新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

意外に簡単!動画投稿に挑戦!

 さて先日23日、都議会選の結果はもはやこの国の民主主義が機能しない結末となった。その典型例が板橋区。5人区に10人が立候補したわけだが、当選は順位でみると公明・自民・自民・共産・みんなという面子だった。信じられないことに民主党候補者は一人しかいないにも関わらず6番手で落選。4~5人区で民主党が候補を一人しか立てていないのに落選したのだ。一方の自民や公明は2~3人候補を出しているので必然的に得票率はかなり割れて当然なのだが・・・。投票率は40%代ともなると自民公明の組織票はそこまで強いのかと唖然とさせられた都議会選であった。
 とにかくいわゆる無党派層は参院選には必ず投票に行ってほしい。投票率が75%前後になればその分民主党や生活の党に票が大きく上乗せされるわけだから、東京や神奈川のような大人数区では野党候補を続々と当選させる事も決して夢ではないのだ。国民が立ち上がれば自民党なんていかに脆いものであるかを見せつける選挙にしようではないか。

 さて話題は変わり動画共有サイトへの投稿に挑戦。普段よく使うYouTubeはまだ未登録につき(そのうちYouTubeにも投稿予定だが…)、ニコニコ動画の方へ投稿。実は最初に投稿したものは在阪局?の申し立てとかいう理由で一日で削除されてしまった。最初の投稿動画はコレ。


 実はYouTubeで別の人が投稿していたものをテストもかねて手を加えずアップロード。大元のYouTubeの方は5年以上前にアップされたものであるが特に申し立てで削除という事もなく残り続けている。第一次安倍内閣での安倍晋三の電撃辞任は実は宗教スキャンダルの発覚を恐れてのものだった事をどれ位の国民が覚えているだろう?。参院選の投票日が7月21日に決定したが、一人でも多くの人がこの事実を思い起こしてほしいものだ。

 さて次はコレ


 これは民主党と自由党の民由合併大会のフィナーレの動画。小沢一郎公式サイトからWindowsMedia形式でダウンロード出来るよう公開されていただが、小沢さんが喧嘩別れのような形で党を出て行った今でもまだ残っているのだろうか?。小沢さんと菅さんと言えばそれまで全く相反する政歴を歩んできたわけだが、いわば最大のライバル同士が打倒自民に向けて手を組んだ、最強のコンビと言っても過言ではない。そこから生まれる相乗効果が2009年の政権交代を成功させる原動力になった事は間違いないし、2016年までに行われる次期衆院選で自民党が斃れた際はおそらく民主党と生活の党が連立する。小沢さんと民主党が再度手を結んで政権交代が実現する2016年、この民由合併は正に伝説の幕開けとなる1ページとして語り継がれる事は確実だ。

 そして現在最新の投稿はコレ


 岡崎トミ子さんと言えば私が最も期待している女性議員の一人。2003年に韓国でおばあさん達の尊厳回復デモに参加した事でも知られるが、その当時日本のマスコミはトミ子さんに対するイメージダウンを狙ったような報道を行った。トミ子さんが×印日の丸の前で佇んでいる写真とマイクを持って何か叫んでいる様子を横から写した写真を産経新聞が報じた。あろうことかその写真の下には『日本政府を糾弾する岡崎議員』というキャプションが付けられていたという。トミ子さんが後に国会で答弁するが、×印はそのデモにたまたまその旗を持った人がいたという事に過ぎないのであり、トミ子さんの政治理念とは全く無関係である。トミ子さんも報道でそれを知って驚いたそうだ。しかしそのような構図の写真を目立つように載せられれば、トミ子さんに対して誤解を持つ読者が出てきたとしても不思議ではない。国会でトミ子さんへの質疑に立った自民党稲田議員もその一人だろう。稲田議員は安倍内閣では閣僚の一人であるが、しかし現在は閣僚の座にいる議員として誤解に基いた質疑というのは何とも情けないものだ。トミ子さんが反日だと思われている誤解を何とか解きたいものである。
 さて紹介した動画はアジアの放送局のサイトに上がっているもので一時間近いニュース番組と思われる一部分。トミ子さんの活動が取り上げられている部分は約2分程度だけで残りは全く別の内容であった。インタビュー?に対しトミ子さんの涙を誘うような話を聞いて心を動かされない日本人がいるだろうか?。いるとすればそれは心の冷たい人間である事を白状したに等しいと言えるだろう。

 トミ子さんは7月の選挙の目玉候補だが、彼女を千葉景子さんの二の舞にだけはしてはならない!。

スポンサーサイト

PageTop

静岡県知事選勝利!次は都議会選挙!!

 今週日曜、静岡県知事選挙が行われ現職の川勝平太は自民党が擁立した候補広瀬一郎に108万vs34万というほぼトリプルスコアで大勝利を収めた。自民党本部は広瀬氏を推薦よりも一段階下の支持に留めたが、それでもなお自民党敗北という事実は我々に大きな勇気を与えてくれた。自民党は谷垣・石破・岸田といった閣僚経験者が応援に入ったが、それでもなお大敗したのである。

 さて23日は都議選の投票日。都議選は1人区~8人区と選挙区ごとの当選人数の幅も広いが、その点は参院選に近い一面もある。都議選で自民党の議席増加を可能な限り抑え込み、参院選に向けて都民の真っ当な反自民の声を挙げ団結を!!。

PageTop

参院選まで約1ヶ月!安部総理が辞任した本当の理由を君は知っているか?。

 参議院選挙は7月中盤~後半、まだ投票日は未確定だがおおよそ1ヶ月弱であることは間違いない。我々の民意が敗北して約半年、安倍内閣は国民の声に反してやりたい放題だ。労働者の賃金は上がらず物価だけが上昇、生活保護の切捨て、中国に対する横暴な非礼、憲法改悪など信じられない行為はまだまだ続きそうだ。今度の参院選はそんな自民党政治へ国民のNOというメッセージを叩きつけるそんな選挙であるべきだろう。

 さて安倍晋三のように元総理が再度総理の座へ返り咲いたのは吉田茂以来の出来事であるが、前回安倍総理が辞任した本当の理由を皆さんはご存知だろうか?。一般論では体調不良で「腹がイタタタタ…」と言って辞めていった事になっているが実はそうではない。体調不良の件は、その後安倍本人が特効薬で完治したとも発言しているのでそうした点も全くなかったわけではないのだろうが、本当の辞任理由は前代未聞の宗教スキャンダルがスクープされそうになったからだ。マスコミでもこの件を取り上げたのはTBSラジオのストリームと大阪朝日放送のムーブぐらいしか私は知らないが、その衝撃映像を紹介。



 そもそも当初の辞任理由は当時民主党代表だった小沢さんが会ってくれないから国会が行き詰まり辞めたというものだったが、後に体調不良へと辞任した理由が変わっていた。また辞任1ヶ月前に内閣改造をしたばかりでの突然の辞任、所信表明演説で「職を賭して…」という真意不明な発言、さらにその際に目がかなり泳いでいた点、色々と不可解な事象が重なっていたが、それはこの宗教スキャンダルの情報が入りパニックになっていたと考えれば全ての説明がつく。金銭スキャンダルが報じられた松岡利勝への処遇も新興宗教の占いやお告げに頼っていたからこそあのような結末になったとも言えるし、そもそも安倍本人の不可解な辞任を見ると、自身の進退すら神頼みだったのかもしれない。本人は公的な場面でこの件に対しまだ何ら釈明をしていない。一国民としては選挙前の今だからこそ安倍晋三本人に説明を求めたいところだ。

PageTop

総力戦!!参議院選挙候補への更なる期待。

 5月24日付けで累計訪問者が3000人突破。1月に入って2000人を超えたところなので4ヵ月半で1000人という計算。思ったよりも伸びがいい。

 さて7月の参院選における新たな候補者が決定!。昨年の衆院選で未来の党から出馬し落選した太田和美さんが千葉選挙区から立候補する。太田さんといえば2006年の衆議院補選で千葉県の選挙区から初当選。2006年と言えば郵政選挙での自民党大勝の翌年。あの頃も政治の話題では自民党ばかりで、一方の民主党は偽堀江メールの一件で支持率が低迷していた時期だ。そうした意味では現在2013年前半の状況に近い。しかし待望の小沢代表が実現し、補選勝利をきっかけに民主党の注目も高まり翌年2007年参院選では大勝利を治めた。太田和美さんの立候補は我々にそうした希望を持たせてくれる。一方の自民党は当時よりさらに質の低下が進んでおり極右政権と化しているのが現実だ。次の参院選で自公の過半数を阻止し、政権交代への幕開けを実現しよう!!。
 一方民主党の方は候補者が追加される兆しが出てこない。岡山は民主空白区のままなのかと驚きもしたが、どうやら無所属候補を推薦とする形になるらしい。野党共闘で反自民票の分散を狙ったよい戦略だ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。