新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

民主党の成果!労働基準関係情報メール窓口開設!

 これは最新の情報ではなく、2011年秋から開始されていたもの。

賃金不払残業(サービス残業)などの情報提供メールを24時間受け付けます!
~「労働基準関係情報メール窓口」を11月に開設~

1 労働基準監督署が労働時間や賃金の問題について監督指導すべき事業場を的確に把握し、適切な指導を行うためには、労働者やご家族の方などから多くの情報を得ることが大変重要になっています。このため、厚生労働省では24時間受付が可能なメール窓口(「労働基準関係情報メール窓口」)を設けます。

2 「労働基準関係情報メール窓口」では、職場での長時間労働、賃金不払残業(サービス残業)をはじめとする労働基準法などに関係する問題がある場合に、電子メールで情報を受け付けます。受け付けた情報は、関係する労働基準監督署へ情報提供し、監督指導業務の参考として、役立てます。

3 また、厚生労働省では、11月を「労働時間適正化キャンペーン」期間とし、長時間労働やこれに伴う問題を解消するための取り組みを集中的に実施しますが、これに合わせて、「労働基準関係情報メール窓口」で職場の労働時間に関する情報を重点的に受け付けます。

~労働基準関係情報メール窓口~
実施時期:平成23年11月1日(火)から
URL:http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/mail_madoguchi.html


 あくまで情報提供という形であるが、こうした動きが進んでいる事は確実な前進と言えるだろう。また氏名等を記入する必要はなく、匿名での情報提供が可能だ。投稿できる内容は労働基準法やそれに関係する最低賃金法、労働安全衛生法など。また情報を元に企業を調査する場合にも、メールの内容まで明らかにしてよいかそれともメールが届いている事実だけを伝えるに留めてもらいたいのかも指定する事が可能となっている。ここに寄せられる情報だけですぐに事態が改善するわけではないだろうが、労働者の声を草の根的に集結するためには良い方法だ。
 この件は厚生労働省が直接管轄しているのであるが、役所へ求めたいのはしっかりと国民の助けの声が労働局や労基署へと届くようにする事、そして労基署がしっかりと腰を上げて動くような環境を作っていく事、その2点。労働被害に遭っている人間が一人だけではなくより大勢が情報を寄せれば話題も大きくなり労基署も黙殺しにくくなるはずだ。今こそ労働者の団結の時だ!。


国会議員の一覧を更新。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。