新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

スマイルプリキュア最終回クル!

 スマイルプリキュアが本日最終回となった。昨年もプリキュア最終回について言及したが、今作を1年間見続けてきて感じたのは、ストーリーや設定が最もよく練られていたシリーズではなかったかという事に尽きる。レギュラー登場人物は5人と元締2人というシリーズ最多の登場人数でもあったわけだが、それによって個々の描写が薄くなるという事は全く感じられない。
 昨年のスイートプリキュア総括では『脇役に至るまで登場人物のキャラクターというものを見事に活かしきった脚本の数々のおかげという他はない。』と書いていたが、今作のポイントを一言で表せば、各キャラクターを活かすための脚本を書き続けた積み重ねと言って良いだろう。
 エンディングが特別仕様だったが、これはSplash☆Star以来6年ぶりの事。また最後のキャンディが空から現れる場面は第1話の冒頭を髣髴とさせるものであった。どこかで見たような筋書きだと思ったが、これは正に新・必殺仕置人最終回ラストシーンにおいて中村主水の初登場場面(旧仕置人1話)をなぞるように描かれた、あの名場面に相通ずる。プリキュアシリーズ第2期(フレッシュ~スマイル)の締めとしての名場面と言えるだろう。

キャンディを探せ最終結果:87ポイント、プリキュアレベル『サニー』
 前作は2011年7月に地デジ移項の関係で途中参加だったが、今回は1年間全て参加。平均すると一回の獲得ポイントは1.8125。毎回1~3ポイントを獲得する形になるのだが、かなり運任せな要素もあった。中間の2ポイントを毎回獲得したとなると96ポイントになる計算を考えると、多少惜敗といった具合だろうか。

スポンサーサイト

PageTop

ブログ3年半、訪問者2000人クル!

 1/15、このブログの閲覧者は累計2000人を越えた。新年の1/2で1900人を越えたところなので、半月ほどで100人の閲覧者がいた計算だ。2011年の6月末の時点で累計800人(この時点でブログ開始から約丸2年)と記述が残っていたので。その後約1年半で1200人の訪問者がいた事になる。最近は一日の訪問者がコンスタントに4~5人は確保できるようになった。また特に更新が無くても訪問者が10人を越える日も出てきた。この調子で8月頃には類型3000人程度の訪問者を目指していきたい。

 ブログ開始は2009年6月。時期的には政権交代を控えた第45回衆議院総選挙の前に都議選があり、総選挙のタイミングはいつ頃だろうかという頃だった。いわば民主党の政権交代へ向けた動きが本格化する時期に重なる。あれから3年半、民主党は分裂し大敗、元の木阿弥に戻ってしまった。
 一方テレビ番組では朝の必殺仕事人第一作の再放送(静岡朝日放送)が終了した件がこのブログで最初に言及した内容である。水戸黄門の本放送ではまだ助さん格さんが原田・合田コンビだった頃合だ。またプリキュアシリーズでは第二期の最初の作品フレッシュプリキュアが放送されていた頃だ。2月から開始のドキドキプリキュアからはプロデューサーや企画が交代になるようで、正に今月まで4年間続いた第二期が終了となる。
 フレッシュプリキュアは結構前に放送されたような印象がある。一方政権交代の総選挙はフレッシュ放送開始から半年しか離れていないが、筆者の中ではあの政権交代に命を懸けていたのはまだつい2年ほど前のような感覚なのだ。またブログ開始からしばらくして駿河湾で震度6弱の地震も起きた。そうした様々な面から三年半を振り返ると短かかったような長かったような、実に不思議な感覚になる。

PageTop

スマイルプリキュア残り2回クル!

 1月になると毎年プリキュアがいよいよ終盤。それにしてもプリキュアシリーズの最終回は本当に面白かったという感想と、次回作はどんな内容になるだろうかという不安と期待が交錯した何とも言えないやるせないような感覚がある。それに比べて水戸黄門の最終回では普通に面白かったというすがすがしいような思いにさせられる。うーむ、この違いは何から来るのだろうか。

 地デジデータ放送の方は現在74ポイント。視聴者の他のブログでは100ポイント越えたという投稿もあるが、今作のデータ放送は、かなり運任せな要素もあるだけにそこまではなかなか貯まりにくいものだ。
74ポイントなので、サイト(http://sp.asahi.jp/red/sd.php?dp=5227)からダウンロードできる認定証は『グリーン(キャンディ)→ホワイト(みゆき)→ブロンズ(あかね)→シルバー(やよい)→ゴールド(なお)→プラチナ(れいか)→ダイヤモンド(ハッピー)→キャンディポップ→シャイニー(5人変身前)→ビューティ→マーチ→ピース』まで。後2回の放送でサニーまでは届きそうだ。

PageTop

12.16日本人が負けた日 第2回‐この道はいつか来た道 ああそうだよアホウ太郎のヘの字口が見える~‐

 年末、ついに第二次安倍内閣が始動してしまった。しかしその顔ぶれを見るとただただ呆れるばかりなのである。ここまで最初から嫌な気持ちになる内閣も珍しい。副総理兼財務大臣は何とあの無能の権化麻生太郎だ。日本の不況の一番の原因となったあの男がよりによって財務大臣とは。リーマンショックで何一つ動かず、曲がった口からは開けば失言ばかりが出てきた。
 もう一人、甘利明という人物。この人も前の安倍内閣でも閣僚をやっていたが、それよりも野党時代に自分の意見が通らぬとなると当時民主党の三宅雪子さんを突き飛ばし重傷を負わせた人物だ。民主主義の公平な議論を否定するような人物が恥も無く出てくる事に驚きを隠せない。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。