新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

国民にとっての最大の慶事、皆で祝うクル~!

 4月26日、ゴールデンウィークが迫り温かくなっていくこの日を、日本国民は非常に大きな喜びをもって迎える事となった。日本国民の希望の象徴である小沢一郎元代表に無罪判決が出た。当たり前のことが当たり前と言える国になったのである。
 そもそも当初、検察は小沢さんを不起訴としている。司法はシロと判断を下しているのだ。それが検察審査会なる素人のバカ集団(ある勢力の意向を受けた者だった可能性はありうる)によって強制起訴されるという、無理が通って道理が引っ込む出来事であると同時に、国民の良識常識なくしては民主主義は正しく機能しないという事を物語っている。
 しかし正しい者が報われる時代が遂にやってきた。無罪判決を聞いた市民は「小沢総理大臣誕生!」、「小沢復権だー!」と高らかに喜びを表現している。これまではそうした本来の民意というものは一切報じられずひた隠しにされてきたのだ。4月26日は民主主義記念日として後世に語り継がれていくであろう。野田内閣を一日も速く退陣に追い込み、国民生活のための小沢内閣を一日も早く誕生させていこう。


↑元自由党の二見伸明さんも駆けつけた!

スポンサーサイト

PageTop

国民との約束を守る民主党をみんなで応援するクル~!

 国民新党が消費増税の閣議決定を巡り分裂。亀井さんと亀井亜紀子さんの2名が離党しだが、これは政界再編の序章とも言える大きな出来事である。亀井さんは何故党を出たか。それは消費増税が国民との約束に大いに反するからに他ならない。亀井さんといえば、自民党で森総理を決定した五人組の一人でもあり、かつてはいわゆる古い政治の代表人物とも位置付けられていた。しかし郵政で自民党を出て6年、この年で非常に優秀な政治家へ成長していたとは意外な驚きであった。

 一方民主党にも国民との約束を守り続ける素晴しい政治家は多数存在する。小沢さんがそうだ。小沢さんの胸中は「分家が勝手な事を言っているが、国民との約束を守り続けているこっちが本家だろう」というものだ。かつて船のCMで小沢さん・鳩山さん・菅さんが手を取り合って生活維新と叫ぶCMがあった。菅さんは反小沢側に回ってしまったが、今ではその菅さんに代わり輿石さんという大きな戦力がいる。小沢さん・鳩山さん・輿石さんは絶対に国民との約束を守り「国民の生活が第一」の政治を実現してくれる。政治が纏まらないこんな状況だからこそ、日本国民は一致団結して彼らの元に集結すべきだ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。