全く感じられない出番になる事が高いと私は危惧するのである。最近はSMAPの大トリが目立ったが、大トリらしい演出がないのである。イントロに被せるような司会者の渾身の曲紹介、そして歌い終わった後の重厚なオーケストラによる独特のエンディング…それこそが紅白に求められるものである。それを最も体現した大トリには、1996年の風雪ながれ旅が挙げられるだろう。また大トリについて考える上で参考になるのが2002年。五木ひろしの「おふくろの子守歌」である。この曲はCD音源から考えるとそれほど重厚なものではなく、大トリの重責に耐えられるかという感想を持つ者もいるだろう。しかしイントロから演出を凝らし、違和感なく大トリにふさわしいアレンジとなった曲に感嘆を飲むのである。
 もし普通通りに嵐が大トリで歌うだけなら、それはもはや大トリではない。ただ単に順番が最後だけという以外の意味を持たなくなる。それでいいのだろうか。

スポンサーサイト

PageTop

瀬戸際の紅白歌合戦

 先月末、今年の紅白歌合戦の出場者が発表。

出場者発表時点での一覧はこちら→https://web.archive.org/web/20161124052745/http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_2016_01.pdf

 コレを見て思ったのは、紅白らしさって何だろうかって事。最大の注目だったSMAPはやはり出場できるような状態ではなかったらしい。でその穴埋め(?)なのか何とKINKIKIDSまで登場というのはガッカリ。別に出てきてもいいのだが、ジャニーズは一体何枠まで増えるつもりか。2009年には2枠制限が崩れ嵐が登場。そのあたりはまだいいとして、間ジャニが出てきたかと思いきやV6まで出てくる。NHKの番組で目立った活躍があったとか、たまたま何周年かで登場ならいいが、その後も連続で登場し続けている。せめてジャニーズは毎年入れ替わりで色々なグループが登場するぐらいに留めてもらいたい。さらに言えば桐谷健太もジャニーズだと言う説も。ジャニーズ以外の若手ではEXILEが以外にも不出場、そして徳永英明と美輪明宏が地味に不出場に。

 しかし最大の驚きはなんと言っても細川たかしの紅白卒業宣言と和田アキ子の落選。和田は80年代にも不出場の時期があったが、また返り咲きなどはあるだろうか・・・。落選者を見ると、藤あや子と伍代夏子が落選。伍代は2002年の演歌枠減少で一旦紅白から去るものの、2006年に復活し10年間連続出場を続けた。一方で香西かおりが復帰。近年は藤あや子と合わせて出場・不出場を繰り返しているポジションなので、別に卒業したわけではなさそう。
 若手メンバーで見ると、昨年出てきた島津亜矢、三山ひろしや山内恵介などは連続出場が実現、昨年不出場の福田こうへいも事務所騒動が解決し再登場。そして新たに市川由紀乃が初登場。デビューは1993年なので若手というほどの経歴ではないが、紅白にとっては新しい顔ぶれである。そう言えば瀬川瑛子や冠二郎もデビューからかなり年月がたっての紅白初登場であった。

PageTop

紅白の歌唱曲・そして曲順(2015年)

 紅白の出演者に続いて、歌唱曲と曲順が発表に。
http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_1512241400.pdf

(期間限定サイトなので消えていたらこちら(曲発表))
https://web.archive.org/web/20151221090505/http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_1512211000.pdf

(曲順決定後)
https://web.archive.org/web/20151224082840/http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_1512241400.pdf

 今年は比較的昔の歌が目立つ。五木ひろしは千曲川だ。1997年以来3回目。今年は夕陽燦燦がヒットしており大トリにも合いそうな曲だったのだが。これまでも比較的新しい曲を歌い続けてきたが、どういうコンセプトで千曲川になったのかは謎。
 石川さゆりは津軽海峡冬景色。何と9回目の歌唱。昨年歌った天城越えも同じく9回歌われており、共に紅白最高記録だそうだ。2007年以来この2曲で交互に出場しているが、たまには他の曲でもいいのではないだろうか。ここ何年かでもそれなりに曲がヒットしているはずだが。それでも出場を続けられるのは名誉なことなのだが、どうも演歌系の扱いがここ数年ぞんざいな気がしてならない。
 藤あや子は2003年以来12年ぶりの曼珠沙華。そんなに昔の曲ではない。
 細川たかしは初登場で歌われた心のこり。デビュー40年という事でこの曲になったのだろうか。歌われるのも1975年以来2回目で40年ぶり。最近は浪花節だよ人生はばかりが繰り返されている印象だったが、昔の歌も多い中で40年ぶりというのは逆に新鮮な印象。
 伍代夏子は東京五輪音頭。昨年は福田こうへいが同じ曲を歌ったはず。まさか2020年まで誰かに歌わせ続けるのか?。それはそれで斬新かもしれないが、なぜ伍代夏子なのかという疑問がないわけではない。
 坂本冬美と和田アキ子は昔の歌。祝い酒は初登場の1988年と2006年に続き3回目。和田の笑って許して。これは初登場の1970年以来45年ぶりというから意外だが、2010年のメドレーでも途中で登場している。
 美輪明宏は今回の出場で史上初80代での出場となる。また史上最高齢での出場も更新中(2位は藤山一郎)。歌唱曲は初出場でも歌った(といっても最近の2012年だが)ヨイトマケの歌。こうしてみると、今年の紅白は初出場の歌唱曲での登場が目立つ。紅白歌合戦としての節目というわけではないし歌手の出場回数や芸暦もバラバラなのだが、こうした結果になったのは偶然だろうか?。

 4年連続で同じ曲での登場がゴールデンボンバー。過去には美川憲一が2006年~2009年4年連続でさそり座の女を歌った後落選。最近では中村美律子や川中美幸・香西かおりが同じ歌を2回3回連続で歌った後落選。同じ曲が続くと落選するというのが最近の傾向のようだ。

 そして森進一がなんと今回で紅白卒業ということらしい。歌手生活50周年という事で区切りとするらしいが果たして本人の意向だろうか?。紅白出場は48回連続だが、せっかくなら50回目指してほしかった。これに関してはどうも不穏な予感がする。この先紅白を支えるベテランが○○何十周年という理由を区切りとして紅白を追いやられるのではないかという事だ。

 大トリは松田聖子だという。最近の大トリは大トリらしさがない。普段のCDの演奏と同じでは見ている方も盛り上がらないだろう。そういう意味では1996年の大トリ。これこそ正に大トリの完成形といえるものだった。それは北島三郎の風雪ながれ旅。CDとは違う重厚な演奏は言うまでもないが、伝説の名司会者古舘伊知郎の曲紹介、そして司会と伴奏のタイミングの間合いなど本当に凄かった。あのような紅白らしさにこの先お目にかかれるだろうか。


このブログの12月15日の閲覧者が73名、16日の閲覧者が58名。これは最高記録。

PageTop

何と言えばいいのか全く分からない紅白

 http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_1511262030.pdf
↑今年2015年の紅白の出場者が上のPDFから確認できる。さて今年は司会者と出場者の同日発表という異例の展開となった。で出演者の方はというと…。
 何ともコメントのしようがない。初出場も聞いたことも無いような大原櫻子、ゲスの極み乙女、星野源、Us…何者だろうか?。乃木坂48は名前ぐらいは知ってはいるがほかのSKE48などとどう違うのか、少なくとも全く区別がつかない。一方AKBは傘下のグループが幾つか落選、まあ妥当なところ。BUMP OF CHICKENも初登場だというが、すでに過去の人になったような印象。
 驚いたのはジャニーズの近藤雅彦の登場。一体ジャニーズだけで何組いるのか?。V6は去年だけかと思いきや今年も登場。メンバーが司会に選ばれておりその流れでの出場だろうが、司会だけというわけにはいかないのだろうか?。もしくは他のグループに退場してもらうとか。あまりにジャニーズが多く、その煽りで落選した者もいるのだろう。もう少し公平性が求められるところだ。

 一方演歌では香西かおりが落選。去年までは3年連続同じ歌、近年の紅白は同じ歌を連続で歌うと落選するというジンクスでもあるのか!?。ただ2000年代では落選後何年かしてまた再登場を繰り返しているのでまたの再登場もあるのだろう。その一方で島津亜矢が2001年以来の再登場、14年ぶり2回目。将来的には赤組の大トリ候補として育てていくのであれば楽しみである。
 白組では若手の福田こうへいが落選。事務所移籍騒動が影響したという説が濃厚。その一方で山内惠介と三山ひろしが初登場。三山は去年も出場なるかといわれていたが選ばれず今年遂に初登場。山内も最近まで知らなかったが、こちらは2001年デビューで氷川きよしと芸暦はそれほど変わらないらしい。下積みが長かったという事になるがこの先連続出場の地位を勝ち取っていけるか。若手といえば頭一つ抜き出ているのは北山たけしじゃないかと思うのだが、紅白返り咲きはいつ頃になるのだろう?。

PageTop

第65回NHK紅白歌合戦、紅白は死んだとまで思う

 タイトルにあるのは伝説のジャーナリスト筑紫哲也さんがオウム真理教事件に際しての発言『TBSは死んだとまで思う』のオマージュである。まずは今年の出場者を見てほしい。



 まずわかる事は、北島三郎の後任がいないという事。私はこれで最低でも演歌枠は2人は増え離、ひょっとすると3人増加もありうるかと期待していたのだが、期待は見事に裏切られる結果となった。昨年のメンバーから北島が消えただけなのだ。以前も述べたが正に2000年代中盤以降演歌復権の時代である。CDが売れなくなったと言うが、演歌全体の売り上げは総じて大きな減少はみられない。そこで紅白がこれではいけない。紅白のこの動きは演歌衰退を助長しているとも言える。例えば数年前から不出場となっている鳥羽一郎・前川清などここ3年ほどの曲は「あの歌は何年の曲だったかな」「どっちの曲が先だったかな」という事が私も正しく覚えられない。これはやはり紅白に出られなくなった事から出ている弊害と言えよう!。紅白が音楽業界の再興の壁になってはいけない。

 そしてV6が初登場だが、これで何とジャニーズは6組に。昨年はNYCというチビッコが消えてジャニーズが1枠減ったかと思っていたが、昨年初出場だったSexyZoneというグループがジャニーズだったらしく枠の数に変動はなかった。そもそもどちらも紅白以外では見た事がない、というか名前すら知らない。年々ジャニーズが増えていくが、事務所枠制限はどうなってしまったのだろうか?。紅白と言えば日本一権威のある番組なのだ。平均視聴率81%という前人未到の記録がそれを裏付けている。瞬間視聴率ではなく平均視聴率がこの数字なのである。
 ジャニーズだけ特別扱いでは他の出場者たちに示しがつかないのではないか?。事務所枠制限によって紅白を去った山本譲二にはどう説明するのだろうか?。北山たけしの出場によって出場枠を譲る形で退場している。その後北島事務所から独立したため事務所枠制限から外れるわけであるがそれでも再出場はなかった。もっとも北山も数年で落選し北島も勇退し、北島枠は完全に0となっている。

 赤組はAKB関係が大量出演。AKBに加えて昨年もいたMMB、SKE、Eガールズの他にHKTなるグループまで登場。桃色クローバーもAKBと同じといえば同じ系統の人たちである。同じような人ばかり出さずに、それこそ中村美律子や川中美幸などの再登場あたり期待したいのだが…。ただ赤組の方が出場枠が3つ多くなっており、個人的な予想としてはAKBにぶら下がっているこれらのグループが1枠にまとめての登場になるのかもしれない。
 コブクロや浜崎あゆみも不出場。浜崎は新曲が出ていたのかは知らないがそろそろ過去の人というイメージになりつつある。コブクロはNHKのオリンピック主題歌を歌っており今年も出て来るだろうと言われていたため辞退の可能性もある。それとも中島みゆき等NHK番組関係の出場者が他にもいるのでそちらに譲る形での不出場なのか、いずれにしても2・3年もすればまたどこかで再登場はありそうだ。

 これだけ注目を集める紅白歌合戦だけに視聴者からも様々な意見が寄せられるそうだが、その中でも多いのが「知っている歌手が少ない」というものであるらしい。そうした声が少しでも少なくなるような人選を心掛けてもらいたいものだ。

PageTop

紅白歌合戦!、曲目及び曲順発表!!

 今年はホームページから画像がダウンロードできない形式で作られているので各自で確認してほしい。NHK公式サイトからはダウンロード用にPDFもアップロードされている。
 まず曲について、個人的には今年は曲予想がかなり難しかった。五木ひろし・氷川きよし・水森かおりらは例年通り新曲となっているが、最大の予想外は香西かおりの2年連続「酒のやど」。確かにヒットしてはいるが、今年も「夕化粧」・「酒の河」と2曲新曲が出ているのでそのどちらかか、90年代のヒット曲かと思っていたが…。2年連続同じ歌の場合、翌年に落選するというジンクスが近年の紅白では目に付くようになってきたのが気になるところ。2年連続と言えば細川たかしもそうである。2011年には新曲を歌っているが、昨年及び今年の曲も売上で言えば特に落ちたと言えるほどでもないので新曲を歌ってもらいたかったところだ。
 予想の難しさという点では森進一が該当する。2000年代中盤までは過去曲と新曲をバランスよく織り交ぜてきたが、ここ何年かは過去の曲が目立つ。襟裳岬は2010年にも歌唱しているのでこれは想定外であった。間隔で言えばおふくろさんあたりがそろそろ出てくるのではないかとも思ってはいたが。森の場合は突出した大ヒットと言える曲は2011年の歌唱曲である港町ブルースがミリオン突破している以外は多くの曲が安定した売上を残しており候補を絞るのが難しいのである。例えば73年と98年に歌唱した「冬の旅」も襟裳岬とそう変わらない枚数を売り上げているし、過去のヒット曲で言えば「銀座の女」・「望郷」などかなり多い。紅白で1度しか歌われていない、もしくはまだ歌われていない曲に来年は期待したい。もう一人予想の難しさという点では石川さゆりもそうだろう。2007年以降、「津軽海峡冬景色」・「天城越え」のくり返し。確かに最も代表的な曲ではあるが他にもヒット曲は多いのでそろそろそちらも聴きたいところではないだろうか?。
 藤あや子と伍代夏子は一度歌われた事のある2000年代の曲。藤は今回の歌唱曲「紅い糸」を前回歌唱後に落選したが、果たして来年は残れるだろうか。

 意外な人物を挙げるなら和田アキ子。久しぶりに新曲を単独での登場。オリコンでも61位にランクインするなどヒットした。
 しかし一番の期待は北島三郎、今回で紅白引退を決めたが「まつり」で念願の大トリに。来年以降鳥羽一郎や山川豊、瀬川瑛子、山本譲二などの次世代の歌手が紅白に登場してもらいたいものだ。これでもなお演歌が増えないのであれば、もはや紅白は死んだも同然である。なお若手の歌は知っている曲が皆無につきノーコメントだ。

PageTop

紅白歌合戦出場歌手決定、言う事は毎年同じで「知らない人ばかり」

2013紅組
2013白組

 例年より遅めの発表だったが、今年の紅白出場者が発表された。それを見て一言、毎年同じぼやきだが知らない人が多すぎる上に同じような人が何人も出ている。AKBは同列のグループでMNBやSKAさらには桃色クローバーまで揃って別枠での出場。白組のナントカブラザーズもEXILEから出てきたグループだと言う。同じような作曲家が同じような歌を作ってそれを同じような人が歌う。それならば鳥羽一郎や山本譲二・前川清・北山たけし・橋幸夫などを再登場させてもらいたいものである。特に鳥羽一郎あたりは次世代の大トリ候補として番組で育てていく必要がある人材だ。また北山も10年先の紅白の中心的役割を担える位置にいるはずなのだが…。
 赤組では目立った再登場組みは無し。川中美幸、中村美律子らは相変わらず落選したまま。小林幸子の復帰もなし。昨年話題となった美輪明宏は連続出場を続けるのはいいが、特にサプライズ出場も無く去年のパターンをそのまま維持し話題性というものが何も感じられない人選と言えるのではないか?。下馬評では今年の曲がヒットした新沼謙治が一昨年の千昌夫のように再登場するのではないかとも言われていたが…。
 

PageTop

あまり期待できない紅白歌合戦クル!

 本日はいよいよ紅白放送日。前の記事で予想した歌唱曲は北島・石川・森・細川などは予想を外れたものの、五木、由紀、香西・水森らは予想通りの曲目となった。
setlist.gif
 それにしても大トリを見て思わず椅子から落ちそうになった。赤組がいきものがかり、白組がSMAPだという。そこは違うだろう。北島三郎の風雪ながれ旅で派手に締めるのが紅白歌合戦たるものではないだろうか。赤組のいきものがかりなどNHKの朝ドラ主題歌の一発屋でしかない。それがトリになるとは紅白の権威をNHK自ら下げているとしか思えない。SMAPについても一言言いたいのは、大トリなら普通に歌うのではなく、重厚な伴奏にするべきだということだ。エンディングに関しては特に重厚さが必要となる。それは北島三郎の大トリを見てもらえれば明らかだ。あの雰囲気こそが紅白らしさなのだ。

PageTop

NHK紅白歌合戦の歌唱曲予想クル!

 今年の紅白歌合戦、そろそろ歌唱曲が決定される時期だ。今年は総選挙関係で例年のように紅白を言及する時間が取れなかったが、選挙も一区切りしたためそろそろ歌唱曲予想を。なお今回の紅白のテーマは『歌で会いたい』だそうである。とはいうものの例年テーマとは関係なさそうな曲目やこじつけも多いため予想は難しい。

北島三郎:まつり
 順番で言えばそろそろ大トリ返り咲きの時期。となると2009年以来のこの曲が最有力。
石川さゆり:夫婦善哉
 2007年以来、天城越えと津軽海峡冬景色の繰り返し。そろそろ別の歌が聞きたい。
五木ひろし:夜明けのブルース
 普段の新曲中心のスタイルに戻りそう。1月に冬の唄をリリースしているためそちらの可能性もあるが、1年間の話題性を考慮すればこちらだろうか。
香西かおり:酒のやど
 近年の中では今年発売のこの曲は良く売れた方だ。代表曲無言坂もあり得るが過去5回歌唱している。5年ぶりの返り咲きとなると今年の実績が評価された可能性から新曲と予想。
水森かおり:ひとり長良川
 常に安定した売上を誇る。毎年新曲での登場なので、この曲以外はあり得ない。
森進一:おふくろさん
 新曲女坂があるが、ここ何年かは昔の曲というパターンで新曲歌唱は少なくなった。歌で会いたいというテーマから考えるとおふくろさんの可能性も大きい。
氷川きよし:櫻
 今年のヒット曲。新曲はもう1曲発売したが話題性という点ではこちらに軍配が上がるだろう。
細川たかし:津軽へ
 昨年は新曲ねぶたを歌唱。その流れで今年も新曲。
由紀さおり:夜明けのスキャット
 最大のヒット曲であるこの曲。もしかすると加山雄三が何曲か歌ったように、夜明けのスキャットを含む2~3曲になる可能性も充分にある。
美輪明宏:ヨイトマケの歌
 本人の代表曲は意外に少なく、この曲が選ばれる可能性が高い。あえて違う候補を挙げるなら本人もCDで出した事のある愛の賛歌などだろうか。
坂本冬美:火の国の女

PageTop

紅白歌合戦、最大のサプライズは小林幸子・川中美幸の不出場クル!

 昨日今年の第63回NHK紅白歌合戦の出場者が発表された。一言感想を述べるとするならば、近年毎年言い続けている事だが、ますます紅白を真剣に見なくなるだろうなと言うことだけだ。
artists_white.gif
artists_red.gif

 ジャニーズが何と5組も登場。事務所枠制限はどうなったのか?。別のグループを出したいのなら他のグループを落とせ。そもそもNYCというグループは何回か紅白に出ているのだが、これも昨年の繰り返しになるかもしれないが紅白以外で全く一度も見た事が無い。同じ例で言えばAKB48もそうだ。SKE48に加え桃色クローバーというグループもAKBとは別枠での登場。この人達も名前は聞いた事はあるが何か曲がヒットしたかと言うとやはり知らない。昨年から残っている西野カナ・AAAもやはり紅白以外で全く見た事が無いのだが…。

 一方で最大のサプライズは小林幸子の不出場。今年最も業界で話題になったアーティストの一人だ。むしを話題性の高まりから出場しないわけがないと思っていたが、この不出場はあまりにも不意を突かれたものだ。また美川憲一もここ10年程をみても最も話題に取り上げられた1年だったと言えると思うのだが、再登場はならず。一方浜崎あゆみもスキャンダルの話が最近大きく取り上げられているが、いつも通り出場。マスコミが取り上げたのが本当につい最近という事も影響しただろうか。これがあと2ヶ月早ければ売上の低下も考慮すると落選の可能性は充分にありえた。選考基準の不思議さは年々奇怪になっている事だけは確かだ。

 もう一つ予想外だったのは川中美幸の不出場。昨年の歌唱曲決定ついて言及した記事で二年連続同じ歌が選ばれ消えていくパターンを懸念したが、川中も同じパターンとなってしまった。知名度や存在感という点では実績充分なだけに何とも惜しい。しかし過去にも何年か不出場を繰り返した事も数回あり、また3年程で戻ってきてくれる望みも充分にある。西城秀樹も脳梗塞からの復帰をアピールする意味で再登場かとも言われた有力候補であったが、不出場。郷ひろみが最近出てきているが、話題性という意味では西城も負けてはいないはずである。昨年は千昌夫が20年ぶりの再登場を果たしたが、今年は由紀さおりが11年ぶりの再登場となり、香西かおりも5年ぶりの再登場。昨年復活した藤あや子も連続出場。こうした久しぶりの返り咲きで期待が高まるのはせめてもの救いといった所だろうか。それにしても演歌がこれだけオリコンにも上位にランクインするようになった時代に、紅白出場者が減り続けていくのは甚だ時代にそぐわないし、考え直してもらいたいものだ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。