新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

第65回NHK紅白歌合戦、紅白は死んだとまで思う

 タイトルにあるのは伝説のジャーナリスト筑紫哲也さんがオウム真理教事件に際しての発言『TBSは死んだとまで思う』のオマージュである。まずは今年の出場者を見てほしい。



 まずわかる事は、北島三郎の後任がいないという事。私はこれで最低でも演歌枠は2人は増え離、ひょっとすると3人増加もありうるかと期待していたのだが、期待は見事に裏切られる結果となった。昨年のメンバーから北島が消えただけなのだ。以前も述べたが正に2000年代中盤以降演歌復権の時代である。CDが売れなくなったと言うが、演歌全体の売り上げは総じて大きな減少はみられない。そこで紅白がこれではいけない。紅白のこの動きは演歌衰退を助長しているとも言える。例えば数年前から不出場となっている鳥羽一郎・前川清などここ3年ほどの曲は「あの歌は何年の曲だったかな」「どっちの曲が先だったかな」という事が私も正しく覚えられない。これはやはり紅白に出られなくなった事から出ている弊害と言えよう!。紅白が音楽業界の再興の壁になってはいけない。

 そしてV6が初登場だが、これで何とジャニーズは6組に。昨年はNYCというチビッコが消えてジャニーズが1枠減ったかと思っていたが、昨年初出場だったSexyZoneというグループがジャニーズだったらしく枠の数に変動はなかった。そもそもどちらも紅白以外では見た事がない、というか名前すら知らない。年々ジャニーズが増えていくが、事務所枠制限はどうなってしまったのだろうか?。紅白と言えば日本一権威のある番組なのだ。平均視聴率81%という前人未到の記録がそれを裏付けている。瞬間視聴率ではなく平均視聴率がこの数字なのである。
 ジャニーズだけ特別扱いでは他の出場者たちに示しがつかないのではないか?。事務所枠制限によって紅白を去った山本譲二にはどう説明するのだろうか?。北山たけしの出場によって出場枠を譲る形で退場している。その後北島事務所から独立したため事務所枠制限から外れるわけであるがそれでも再出場はなかった。もっとも北山も数年で落選し北島も勇退し、北島枠は完全に0となっている。

 赤組はAKB関係が大量出演。AKBに加えて昨年もいたMMB、SKE、Eガールズの他にHKTなるグループまで登場。桃色クローバーもAKBと同じといえば同じ系統の人たちである。同じような人ばかり出さずに、それこそ中村美律子や川中美幸などの再登場あたり期待したいのだが…。ただ赤組の方が出場枠が3つ多くなっており、個人的な予想としてはAKBにぶら下がっているこれらのグループが1枠にまとめての登場になるのかもしれない。
 コブクロや浜崎あゆみも不出場。浜崎は新曲が出ていたのかは知らないがそろそろ過去の人というイメージになりつつある。コブクロはNHKのオリンピック主題歌を歌っており今年も出て来るだろうと言われていたため辞退の可能性もある。それとも中島みゆき等NHK番組関係の出場者が他にもいるのでそちらに譲る形での不出場なのか、いずれにしても2・3年もすればまたどこかで再登場はありそうだ。

 これだけ注目を集める紅白歌合戦だけに視聴者からも様々な意見が寄せられるそうだが、その中でも多いのが「知っている歌手が少ない」というものであるらしい。そうした声が少しでも少なくなるような人選を心掛けてもらいたいものだ。

スポンサーサイト

PageTop

みんなの党解党!!、そして生活の党でも画期的な動きが!!!。

 11月21日、衆議院解散。それに前後して政党の動きがあわただしい。以前から内紛が続いていたみんなの党はついに解党を決定。それに先んじて山内康一さんと中島克仁さんの民主党への移籍が認められた。次の選挙では民主党の一員として自民党政権打倒のために大いに頑張ってもらいたいところだ。残った浅尾慶一郎らはどうするのだろうか?。それについては未だ不明なまま。報道では丸ごと民主党へ合流という説も流れたが、渡辺喜美やその一派は民主党に対して否定的なため、それはないというのが定説だ。しかし不思議に思うのだが、自民党に擦り寄るような政党に一体何の価値があると言うのだろうか?。それだったら自民党へ復党すればいいのではないか?。それにみんなの党には和田政宗といった極右陣営も在籍しているが、私は彼が行った岡崎トミ子さんへの無礼な振る舞いをとても許すことはできない。そのような人物が民主党へ来たとしても反発を受けるだけであって、ここで解党という道を選んだのは賢明な判断だったと言えるのではないだろうか。

 そして野党の動きとしては更に大きなニュースが飛び込んできた。生活の党の議員が民主党から出馬するという話だ。元々消費税増税を巡って分裂しただけに、今回民主党が増税延期を決定した事は再結集への大きな布石になるとも言える。まだ新聞各社で内容に違いが見られるためにどこまでが確定事項なのかは断定できない。伝わってきている情報によると鈴木克昌幹事長と小宮山泰子さんが民主党へ戻ると名前まで出て報じられている一方、小沢さんを除いた全員が民主党に合流するといった情報もある。これが現職議員の話なのか山岡さんや東祥三さんといった落選組も含めての事なのか、そこはまだ未知数ではあるが、野党集結という意味においてはこれほど心強いものはない。元々民主党で当選していた方々であるが故に選挙区のダブりがない。前回は民主党も刺客を送ってきたが、大抵は落下傘候補の新人や比例単独から移ってきた面々のため、本来の地盤へ戻ったか政治から離れた人が多いのである。そうした意味においては生活の党の方々は民主党との連携や合流がうまくいけば大変大きな即戦力となるのだ。
 一方小沢さんはこのまま生活の党として選挙に臨むようだが、仮に生活の党がほぼ民主党へ合流するとしてもこれは賢明な判断かもしれない。民主党の中には今もなお反小沢の声は残っているからだ。小沢さんも合流して党内でまた内紛が起きるようでは元も子もない。であれば小沢さんはあえて合流しないという事らしい。ここが小沢さんのすごい所。これまでの小沢さんの戦略を見て言える事は、自分自身も駒の一つに過ぎないといった野心や私利私欲から完全に脱却した戦法をこれまでも採ってきた。2009年、政権交代での総理就任を目前にしての代表辞任。あの時点でそのまま代表を続投しても民主党は勝てたとは思うが、300議席を越える事が出来たかどうかはわからない。マスコミが反小沢報道一色でくる以上、ここで身を引いて小沢色を薄めた方が政権交代という最大の目的を実現する上ではプラスになると判断したのだ。その後幹事長を務めた鳩山内閣では陸山会のデッチ挙ゲの政治資金問題が取りざたされたが、実際には事件ですらなかったのだから断固戦い抜くという道もあったのだが小沢さんはそうはしなかった。自身の地位よりも民主党政権を続ける事が市民のためになると判断したからだ。こんな事ができるのは小沢さんを置いて他にはない。だからこそ未だに小沢さんの人気は全く衰えないのだろう。小沢神話は今もなお健在だ!!。

PageTop

突然の解散総選挙説から見えるもの

 今年末の消費増税決定が近づくにつれ、突如として解散総選挙の噂が急激に湧き出てきた。新聞によってはあたかも確定事項であるかのように報じている新聞もあるほどである。どうやらGDPの値が当初の想定よりもかなり低い数値になるために増税の延期が現実味を帯びてきたというのが直接の理由ではあるらしい。消費増税については前回の解散前の三党合意なるものが存在するが、それを見直すという事が解散の大義名分だという。
 私は断言しよう。これは「自民党の自民党のための解散でしかない」と。三党合意に関しては消費税を10%に上げることは確かに織り込み済みではあるが、ちゃんと景気条項があり、状況によっては増税の延期もありうる内容となっているのだ。では何のための解散なのか?。ここに自民党のさもしい魂胆が見えてならない。要は「増税を延期してやるから自民党に入れろ」というエサで国民を釣ろうという魂胆がミエミエなのだ。社民党や生活の党、共産党などは一貫して消費増税に反対を続けてきた。そもそも生活の党は消費増税反対を掲げて民主党から離脱してできた党である。今更消費増税延期で人気取りに走る自民党を信じてはならないという事だ。
 民主党の消費増税に対するはっきりとしたスタンスは不明だ。ただ今回の報道は消費増税の話ばかりが取り上げられているが、争点は山のようにある。原発再稼動に私達は断固反対し続けていかなければならない。そして秘密保護法案、集団的自衛権など、日本を貶め民主主義や平和主義を蔑ろにしようとする動きに対しても我々はNOを叩き付けてやらねばなるまい。何でもかんでもやりたい放題の自民党政権にはもううんざりだ!という声をぶつけてやろう。

 そして昨今話題になっている政治と金の問題も忘れてはならない。小渕優子の劇場代肩代わりの問題、松島みどりの公職選挙法違反問題だけではない。宮沢洋一のSMバーの一件、さらには望月環境大臣の事務所費問題。さらに西川農水大臣は詐欺同然の安愚楽牧場から献金を受けていた。加えて長男が顧問を努めていた事も明らかになった。本人が何処まで関知していたかはわからないが広告塔として詐欺の片棒を担ぐ事に利用されていたのではないか、そうした説明が何一つ無い。そのような諸問題が消費増税の話一色で塗り潰されようとしている。こうなれば正に郵政選挙の時と同じではないか。あの時は年金未納問題などもまだまだ冷めやらぬ情勢であったはずだが郵政民営化だけが話題となり、その他の問題は全く議論の俎上に上らなかった。
 全ての市民に言いたい。自民党には入れるな。いくら野党の票が割れたとしても、投票率が80%にもなれば自公の過半数は絶対に不可能なのだ。自民党第1党を崩すのはほぼ不可能かもしれないが、自民200議席前後にまで追い込むことは十分に可能なのだ。そうなれば小沢さんの出番。20年ほど前に細川政権を纏め上げたように民主党や維新の党から社民党までを纏め上げ政権奪取を実現するであろう!!。

PageTop

悲報、松本龍さん次期総選挙不出馬!。残念、そしてありがとう!!。

 民主党は2012年総選挙、そして2013年参議院選挙では多数の落選者を出した。落選した方々は西村智奈美さんのようにそのまま次期総選挙に向けて活動を続ける方もいれば引退を表明した方もいらっしゃる。しかし今後の動向が落選から1年以上経った今でも伝わってこない方も多い。そんな中驚きの知らせが飛び込んできた。

 民主党政権で復興相を務めた松本龍・前衆院議員(63)は21日、事務所を通じて次期衆院選に立候補しない意向を明らかにした。後援会幹部によると、松本氏は19日に支援者らを集めた会合で不出馬を表明。後継指名はしないという。
 松本氏は「(前回衆院選から)1年10か月、様々なことを見て考え、次期の総選挙には出馬しないとの思いに至った」とのコメントを出した。
 松本氏は1990年の衆院選で旧社会党から出馬して初当選し、7期連続で当選。民主党政権で環境相などを経て2011年に復興相に就任したが、東日本大震災の被災地で「知恵を出さないやつは助けない」などと発言したため批判を浴び、辞任。12年の衆院選で福岡1区から出馬し、落選した。
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20141022-OYT1T50022.html



 なお、今年春には田中慶秋さんが引退を表明された。松本さんは1990年社会党から初当選。いわゆる土井チルドレンと呼ばれる一人だ。同期当選には岡崎トミ子さん、輿石東さん、大畠章宏さん、仙谷由人さん、赤松広隆さん、土肥隆一さんなど後の民主党政権で大活躍された方々も多い。再び国会で松本さんが大活躍される日が来るものだろうと思っていただけに残念な思いがした。
 しかし本人談によると政界から完全引退したわけではなく、これまで通り事務所は引き続き開設していくらしい。そしてこれはどこまでが真相なのか定かではないが、次期衆議院福岡第一区からは出馬しないと述べただけであるという説もある。つまり比例単独候補で出てくる可能性などまで完全に消えたわけではないという事らしい。それとも2016年の参院選や2020年までに行われるさらに次の総選挙での復帰を狙っているという事なのだろうか。松本さんは現在63歳、まだまだ再登場する可能性は十分にある。国政復帰という形だけでなくとも私たち市民のためにまだまだ頑張って下さいというエールを送りたいものである。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。