新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

水戸黄門が42年の歴史に幕!

 菅内閣と原発問題は依然として進展なし。
 政治の方では大きな動きはしばらく起きていないが、日本のテレビ業界を震撼させるニュースが飛び込んできた。1969年より放送を続けてきた水戸黄門が今作第43部を以って終了というのだ。水戸黄門だけはこの先も延々と続いてくと思っていただけに非常に残念でならない。今見ている新作のドラマはハッキリ言って水戸黄門ぐらいしかなかっただけに本当に残念な思いだ。確かに視聴率が歴代と比較して低下しつつあるのは事実。10%を切る事もあったという。しかしTBSの番組の中ではかなり安定した数字を保ち続けてはいたのだ。なぜここに来て終了という事になったのだろう。
 一つには制作費の問題が挙げられている。最近の安っぽいドラマと比べて衣装・小道具やらセットに費用がかかるという。現代劇なら何処にでもあるありふれた風景をそのまま使えるが、時代劇では江戸の風景や城内を再現するためのセットも必要になる。それに髷や馬などの小道具類も以外に値の張る上、準備にもそれなりに時間を要する。制作費削減のあおりを受けての終了というのが本音ではないだろうか。これによって地上波から完全に時代劇が消える事は、いずれにしろ日本のドラマ史の余りにも大きな転換点となる事は間違いない。
 水戸黄門は初代東野英治郎に始まり、お銀・飛猿など御馴染のメンバーが登場した西村晃、安定期の佐野浅夫、異色ともいえる石坂浩二、従来のイメージに戻りつつも新しい要素を取り入れ集大成ともいえる里見浩太朗と5つに分類できるが、どれもそれぞれに見応えのある作品ばかりで、それぞれの光圀に違った味わいがあった。ここが他のドラマと違う部分で、例えば暴れん坊将軍は松平健以外には考えられない。別のキャストによる吉宗もありえなくはないが、暴れん坊将軍の徳川吉宗として受け入れられるかというと否めない部分がある。しかし水戸黄門の場合は主演が変わっても、水戸黄門の水戸光圀として視聴者は受け入れることが出来る、それがここまで長続きできた理由の一つであると同時に、半永久的に続いていくものだという期待も生み出していた。

 今後はどうなるのだろう。レギュラー放送が終了しても単発スペシャルとして続いた作品も少なくはない。一例を挙げると暴れん坊将軍がそうだろう。はぐれ刑事も年末スペシャルとして恒例となった。もっともこちらは藤田まことが亡くなってしまったので完全終了となったが。逆にスペシャルで成功したのが必殺シリーズで、1987年のレギュラー放送終了後、4年近くスペシャルを単発的に行ってきたがそれが功を奏し1991年に必殺仕事人激突!として再度通常放送が復活した。果たして水戸黄門は今後どのような道を辿るのであろうか。個人的には6代目光圀が登場し、スペシャル→放送復活というパターンが理想だが。



おまけ
バイクで走り去る光圀
イッポウ 「知られざる水戸黄門(第43部)の裏側」[(009130)16-24-53]

スポンサーサイト

PageTop

プロと素人の違いを明確に

 またまた多忙に付き一ヶ月ぶりの更新となりました。その間に巨人が7年ぶりの日本シリーズ制覇という喜ばしい出来事もあったわけだが、日本のスポーツとは一体どんな扱いになっているのか極めて不可解な点も多い。それは日本テレビのバレーボールである。きっと奥歯に物が挟まったような思いを持った人は少なくないはずだ。
 最近のプロ野球中継は、さすがにオールスターや日本シリーズは別だが、試合終了まで放送される事は少ない。以前は9時40分ぐらいまでは延長されていたのだが、ここ数年は長くても9時30分終了、局によっては9時15分程度で終了する場合や、さらに延長そのものが設定されてない事も珍しくなくなった。それどころか放送されるだけマシという事態にさえ陥っている。実際地方局では巨人優勝の瞬間がデーゲームで放送されなかった県も多い。実は2~3年前からこの現象は起きており、その事に対して王貞治が苦言を呈していた。しかし今年の巨人日本一を機に野球中継の復権を祈る。
 さてバレーボールに話を戻したい。バレーボールの最大の問題点は、彼ら選手はプロではないという事だ。何かそういった機構が存在しているわけでもないし、球団のような物が存在しているわけでもない。野球の場合には日本野球機構なるものが存在しており、ドラフト制度などでプロとアマチュアに厳格な線引きがなされているのだ。つまりバレー選手は草野球をする近所の人と肩書的には何も変わらないのである。しかしテレビ中継は何と最大10時24分まで延長とある。プロの試合は放送も中途半端だが、素人の試合は一時間半にも渡って延長する。やはり何かおかしくはないか?。

PageTop

24時間テレビにローカル枠は必要か。

 衆議院解散が決定!、投票日は8月30日。ここで一つ問題が、この日は24時間テレビが放送されています。日本テレビは頭を抱えている事だろう。24時間テレビは日テレの総力を挙げた伝統ある看板番組、一方今回の選挙はかつてない注目を集める日本の歴史を変える憲政史上初の政権交代選挙であり、各社が総力挙げて報道する中で日テレが中継しないわけにはいかない。一説では選挙速報は報道部制作、24時間テレビは制作部主体で進めるためそれほど混乱はないとも言われているが、実際に頭を抱えているのはローカル局の方々。弱小軍団のローカル局では報道やバラエティなどの部門にそれ程分かれていない。ローカル局の報道と言っても、普段は夕方やお昼のニュース数十分を埋める程度。しかし総選挙では各地の情勢はローカル局が情報提供しなければならない。キー局日テレが全国にスタッフを送込むほどの余力はないだろう。是非これを機に24時間テレビのローカル枠を見直すべきである。日本武道館での企画や本来のプロジェクトが進行している中、わざわざローカル局で何かやる意味が本当にあるのか。よくあるのがローカル枠での独自放送の間に本来の内容が進展していて、ローカル枠終了後戻ってみると話が進んでいて何がおきていたのか判らなくなっているという事。どうも番組全体の統制がとれていないという印象を受ける。
 次回以降民主党の素晴らしい政策を一つ一つ書いていきます。報道ではなるべく公平な発言が求められるようですが、ここでは徹底して自民党批判と民主党賛美を続けます。

PageTop

都議選・衆院選同時選挙なら、組織票分散に期待か。

本日からブログを開始します。
先日必殺仕事人(全84話)再放送が終了しました。前半と後半で雰囲気がここまで違う番組もあまり無いのではないでしょうか。個人的には元締鹿蔵・おとわが登場する前半の方がストーリー的に緊張感があり楽しめるのではないかと思います。26話以降からは元締六蔵が登場しますが、目立った活躍はないまま途中で途中で登場しなくなった(役者の木村功が放送期間中に死去)ため中途半端な存在で終わったのが頂けない。設定上では木更津に残っている事になってはいますが、あれならいなくても問題ないのではと考えてしまう。しかし加代・おしま登場、左門の職業と技の変更で番組の雰囲気を変えた事は良かったと思う。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。