新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新コーナー、ニュース正論市民一代。第1回、憲法自民草案1条の巻。

 評論家勝谷誠彦がSPAで連載しているコラムの形態を参考にして進めて行きます。


 私が自民党の憲法改悪草案を見て、その冒頭部分である第1条を目にした途端、私は椅子ごと後ろに転げ落ちそうになった。自民党草案では何と『天皇は、日本国の元首であり』という信じられない文言ではじまるのである。
 あなた達は民主主義・それだけではなく国民主権というものを何だと考えているのか?。世界の民主主義国家を見るがいい。アメリカでもフランスでも韓国でも元首に当たる大統領が正に国民の投票で選ばれているのである。旧来の封建制度や絶対王政から脱却し民意で元首を選ぶ、それが民主主義の根本なのではないか。皇位継承は全く民意を介在しておらず更に世襲でもある。選挙の行われていない中国でも国家主席は党の役職であり少なくとも世襲からは脱却できている。世襲の元首となると私にはこの顔しか思い浮かばない。まさかあのような国と日本とを同列に考えているのだろうか?。

 そもそも天皇の役割からみてもこの論はおかしい。世界にはフランスやイギリスのように大統領と首相が並立する国も少なくないが、組織形態としては元首である大統領の下に首相がいるという点では共通している。しかし日本の天皇は首相の上位にいるわけではない。むしろ天皇の行為は内閣の承認が必要とされているのだ。確かに天皇と首相とは独立しており直接の上下関係はないが、内閣の組織図を見れば一目瞭然、内閣府の下にちゃんと皇室と書かれているではないか。首相の指揮下に元首がいる、元首の行為に内閣の承認を必要とする国が他のどこにあると言うのか。こうした点1つを見ても天皇が元首と言うのはありえない事だとわかるし、それを強行すれば正に国民主権の否定に他ならない。
 天皇の公務の条項を見る限りは実質的に現行制度を改変しようと言うものではないのだろう。しかしそうした条文を変えていこうとするのはこれぞ正に麻生の口走ったナチスの手口である。この男達、どこまで日本を貶める気なのだろうか?。憲法義勇軍でも作りたくなってくる思いだ。


映像版はこちら

スポンサーサイト

PageTop

7.21日本が世界を敵に回した日!、麻生ナチス発言は更なる亡国への道!!

 7月21日、参院選は我々にとって非常にショッキングな日となった。今の民主党でも24・25議席程度はとれるかという下馬評もあったが、蓋を開けてみれば政党としての基盤が未完成であった結党間もない時期よりも少ない過去最低議席しかとれなかったのだ。そして最もショッキングな結果は生活の党からの当選者が0だったと言う事。山岡さんあたりはJR総連等との繋がりもあって当選するだろうと思っていたが…。そしてもう1つの衝撃はあの岡崎トミ子さんが落選したという事だ。週刊誌ではトミ子さんはほぼ当選有力候補とされていたのに本当に残念だ。一方でトミ子さんの対抗馬となったみんなの党の和田候補は、彼もトミ子さんの参加した水曜集会を反日デモと動画で言い切った事で右翼である事が証明された。まさに日本の右傾化がなおも進行中である事を如実に示す選挙であった。
 山本太郎さん当選、又市さんの当選はそんな中でも数少ない喜びではあったが…。色々と言いたい事はあるが、こちらの動画でそれらを語ったので一度目を通してほしい。



 さてその又市さんが早速の活躍を見せている。選挙終了後早速自民党がやらかした。麻生太郎のナチス発言である。私はこのナチス発言に対するマスコミの甘い報道を見ていると、どうしても松本龍さんに対する報道の違いへのダブルスタンダードへの違和感を感じずにはいられない。龍さんが何と言ったか覚えているだろうか?。『県でコンセンサスを得ろよ、でないと我々は何もしないぞ』と仰ったが果たしてそんなに問題だったか?。復興計画は国のトップダウンで全て行われるわけではない。都道府県・市町村で策を考えるべき内容も当然あるのだ。漁業特区の一件では地元住民の反発もあって県としての策が纏まっていない状況だったのだ。そうであれば松本龍さんの立場としては、全く何も決まっていない件に対して大臣として協力したくてもどうすればいいの?と思うだろう。彼の発言は正にそうした素朴なものだったと私には感じられるのだ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。