新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

紅白歌合戦、最大のサプライズは小林幸子・川中美幸の不出場クル!

 昨日今年の第63回NHK紅白歌合戦の出場者が発表された。一言感想を述べるとするならば、近年毎年言い続けている事だが、ますます紅白を真剣に見なくなるだろうなと言うことだけだ。
artists_white.gif
artists_red.gif

 ジャニーズが何と5組も登場。事務所枠制限はどうなったのか?。別のグループを出したいのなら他のグループを落とせ。そもそもNYCというグループは何回か紅白に出ているのだが、これも昨年の繰り返しになるかもしれないが紅白以外で全く一度も見た事が無い。同じ例で言えばAKB48もそうだ。SKE48に加え桃色クローバーというグループもAKBとは別枠での登場。この人達も名前は聞いた事はあるが何か曲がヒットしたかと言うとやはり知らない。昨年から残っている西野カナ・AAAもやはり紅白以外で全く見た事が無いのだが…。

 一方で最大のサプライズは小林幸子の不出場。今年最も業界で話題になったアーティストの一人だ。むしを話題性の高まりから出場しないわけがないと思っていたが、この不出場はあまりにも不意を突かれたものだ。また美川憲一もここ10年程をみても最も話題に取り上げられた1年だったと言えると思うのだが、再登場はならず。一方浜崎あゆみもスキャンダルの話が最近大きく取り上げられているが、いつも通り出場。マスコミが取り上げたのが本当につい最近という事も影響しただろうか。これがあと2ヶ月早ければ売上の低下も考慮すると落選の可能性は充分にありえた。選考基準の不思議さは年々奇怪になっている事だけは確かだ。

 もう一つ予想外だったのは川中美幸の不出場。昨年の歌唱曲決定ついて言及した記事で二年連続同じ歌が選ばれ消えていくパターンを懸念したが、川中も同じパターンとなってしまった。知名度や存在感という点では実績充分なだけに何とも惜しい。しかし過去にも何年か不出場を繰り返した事も数回あり、また3年程で戻ってきてくれる望みも充分にある。西城秀樹も脳梗塞からの復帰をアピールする意味で再登場かとも言われた有力候補であったが、不出場。郷ひろみが最近出てきているが、話題性という意味では西城も負けてはいないはずである。昨年は千昌夫が20年ぶりの再登場を果たしたが、今年は由紀さおりが11年ぶりの再登場となり、香西かおりも5年ぶりの再登場。昨年復活した藤あや子も連続出場。こうした久しぶりの返り咲きで期待が高まるのはせめてもの救いといった所だろうか。それにしても演歌がこれだけオリコンにも上位にランクインするようになった時代に、紅白出場者が減り続けていくのは甚だ時代にそぐわないし、考え直してもらいたいものだ。

スポンサーサイト

PageTop

鳩山さん不出馬、本当に残念クル!

 鳩山由紀夫さんが衆議院選挙に不出馬の意向という驚きのニュースが流れた。

 民主党の鳩山由紀夫元首相(65)(北海道9区、当選8回)は20日、次期衆院選に出馬しない意向を固め、党幹部や後援会関係者に伝えた。
 環太平洋経済連携協定(TPP)推進や消費増税などをめぐる党との対立が理由だという。21日に野田首相に会って伝えたうえで、記者会見する予定。
 鳩山氏は20日夜、地元後援会幹部に電話をかけ、「民主党に残って頑張りたいと思っていたが、党内の情勢が厳しく残れなくなった。連合や地元に支えられてやってきたので、ほかから出ることは出来ない。迷惑がかかると思い、引退することにした」と述べ、政界を引退する考えも示した。鳩山氏は、2009年9月から10年6月まで首相を務めた。首相経験者が政策対立を理由に不出馬を決めるのは極めて異例。

(2012年11月21日03時02分 読売新聞)


 民主党を結党し何度も代表を務め、2009年に行われた前回の総選挙では国民を暗黒の圧政から解放した数々の偉業を成し遂げた功績はあまりにも偉大だ。しかも不出馬の理由が政策の対立というのがあまりにも悔しい。本来の民主党の政治理念とは、正に鳩山さんが掲げたものではなかったのか。私は未来の総理候補として鳩山さんには本当に期待していた。数年後もう一度総理として活躍する姿を楽しみにしていたのに…。しかし引退を明確にしたわけではない、今回は不出馬だとしても次回以降の選挙で再出馬する可能性は残ってはいるし、国民の生活が第一から声がかかる事もあるだろう。これほど偉大な人物をこんな型で終わらせてはいけない。日本国にとってこの上ない損失なのである。
 民主党の中にも原口さん、樽床さん、細野さんのような彼の理念を受け継いでいる人物は少なくない。彼らのような人物を応援して今こそ自民党からの解放の戦いに完全勝利しようではないか。

PageTop

衆議院解散、選挙戦クル!

 11/16、野田総理が衆議院を解散。あまりに予想外の早期解散となった。その後短期間で少数政党が野合したり別の新党結成が行われたりと情勢が定まらない状態だ。
 私が三年間言い続けてきた事は只一つ。自民党政権の復活を絶対に許すな。これが総選挙での最大のテーマなのだ。小沢さんはかつてこう言っている。『解放のための戦いはまだ済んでいない、そちらの国に例えれば私は人民解放軍の野戦司令官だ』と。であるなら国民が一丸となって『私達は人民解放軍の民兵だ、解放のために団結して戦う』という姿勢を今こそ見せる時だ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。