新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

12.16日本人が負けた日 第3回 ―青森・郡山市長選は民意再興の第一歩―

 昨日4月14日、青森市と郡山市で市長選が行われた。青森市では無所属の現職市長が勝利、郡山市では自公推薦の現職候補が新人に敗北する結果となった。

自公:青森と郡山の2市長選で敗北 アベノミクス支持限定
毎日新聞 2013年04月15日 11時59分(最終更新 04月15日 13時02分)

 14日投開票された青森市長選と福島県郡山市長選で、自民、公明が県連や支部レベルで推薦する候補者が敗れた。青森市長選では候補者擁立過程で自民党県連内が混乱したのが一要因。郡山市長選では東京電力福島第1原発事故後の復興と除染の現状に対する不満から、現職に批判票が集まった。高支持率が続く自公政権だが、市民生活に直結する地方選で「アベノミクス効果」は限定的だったとみられる。

 青森市長選では、自公が推薦する無所属新人で前青森県副知事の蝦名武氏(67)が、無所属現職の鹿内博氏(65)に約2万票差で敗れた。自民は蝦名氏と県議、前市議会議長の3人の中から1月に蝦名氏に絞ったが、市議の多くは蝦名氏と距離があり、一枚岩の態勢にならなかった。

 敗因として蝦名氏は「知名度と時間がなかった」と話し、自民党の山崎力参院議員(青森選挙区)は「TPP(環太平洋パートナーシップ協定)で農家の反発があるのかもしれない」と指摘した。

 一方、原発事故後、初となる郡山市長選は3選を目指す無所属現職の原正夫氏(69)=自公支部推薦=と、無所属新人で団体理事の品川万里氏(68)による前回09年と同じ顔ぶれになり、原氏は約7600票差で破れた。原氏は県議や市議の大半の支援を受け、地元出身の根本匠復興相との密接ぶりを強調。安倍晋三政権の人気を追い風にしようとしたが、組織が空回りした。初当選を果たした品川氏は15日午前に記者会見し「迅速な除染方針を打ち立てたい」と語った。【酒造唯、藤原章生】


 思えば自民党は選挙前にはTPPに慎重論を唱えていたが、年があけてみればTPP参加があたかも規定路線のような事ばかり言っている。消費税も物価上昇が前提と言ってはいたが、円安による物価操作で物価上昇は達成したと言い張るのは目に見えている。またも国民生活は切り捨てられるのだ。そこへ今回の市長選の結果。自民候補に当選を許さなかった日本人の民意はまだまだ捨てたものではない。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。