新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

紅白の歌唱曲が決まったニャ!

 20日、やっと今年の歌唱曲が決定!。例年より多少遅い決定であった。NHKのサイトが特殊な形態でそのままここに貼り付けられないので、各主要出演者について前回の予想を絡めて感想を述べる。金正日死去などはまたの機会に。

五木ひろし→ふるさと
森進一→港町ブルース

 森進一は想定の範囲内の曲だったが、五木ひろしは新曲で来ると予想していたので想定外。この「ふるさと」は1973年に一度歌われているので実に38年ぶり。さらに森の「港町ブルース」は1969年に歌われて以来で、実に42年ぶりの登場だ。その間一貫して紅白に連続出演中というのは正に凄まじい記録と言える。

和田アキ子→あの鐘を鳴らすのはあなた
北島三郎→帰ろかな
石川さゆり→津軽海峡冬景色

 この3名は昔のヒット曲を周期的に歌うパターンが近年確立されていたが、前回の予想が的中した結果となったと言えるだろう。ただ「津軽海峡」は最近1年おきに歌われ続けており、他に選択肢はなかったのだろうかと不思議に思う部分も無いわけではない。

氷川きよし→情熱のマリアッチ
水森かおり→庄内平野 風の中

 例年通りの新曲。この2名は毎年曲の予想が見事的中。見事とは言っても誰が予想してもほぼ的中出来るパターンではある。

千昌夫→北国の春
 新曲「いっぽんの松」ではなく、有名なこの曲で決定。過去には77年~79年と三年連続で歌われた事もあり、紅白では定番とも言える結果となった。近年では美川憲一の4年連続「さそり座の女」など、同じ曲が々歌われる傾向が以前より目立つようになった。

川中美幸→二輪草
 2年連続同じ曲のパターンは近年の紅白では誰かが継承しているように思うが、まさかの二連続。近年では鳥羽一郎、美川憲一、中村美律子など同じ曲を歌って落選していくケースが発生しているが、同じ途を辿るのではないかと心配にもなってきた。確かに持ち歌の中では相当売れた曲ではあるが、昨年のヒット曲「ふたり花」など選択肢は比較的広い歌手だけに最も驚きの選曲であった。

細川たかし→ねぶた
 この人が新曲を歌うのは何年ぶりだろうか。2001年は新しいヒット曲「北の五番町」だったが、それ以来なのではないか?。今年は新曲・昔の曲の担当で意外な組み合わせが多い。

 そろそろ曲順も発表になる頃だろうか。それはまた次回。

スポンサーサイト

PageTop

紅白歌唱曲の予想、第二弾ニャ!

前回の続き。

石川さゆり→東北関係で考えれば「津軽海峡冬景色」が有力か。しかしここ数年はこの曲と「天城越え」の繰り返し。そろそろ違う曲を聴きたい。それに津軽海峡は東北と言えども被災地ではない。

氷川きよし→基本的に新曲を売り出す形なので、今年2月に発売された発売された「あの娘と野菊と渡し舟」か9月発売の「情熱のマリアッチ」だろう。予想としては後者。

細川たかし→新曲「ねぶた」が今年発売されてはいるが、2000年代になってからは昔の曲が目立つ。「北酒場」が最有力だろうか。「浪花節だよ人生は」は近年頻繁に歌われているので可能性は低そう。

和田アキ子→そろそろ4年ぶりに「あの鐘を鳴らすのはあなた」の出番か。新曲ff(フォルテッシモ)が子問い発売されているが、紅白で禍根を残している大友康平のカバー曲なのでこちらの可能性はないとみた。

水森かおり→毎年新曲を歌唱。その流れから見て「庄内平野 風の中」で決まりだろう。

藤あや子→今年は新曲「泣き鏡」があるが、有力候補は絞りにくい。ちなみに前回の出演時(2008年)は最新曲ではなく、前年に発売された落選中の曲「紅い糸」であった。


 今日は11日なので、おそらく来週にはNHKからの発表は既に行われているだろう。どのような曲が選ばれるか楽しみだ。


おまけ
-------------------------------
分身の術
ファファ~、分身の術~。左上はドドリー

PageTop

紅白出場者決定!、曲の予想ニャ!

 前回の更新から3日後の11/30に紅白出場者が発表された。
2011年赤組
2011年白組

蓋を開けてみた感想は、正に予想の核心は的中したというところだろうか。演歌の大物がピンチと騒がれていたが、本当に事前騒動だけで終ったようだ。昨年は出場枠激減に驚かされたが、今回はほぼ例年どおりに戻った。その追加分に充てられたのが震災枠と韓国組である。千昌夫はやはり出場。実に1989年以来のことだ。もう一人西田敏行も平成になって初の出場。こうした見慣れた顔ぶれが揃う事はうれしい限りだ。また秋川雅史なども再登場を果たす。
 一方の落選組についてだが、予想通り中村美律子がキーマンとなった。4年連続での河内おとこ節だけでは紅白出場の決め手とはならなかったようだ。代わって藤あや子が三年ぶりの復帰というのも前回予想した通りとなった。だが中村美律子も過去のパターンからすれば2~3年後にはまた再登場するだろう。

 一方で不満を挙げるとすれば、ジャニーズがまたも4枠を独占。特にNYCが3回目の出場だが、紅白以外で全く見た事すらない。同じく事務所枠の都合で紅白を去った山本譲二に対してどのように説明するのであろうか?。
 出場に疑問を感じるメンバーは絢香、確か騒動を起こして謹慎していた筈だが復帰最初の活動が紅白というのはいかがなものか。昨年も出ていたいきものがかりは「ゲゲゲの女房」主題歌の一発屋というイメージしかない。どうもここ数年、若手に偏りすぎているような気がしてならない。


 少々早いかもしれないが、主要メンバーの歌唱曲を予想。
森進一→新曲なら「八甲田」だが、昔の曲なら震災繋がりで「港町ブルース」の可能性がある。
北島三郎→基本的に過去の曲と予想。ここ数年の順番を見ると今年は「帰ろかな」あたりか。
五木ひろし→新曲や近年の歌が多い。「月物語」もしくは「街」のどちらかの可能性が大。
千昌夫→新曲「いっぽんの松」の可能性はあるが、千昌夫と言えば「北国の春」。こちらの方が有力か。
西田敏行→代表曲「もしもピアノが弾けたなら」しか知らない。しかし東北繋がりで言うならば過去に紅白で歌った「ああ上野駅(井沢八郎の曲)」が再度選ばれる可能性もあるだろう。
小林幸子→例年通り新曲。「おんなの酒場」だろう。


---------------------------------------
おまけ
スイート41話
スイートプリキュアもいよいよ佳境に。音符を奪い取るピーちゃんの顔がすごい。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。