新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

驚天動地!?平岡さん参院補選まさかの落選!

 ブログをリニューアル。リニューアルとは言ってもタイトル名の変更と毎回のサブタイトルフォーマットの変更ぐらい。それから最新記事の表示数を5から8へと増加。そして今回から記事のタイトルはドキドキ!プリキュアのサブタイトル風に。

 まずこの1週間で、なんとバタヤンこと田端義夫が亡くなっていた事が明らかになった。何年か前はまだNHKなどのスペシャル番組に出演しており2000年代に入っても新曲を発売していたが、94歳でついにお亡くなりに。戦前デビューの歌手で現在も存命の人物は菅原都々子ぐらいだろうか。二葉あき子も10年ほど前に引退していたが2011年に亡くなっている。

 さて本題に。4/28に行われた参議院山口補選では民主党候補(民主党の公認ではなく推薦のため無所属)である平岡秀夫さんが自民党の新人に大敗という信じられない事態が起きた。平岡さんは結成当初の旧民主党時代から活動してこられた。もっとも旧民主党での1996年総選挙では新進党候補者に敗北したが、2000年以降連続当選を続けてきており実績としては申し分ないはずだった。
 今回の敗因は何だろうか?。一つは投票率の低さだ。補選の投票率は毎回押し並べて低い傾向にあるが今回は38%しかなかった。これは国政選挙(補選含む)では史上二番目に低い数字だそうである。となると自民党の組織票の比率が相対的にはかなり大きなものになった事が予想される。もう一つは野党共闘が十分にアピールされたかどうかという疑問だ。小沢さんが4月1日のぶらさがり取材で
『野党がまとまるのであれば無所属でも一向に構わないと思う。ただ山口の場合もまとまらないのでしょ。民主党のただその時の便法みたいな形で、形だけ無所属にするから乗れ、ということではなかなかほかの野党も、はいそうですか、というわけにはいかなくなるので、やはり本当に協力するという真摯な姿勢でやらないといけないだろうと思う。』
と述べている。今回の山口補選で社民党・生活の党・みんなの党が平岡さんの応援に入ったという話を聞かない。マスコミがいつものように隠しているだけかもしれないが、そういった部分を国民の目に入りやすい形でアピールしていく事が夏の参院選での最重要課題となるだろう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。