新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コラム正論市民一代。第4回、慰安婦問題、日韓基本条約と税金での補償の巻

 慰安婦問題において右翼は馬鹿の一つ覚えのように日韓基本条約をお題目のように唱え続けている。しかし賠償・補償とはその時点で確定されうる損失に対して行われるというのが基本である。時系列を追って考えてみるべきだ。
 日韓基本条約は1965年の出来事なのに対し、慰安婦問題が発覚したのは何時なのか?。日韓協定の原文を見ても慰安婦の件など全く言及されていない。当然だろう。吉田清治さんが最初の著書を出版したのが1977年、そして慰安婦問題を暴露した「私の戦争犯罪」が出版されたのは1983年なのだ。この時点ではまだ日本側の声しか揃っていない。韓国でこの本の翻訳版が登場したのは1989年、そしてそれを受け最初の証言者である金学順さんが証言したのは1991年のこと。つまり慰安婦問題の残虐な真実は1991年に明白になったのである。存在すら全く知られていなかった20数年前にどうして解決など出来ると言うのだろうか?。慰安婦の一件で日韓協定を口にすることは完全に詐欺師の手口に他ならない。いや詐欺と言うものはもっと巧妙な手口で行われるものであり、時系列を順番に考えれば小学生でもおかしいと気付くようなものだ。それでも解決済みという輩はもはや「馬鹿の見本」という他はない。

 さて日本が責任を認めるという事は、即税金によって保証されなければならないと岡崎トミ子氏はインタビューで答えた。民間の資金が入る事はあってはならない、責任逃れだとも断罪しておられる。もう一人の専門家である田嶋陽子氏も戦争をしたのは国家であって民間ではないのだから税金で補償をといった趣旨の発言をしている。当たり前だ。国家の責任が問われているのになぜ民間から資金を集めるのか?。全くもって意味不明である。現に韓国や台湾では基金の受け取りを拒否する動きもある。そのような責任逃れの金を受け取って、それで幕引きにされる可能性を危惧しているのだろう。
 今まで見たこのやり口は北朝鮮の拉致問題の態度に酷似している。彼らは生存者は全員帰国させて残りは全て自動車事故で死亡したとの主張で解決したというが、それに納得する者はいないだろう。慰安婦問題における真っ当な人々の気持ちも同じである。私には高齢となった今も戦い続けるハルモニの姿が横田夫妻に重なってならない。右翼の腹の内はどうなっているのだろうか?。高齢のハルモニが全員死亡するのを待っているのだろうか?。だとすれば全世界から日本人は人間扱いされなくなるだろう。



 最近、野田内閣時代に慰安婦問題の政治決着が韓国と議論されていた事が明らかになったが解散&下野によって流れてしまったというニュースが出た。これがうまくいけば日本の信用回復への大きな一歩に繋がっただけに非常に残念である。安倍内閣は慰安婦問題に誠意ある対応を見せなければ、ますます近隣諸国から相手にされなくなるだろう。真剣に取り組んでもらいたい。

スポンサーサイト

PageTop

コラム正論市民一代。第3回、慰安婦問題、歪んだレッテルから脱却せよの巻

 例えばJR福知山線の事故を思い出してほしい。運転手は死亡したが、JRにも当然聴取しているし、沿線の目撃者、また後部車両にいて軽症で済んだ乗客にも当然聴取している。様々な立場から声を聞き、それを分析していく事が事件の解決には不可欠である。しかしそうした声を聞こうとするだけで反日だの売国だのと罵られる信じられない案件が存在する。日本軍の慰安婦問題である。
 確かに当事者らが声を挙げ始めたのが、戦後約40年が経とうとする頃であった。しかし慰安婦問題に時効は存在しない。むしろ数十年を経るまで声を挙げることが出来なかった社会体制なども我々は慮る必要があるだろう。加害者の側である吉田清治さんが1983年に初めて声を挙げた。終戦からの約40年間どれほどの苦悩や葛藤を背負い続けてきたか、右翼はなぜそこに想いを馳せないのだろうか?。彼のそうした心中を察すると私は涙が溢れて止まらない。だが右翼はあろうことか吉田さんの発言を捏造とまで言い出す始末である。吉田さんの話は真実である。慰安婦問題の専門家である田嶋陽子さんは出演した番組で何度もそう述べているのだ。彼女の話と吉田さんの話との間には確かな関連性が見出せるというものである。それだけではない。同じく元日本兵である金子安次さん・松本正義さんは、日本軍が強姦やあらゆる悪事を行ってきた事、人狩りの部隊が存在した事を証言しているのである。吉田さんの話が捏造だと言うのなら、このような同様の話が出てくる事をどう説明するのだろう?。

 そして被害者であるアジアの人々の声に耳を傾ける事から逃げてはならない。我らが岡崎トミ子さんは日本の国会議員として初めて水曜集会に参加した。しかしそうした一歩踏み出したトミ子さんに対し右翼どもは反日のレッテル貼り一辺倒である。国会答弁で水曜集会は反日集会ではないと定義付けがされているのだ。何時になったら歪んだレッテルから脱却できるのだろう?。被害者は80代~90代、もはや時間は残されていないのである。


PageTop

コラム正論市民一代。第2回、横の歴史比較から読み解く韓国反日感情の謎の巻

 日本という国は戦後処理問題などアジア諸国との軋轢を抱えているが、なぜ韓国だけ反日要素が目立つのか。その最大の鍵は日本による侵略以前の歴史の違いにこそあるのだと思うのである。フィリピンやインドネシアなど、いわゆる大航海時代以来ずっと欧米の植民地であった。一方韓国は建国以来一度も他国の植民地支配や侵略を受けた経験がない。
 またそうした歴史の違いが文明の進歩にも比例している。東南アジアの人々にはまだ帰属意識や民族意識などは皆無であったろう。東南アジアを侵略した日本軍は、文字も全く知らないような彼らの生活や街を見て、まるで数百年前の農民がタイムスリップしてきたのかと驚愕したに違いない。しかし韓国はどうか。高句麗や新羅の登場は正に日本が統一国家として整ってきた古墳時代であり、明治維新のような直近の近代化だけは遅れたもののお互いにほぼ同じスピード・水準で文明発展の道を歩み、歴史を紡いできた。それだけに韓国人の自尊心やアイデンティティは日本にも勝るとも劣らないものだったと言える。植民地支配を受けたアジア諸国で韓国だけが突出して進歩を遂げた文明国家であった。そう考えると全ての謎が解けるというものである!。


PageTop

新コーナー、ニュース正論市民一代。第1回、憲法自民草案1条の巻。

 評論家勝谷誠彦がSPAで連載しているコラムの形態を参考にして進めて行きます。


 私が自民党の憲法改悪草案を見て、その冒頭部分である第1条を目にした途端、私は椅子ごと後ろに転げ落ちそうになった。自民党草案では何と『天皇は、日本国の元首であり』という信じられない文言ではじまるのである。
 あなた達は民主主義・それだけではなく国民主権というものを何だと考えているのか?。世界の民主主義国家を見るがいい。アメリカでもフランスでも韓国でも元首に当たる大統領が正に国民の投票で選ばれているのである。旧来の封建制度や絶対王政から脱却し民意で元首を選ぶ、それが民主主義の根本なのではないか。皇位継承は全く民意を介在しておらず更に世襲でもある。選挙の行われていない中国でも国家主席は党の役職であり少なくとも世襲からは脱却できている。世襲の元首となると私にはこの顔しか思い浮かばない。まさかあのような国と日本とを同列に考えているのだろうか?。

 そもそも天皇の役割からみてもこの論はおかしい。世界にはフランスやイギリスのように大統領と首相が並立する国も少なくないが、組織形態としては元首である大統領の下に首相がいるという点では共通している。しかし日本の天皇は首相の上位にいるわけではない。むしろ天皇の行為は内閣の承認が必要とされているのだ。確かに天皇と首相とは独立しており直接の上下関係はないが、内閣の組織図を見れば一目瞭然、内閣府の下にちゃんと皇室と書かれているではないか。首相の指揮下に元首がいる、元首の行為に内閣の承認を必要とする国が他のどこにあると言うのか。こうした点1つを見ても天皇が元首と言うのはありえない事だとわかるし、それを強行すれば正に国民主権の否定に他ならない。
 天皇の公務の条項を見る限りは実質的に現行制度を改変しようと言うものではないのだろう。しかしそうした条文を変えていこうとするのはこれぞ正に麻生の口走ったナチスの手口である。この男達、どこまで日本を貶める気なのだろうか?。憲法義勇軍でも作りたくなってくる思いだ。


映像版はこちら

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。