新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

頼れるベテランが続々!!野党の参議院候補者に期待大。

 5月ももう下旬、7月下旬の参議院選挙までは残り2ヶ月をきったところ。今回の参議院選挙の話題でいつもと明らかかに違う傾向が。今回は与野党問わずタレント候補の話題が全く出てこない。前回は確か野球の堀内恒夫や中畑清、石井浩郎、歌手の敏いとう・岡崎友紀、体操の池谷、柔道の谷亮子などがニュースをにぎわせていたが・・・。一時はタレントの嶋大輔に出馬の噂もあったがどうやら立ち消えになった様子。何かが違う今回の参院選、何としても自公の過半数を阻止し日本再生の第一歩を踏み出せる結果となってほしいところだ。

 さて5月に入り、新たな候補者の情報も。落選中の経験豊かなベテランの出馬が多いのが今回の特徴だろう。生活の党からは山岡さんや三宅さんに続いて東祥三さんも比例区から立候補する事が決まった。また未来の党で落選していた山田正彦さんもみどりの風から比例区での出馬が決まった様子。民主党でも落選中の奥村展三さんや五十嵐文彦さん、さらには円より子さんも比例区から出馬する。堅実路線というならばタレント人気に頼るよりもこうした実力派を並べた方が票に繋がるかもしれない。皆さん大きな実績を残してこられた方々ばかりだ。自然と確かな期待も産まれるというものだろう。

 一方の維新の会は橋下の慰安婦発言でみんなの党との選挙協力がご破算に。自民党との右翼票の分裂で潰し合いをしてくれれば結構。
 それにしても今回ほど投票に迷う選挙はない。特に比例区、社民党の又市さんは今回の改選だし、共産党の小池晃さんも3年ぶりの返り咲きを目指している。民主党・社民党・生活の党・共産党、どこに入れるか迷う有権者もおおいだろう。読者のあなた方はこの4党のどこを支持するだろうか?。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。