新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

普天間基地問題が鳩山総理のORで見事解決!、しかし世論は異様!!

 鳩山総理はかねてより5月末までに決着と繰り返した。米軍の普天間基地移設問題である。一つ感じたのは鳩山総理は事前に辺野古への移設を落とし所として決めていたのではないかという事だ。総理自身が5月末までに決着をと発言した後の総理の言動には焦りや危機感というものは見られず、むしろ何処かしら余裕さえ感じられた。

 普天間基地がなぜ特別問題視されているか、それは普天間基地が米軍によって日本の合意なく建設されたためという事と、市街地の中にあって住民に対する危険性という事もあるだろう。であるからその普天間基地をまず別の場所へ移設する事が当面の課題となる。確かに辺野古への移設という事は自民党の橋本総理の頃に出た話なので、それを実行したというのは鳩山内閣の大きな成果とは言い難い一面はある。
 しかしこの一連の騒動の中、我々はいかにマスコミの報道がゆがんでいるか、国民が正しい情報に接する事ができないのかという問題を白日の下に晒してくれた。鳩山総理の「最低でも県外」はあくまで総理の個人的発言であってそれ以上の何物でもない。しかしマスコミは県外移設断念となると、さも公約を反故にしたかのように報じた。本来ならあの発言に対してこれは党の公約なのかと追求してハッキリさせるのがマスコミの役割ではないのかね。それと国民の民度の低さも浮き彫りとなった。徳之島の一件がまず一つ。これは前にも書いたので今回は省かせていただく。2つ目はやはり問題解決後の世論だ。可能なら県外移設が出来ればいいが、安全保障の面でデメリットが大きすぎる。であれば、まず危険な普天間基地を別の場所へ移設する事が第一のはずだ。物事には順序というものがある。今回鳩山内閣の英断で辺野古に落ち着いた。5月末までに決着という総理の掲げたビジョンは、着実にしかも最も堅実な決着が付いた。しかし物事の本質を見ずに側面だけを取り上げて鳩山批判を繰り返す。国民はそろそろ本当に目を覚まして、鳩山さんを正当に評価しなければならないところに来ているのではないだろうか?。

スポンサーサイト

PageTop

GW企画で連続更新。民主党の周辺では法治国家を否定する出来事が次々と起こっている!。

 ゴールデンウィークにつき2日間の連続更新です。前回更新間隔が2ヶ月間も空いているのでネタには困らない(笑)。

 タイトルに掲げたように、民主党の周辺では日本国の土台を覆すような大変な事態が連日のように起きている。一つは時効廃止法案で何故かマスコミで殆ど取り上げられない。この手の話題になると必ず被害者遺族が登場して視聴者の心情をお涙頂戴路線に誘導する。そこには加害者の人権という目線が全く登場しない。しかしこの一件の問題はもっと奥にあるのだ。過去に起こった時効未成立事件にも遡って適用するというのだ。過去の事に後から出来た法は適用されないというのが公平な法治国家の大原則ではないのか?。仮に4年後の衆院選後にこの法が廃止されたとしよう。本来なら時効成立で逮捕されるはずでなかった犯人は、再度時効が成立していたという解釈に基づいて釈放されるだろう。しかし、時効撤廃~時効再設定(過去の事件は元の通りに)という変化の中で2~3年逮捕されて自由を奪われる可能性が十分にあるのだ。国はこういった可能性を考えているのだろうか。そういった問題もテレビは何も語りはしない。
 うわああああ。民主党への姿勢を見てマスコミに政治的中立などない事は世間の知るところとなっていたが、遂に個々の人権という憲法が保障しているものにまですら偏見に満ちた価値観で踏込んできた。もはや理屈も道理もない。しかし理屈も道理もない事件がもう一つある。

 長くなってしまうので次回この続きを書いていきます。

PageTop

沖縄米軍基地移設問題こそが、マスコミの異様さの象徴!

 2ヶ月ぶりの更新。その間世の中色々な動きがありましたねぇ。しかしそのどれもこれも報道が明らかに偏っており、多くの国民はその真価を知らないと思われる。今日取り上げる普天間基地の移設、それに絡む徳之島の反応が当にそれだ。
 そもそもあちらの方々は一体何に反対しているのか?。住民も馬鹿ではあるまい。物事には本音と建前というものがあることは承知の事実。しかし基地移設反対運動にはそのどちらも見て取る事ができない。最も大きいのは騒音問題ではないかととれるような報道もあった。しかし空港の近隣ではそれは極当たり前のように起こるものだ。今の日本には100近い数の空港があり、それだけ騒音問題も存在する。しかし、近隣の住民が今回のような大々的な反対運動を行っているという話を一向に聞かない。また米兵による犯罪増加を理由に挙げる者もいる。ただこれは米兵だけに限らず、人口が増えるという事は事件の数も自然と増えるというのが世の常ではないか。東京23区と佐渡島ではどちらの方が事件が多いだろう。おわかりですね。米軍基地による経済効果も無視出来ない。殆ど観光産業以外に何もない島々の事だから、そういった面からも賛否の論議を行った方が住民のためにもなると思うのだが。
 それとも単に兵隊や軍が嫌だという趣味左翼的思想が蔓延しているだけというならもはやお笑いだ。反対集会でもそんな感じの演説ばかりが報じられている。若者がそのような事を声高に叫んでいるが、あれでは国民の共感を得るどころか逆に反感を買うだけだ、わははは。日本のすぐ隣には北朝鮮という直接的な脅威が存在しているのに。その背後には中国と言う大国もいる。それらを無視したところで行われる基地移設反対運動には興ざめるばかりだ。

 勿論、島民の中にも真っ当な良識・常識ある人々もいるそうだ。しかしマスコミはそれを全く無視して報じない。マスコミの偏向ぶりは一連の民主党への徹底した批判報道で今更文句を言う事ではないが。しかしマスコミはこの国をどうしたいんだ?。ネットを中心に民主党を売国奴扱いする輩が多いが、この国を滅ぼすのはマスコミそのものと言っていい。しかし日本が滅びる前にマスコミの方が先につぶれるだろう。
 ちなみに今回の反対集会に集まった人数は全て主催者発表のみ。普通なら警察発表の人数も同時に出てくるはずなんだけれど。何か意図的なものを感じるなぁ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。