新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

大阪都構想否決は今後の政治を前進させる起爆剤

 先週17日に行われた大阪都構想住民構想は同道の否決という決着で、橋下市長は任期満了での引退を表明した。皆さんお分かりだろうと思うが、今回の住民投票勝利で得られた利益、これはもはや大阪だけの問題ではない。
 都構想自体は大阪維新以外、自民党も含めた全党が反対していた。しかしファシスト安倍晋三は橋下の応援に立ち寄るなど、憲法改悪に橋下を引き込みたいという姿勢がありありと見えた。自民党としては中央ではあまり触れようとはしなかった印象だが、大阪府連としては断固反対で何と共産党との合同演説会まで開かれた。辻元清美さんが自民党の街宣車の上で演説するなど他では絶対に見られない光景も出てきた。それだけに安倍にすれば面目丸潰れといったところか。

 橋下のイメージが大きいためか維新の党全体として、党としての確固としたイメージというものが、私にはこれまで今一つわからなかった。維新が生き残るためには「橋下を切れ」と前にどこかで書いたような気がする。党代表であった江田憲司と橋下は必ずしも政治の方向性としては一致していない。何より安倍に擦り寄る橋下に対して自民党との対決姿勢を打ち出しているのが江田という印象であったからだ。そしてこれは代表だけでなく党所属議員もそう。2014年末の選挙ではメンバーの入れ代わりが多かったが、初鹿明博さん、牧義夫さん、太田和美さん、松木謙公さん、木内孝胤さんなどなど、元々自民党と戦ってきたリベラル派が維新の議員となっている。橋下の退場でこうした面々の声が大きくなるであろうし、それにより自民党との対決姿勢もより鮮明になる。それは我々国民にとって大きなプラス材料となる。維新が自民との対決政党との姿勢を打ち出すことで、参議院で改憲勢力3分の2を阻止できるのだ。加えて民主党との選挙協力も前回よりスムーズになるだろう。
 次の総選挙で自公過半数割れのお膳立ては着実に進む。それが来年なのか2年以上後なのかは全く分からないが、私たちにとって大きな一歩となる、そんな可能性を秘めた今回の一件であった。

スポンサーサイト

PageTop

大阪都構想住民投票、絶対に反対を!!



 上の映像は民主党大阪府連が制作・放送しているテレビCMである。これほど異常な話はない。大阪維新以外、全ての党派が反対を掲げて声を挙げている。都構想反対イベントで自民党と共産党との合同演説会なんてものまで開かれるほどなのである。他の案件ではこんな事は絶対に起こりえないであろう。それほどに都構想とは異常なものなのである。
 府と市の二重行政などというもっともらしい事を橋下は言うが、これもまやかしだ。日本には47の都道府県があるのだ。もしそれが大きな問題であるならば、唯一特別区が存在する東京を除いた46全ての都道府県が同じ事を主張しなければおかしい。どの県にも県庁と県庁所在地の市役所は存在する。つまりこれは大阪だけが特異な状況に置かれているわけではないということなのだ。現に大阪よりも人口が多い横浜市・神奈川県でも都構想のような話は全く出てこないのだ。仮に大阪で二重行政によるコストの無駄が突出して大きいのであれば、それは制度の問題ではなく単に府庁と市役所それぞれの行政運営が下手糞なだけなのである。

 威信が今後生き残るための提言を一つ。それは橋下を追放することに尽きる。国政の維新の党と大阪地方議会の団体である大阪維新の会との関係性は今ひとつわかりにくいが、国政で言えば、前回の選挙でかなりリベラル寄りの人物が維新から当選していることもあって、自民党との対決色はより強くなったと言える。
 明日17日は都構想の住民投票がある。大阪市の皆さん、都構想に反対を投じて粉砕だ!!。

PageTop

土井たか子さんと伝説のジャーナリスト、奇跡の共演!!


Watch doijininn n23 in ニュース | View More Free Videos Online at Veoh.com

 これは2003年の総選挙後、土井さんが社民党党首を辞任した際のもの。選挙では「ガンコに平和」というスローガンで訴え続けてきたそうだ。有権者にこれが届かなかったのだろうかと筑紫さんは問いかけるが、それでも憲法9条が変えられてしまったらという話をすれば有権者は真剣な顔で土井さんの話に聞き入ったそうだ。
 一方2015年の今はどうだろうか?。集団的自衛権の閣議決定で9条が完全に骨抜きにされつつある上に、これまでの平和の積み重ねを全否定するかのような戦争立法の成立を安倍は目論んでいる。特にアメリカでの演説は酷すぎる。これは民主党の議員も仰っているが、国会でまだ議論も始まる前から戦争法案の成立を既成事実であるかのように言い放ったのだ。民主党はこれを国会軽視と批判するが、もはやそんなレベルの話ではない。安倍の頭の中には日本の侵略国家としての罪やあの戦争で敗戦国となった自覚など微塵もないのだろう。あるのは金正日やヒトラーのような独裁者としての自身の姿だけなのだろうか!!。
 絶対に戦争法案を通してはならない!!!。

 それにしても只々残念なのはこのVTRに登場するお二人がもうこの世に存在しないということ。もし筑紫さんが生きておられたなら、現在の右傾化、ヘイトスピーチ、侵略戦争の正当化、そして憲法改悪について何と仰るのだろう?。筑紫さんは2008年に亡くなられており、早いものでもう7年近くにもなる。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。