新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

遂に紅白歌合戦!。視聴率はどうなる?。

 今年最後の更新です。年末12月31日と言えば紅白歌合戦、この番組は視聴率80%をも越えた(瞬間視聴率ではなく平均視聴率!)わが国最大の番組である。近年における紅白の最大のトピックの一つが視聴率なのだが、今年はどうなるだろうか?。曲目や曲順、途中のコーナーも明らかになってきた現時点で少し予想してみよう。

 結論から言うと、個人的感想では視聴率アップは微妙とみた。まず、年々知らない出場者が増加しているが、これは紅白という番組の権威から考えればもう少し慎んでもらいたい。参考例として過去の状況を挙げてみるが、北島三郎はブレイクした62年ではなく63年の初出場である。柳ヶ瀬ブルースがヒットした美川憲一もその年は実績が無いから駄目として落選したそうだ。森進一もデビュー曲がそれなりにヒットしたが初出場は幾らかヒットを重ねた後の68年なのである。この年代と言えばちょうど紅白の全盛期。1曲ヒットしただけで一発屋で消えるかもしれない歌手は出さないという風潮があった。しかし裏を返せば確実に知名度を上げてきた者が出場するという事で、視聴率という点からも非常に堅実なのではなかろうか。NHKが本当に視聴率の大幅アップを考えているなら、一定の実績が無い歌手はいくらその年に話題になっても出さないという方針を徹底してみてはいかがだろう。
 もう一つの突っ込み所は歌唱曲である。今年のプログラムを見れば気付く方も多いかもしれないが、最近同じ曲が何度も歌われているものが多々ある。特に今年はその傾向が大きい。津軽海峡冬景色、まつり、河内おとこ節、さそり座の女など、確かに誰もが楽しみにしている名曲ではあるが、2年ほど前にも同じ曲で出演している。毎年違ったパフォーマンスが行われるので一概に悪いとは断言できないものの、事前の下馬評という面では期待が薄れてしまうという一面は否定できない。逆に五木ひろしの「凍て鶴」のように今年になってよりヒットした曲もあるが、このあたりも是非再考していただきたいと思う。

スポンサーサイト

PageTop

天皇と習副主席の会談は慣例を打ち破った民主党政権の成果

 民主党への政権交代から約3ヶ月弱が過ぎ、いよいよ目に見える部分でも政権交代の成果が現れてきた。まず第一の成果は先月から話題になった事業仕分である。この事業仕分とは仕分委員たちが予算の必要性を官僚や関係者と話し合い吟味して予算の停止・削減・存続を決定するという画期的なものだった。一応自民党時代にも河野太郎らによるプロジェクトチームのようなものが無駄遣いの削減のために動いてはいたが、成果と言う面ではこちらの一本勝ちではないだろうか。民主党はまず傘下の特殊法人や独立行政法人にも果敢に切り込んでいく。これらへの補助金も各省庁での予算から分配されていくので抜本的な予算見直しにはこれらも対象に含んでいく事は必要不可欠な事だ。
 そして最大の成功点はこれらの審議を全てオープンにした事なのである。一般市民の傍聴を完全に自由化し、さらにインターネットでも動画配信するという力の入れよう。このように完全オープンにした事で、初めて国民の知る所となった内容も非常に多い。しかも日を追う毎に傍聴者も注目度も増えていく、こんな出来事は今やそうそうあるものでもない。結果大成功と言って決して過言ではないだろう。一応批判や問題点を投げ掛けさせてもらうと、財務省関連の予算に関してはあまり削減対象となっていない所ではないだろうか。またこの仕分結果は予算作成の土台となるのだが、実際の予算にこの仕分がどれだけ反映されるかが今後の注目点となるだろう。

 そしてもう一つ外交面でも成果を挙げた。今話題になっているのは天皇陛下と中国の習副主席との会談である。陛下のスケジュールに一ヶ月ルールというものが存在している事が明らかになったが、中立の立場で物事を見ると、この事で民主党がここまで批判される理由が全く見えてこない。一ヶ月ルールなるものは法律でも政令でもなく何も明文化されていない。今回の一例は、従来の官僚による慣習を政打ち破り政治主導が正しく機能したという点で民主党の一つの成果である筈だが、なぜこうも批判されるのか?。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。