新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

参院選!!日本人の底力を見せろ!!!

 ついに参院選投票日。ここでねじれ国会を維持できるかどうかが、自民党の抑止力を維持できるかどうか、憲法を守りぬけるかどうか、日本人の生活を守りぬけるかどうか、国際社会での日本の信頼を維持できるかどうか、日本という国を極右から守り抜けるかどうかが決まる。前回の衆院選では稀に見る低投票率によって自民党の組織票の力が強くなってしまったのだ。とにかく一人でも多くの有権者に投票に行ってほしい。そして自民党には絶対に票を入れないで貰いたい。特に比例区では一人一人の票の力がかなりダイレクトに反映されるのだ。

菅直人さんの声を是非聞いてほしい!!

比例は自民党に投票しない「落選運動」の呼び掛け
 参院選も最終盤に入ってきました。自民党の圧勝が予想されています。このままでは福島原発事故以来「原発ゼロ」を求めた多くの国民の意思が生かされません。そこで、原発ゼロを求めている全国の皆さんに、全国比例区では自民党に投票しない「落選運動」を展開することを呼び掛けます。
 自民党の安倍政権は福島原発事故を忘れたかのように原発推進で暴走しています。安倍政権の原発推進を止めるには、原発ゼロを求める国民が大半だということを投票で示すことが必要です。選挙区選挙は自民党候補が落選しなければ効果が出ませんが、その点、全国比例区選挙では自民党に対する全国民による投票ですから、自民党票の多寡で批判の強さがはっきり出ますし、自民党の議席を減らすこともできます。たとえば、選挙区選挙で自民党が議席の過半数を獲得しても、比例で自民党の票が10%以下と過半数を大きく割り込めば原発推進政策への批判の強さがはっきり出ますし、自民党の比例候補は落選します。安倍政権はたじろぐでしょう。
 比例で自民党に投票しない「落選運動」を呼び掛けます。参院選最終盤ですが、まだ間に合います。かつての韓国の大統領選では、投票前日の若者のメールによって情勢が逆転したといわれています。それがネット選挙のだいご味です。いろいろな主張を持つ人々が協力して、自民党の暴走に歯止めをかけるため「比例では自民党に投票しない」を合言葉に、「落選運動」を繰り広げましょう。


 選挙の争点はいかに憲法を死守するか、脱原発をいかに実現するか、格差をいかに解消するか、いかに社会から競争原理の排除を実現するかにある。小沢さんはかつてこう言った。「私はあちらのお国に例えれば人民解放軍の野戦司令官、解放のための戦いはまだ済んでいない」と。それならば我々は正に人民解放軍日本部隊の民兵なのだと、そういった自覚を持って選挙に臨みたいものである。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。