新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ハピネスチャージプリキュア最終回、10年を振り返る

 毎年この時期になると決まって言う事だが、1年間放送されたハピネスチャージプリキュアが最終回を迎えた。内容うんぬんは他のブログで言及する人が何十人といるので、人とは違った側面から10年を振り返ってみよう。今回は登場人物の役割と構成という面を考えてみたい。

 今作は前作と違って各プリキュア一人一人に元締が付いているというパターンではなかった。この方式はプリキュア5とGoGo(第4作&第5作)、フレッシュ(第6作)、スイート(第8作)、スマイル(第9作)で見られた。それ以外の話は逆に一人一人にそれぞれ元締が配置されるというパターンで、この場合は元締がいっしょでなければ変身できないというケースが多かった。元締に着目すれば、今回は主人公と同居する元締がいない。これはシリーズ全体でも今までになかったパターンだ。リボンとグラさんの2匹?が登場するが、どちらも主役ではないキャラクターと生活を共にしていた。

 そしてレギュラー人物の立ち位置について、プリキュアが最も影響を受けたとされる、同じ朝日放送の必殺シリーズとも比較しながら見ていこう。
 今回は主人公チーム以外にもプリキュアが登場(ただし行動エリアは異なる)した。加えて当初はキュアフォーチュンがラブリー達とは接点がなく完全に別行動をとっていたが、途中で主人公サイドの一員となった。このシナリオはどこかで見たな…と思ったら、必殺商売人、新必殺仕事人、必殺仕事人Ⅴ激闘編でこれに近いものがある。もっともこのどれらも元々別陣営だったものが初回の1話の時点で手を組むというというものではあったが。

 さらに今作の特徴として、最初に変身したのが主役ではないことも挙げられるだろう。先に登場していたキュアプリンセスにラブリーが合流する形であった。さらに言えば登場は後だったもののキュアハニーも作品上の時系列ではラブリーよりも先に活動していた事になっている。過去10作では二人同時もしくは主役が1話で変身し、その後他のメンバーが新たに登場というパターンしかなかった。さて同じく必殺シリーズに話を拡げてみると、必殺仕切人がこのパターンと言えるだろう。主役の京マチ子(お国)は元々裏家業の者ではなかったが、成り行きによって仕切人チームに合流するというストーリー。新必殺仕置人においても中村主水が鉄のチームに加わるという形ではあったが、こちらは主役が誰なのか解釈が分かれる上に以前のメンバーとの再会という意味合いもあるため、どちらかというと先に述べた例の方が近いだろうか。

 さて明日からGoプリンセスプリキュアが放送開始。どのような話になるのだろうか?。

スポンサーサイト

PageTop

民主党新代表に求められるもの

 年末に行われた第47回衆議院総選挙、民主党は議席をいくらか増やしたもののとても党勢回復と呼べるようなものではなく、さらに海江田党首が落選という憂き目に。自公の3分の2は相変わらず続いたままで、ファシズム政権に対抗する力学という点において、自公の議席を削ることが出来なかったという点においては完敗と言っていい。結局減ったのは殆ど相手にされていない次世代の党と、どっちつかずな立ち位置のまま空中分解したみんなの党の分が野党内で再分配されたに過ぎないのだ。

 海江田さんの後任を選ぶための代表選がもうすぐ行われる。いま民主党に求められているもの。それは自民党に対する確かな対抗策を打ち出すことに尽きる。集団的自衛権や原発再稼動などにおいてはしっかりと反対の姿勢を示してもらいたい。自称アベノミクスなるアホノミクスという愚策に対しては、2013年の参院選では「くらしを守る力になる」と訴えてきたし、総選挙では「豊かな中間層を復活させる」と明確な反対のビジョンを打ち出してきた。そうした方向は間違ってはいない。しかしそこから更に先に進むためには自民党とは違うのだという点をより具体的に示す必要があるだろう。
 最も対案の示しやすいのは増税の問題だろうか。自民党は相変わらず庶民切捨て大企業富裕層優遇の税制を強行しようとしている。そこで富裕層や大企業への締め付け強化を行う具体案を示せれば、市民の注目は一気に集まるだろう。
 集団的自衛権などに対しても明確な反対の姿勢を示す。そうして世論を二分する問題の対立軸を作る事が、自民党を追い落とし政権交代を実現させるための最も大きな近道なのではないだろうか?

 今回の代表選、岡田さん、細野さん、長妻さんらの三名によって争われますが、自民党との対立軸を示すという面において、リベラルの結集を掲げる長妻さんを推したいと思います。


1月3日、カウンターによれば5700人越えたようです。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。