新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

突然の解散総選挙説から見えるもの

 今年末の消費増税決定が近づくにつれ、突如として解散総選挙の噂が急激に湧き出てきた。新聞によってはあたかも確定事項であるかのように報じている新聞もあるほどである。どうやらGDPの値が当初の想定よりもかなり低い数値になるために増税の延期が現実味を帯びてきたというのが直接の理由ではあるらしい。消費増税については前回の解散前の三党合意なるものが存在するが、それを見直すという事が解散の大義名分だという。
 私は断言しよう。これは「自民党の自民党のための解散でしかない」と。三党合意に関しては消費税を10%に上げることは確かに織り込み済みではあるが、ちゃんと景気条項があり、状況によっては増税の延期もありうる内容となっているのだ。では何のための解散なのか?。ここに自民党のさもしい魂胆が見えてならない。要は「増税を延期してやるから自民党に入れろ」というエサで国民を釣ろうという魂胆がミエミエなのだ。社民党や生活の党、共産党などは一貫して消費増税に反対を続けてきた。そもそも生活の党は消費増税反対を掲げて民主党から離脱してできた党である。今更消費増税延期で人気取りに走る自民党を信じてはならないという事だ。
 民主党の消費増税に対するはっきりとしたスタンスは不明だ。ただ今回の報道は消費増税の話ばかりが取り上げられているが、争点は山のようにある。原発再稼動に私達は断固反対し続けていかなければならない。そして秘密保護法案、集団的自衛権など、日本を貶め民主主義や平和主義を蔑ろにしようとする動きに対しても我々はNOを叩き付けてやらねばなるまい。何でもかんでもやりたい放題の自民党政権にはもううんざりだ!という声をぶつけてやろう。

 そして昨今話題になっている政治と金の問題も忘れてはならない。小渕優子の劇場代肩代わりの問題、松島みどりの公職選挙法違反問題だけではない。宮沢洋一のSMバーの一件、さらには望月環境大臣の事務所費問題。さらに西川農水大臣は詐欺同然の安愚楽牧場から献金を受けていた。加えて長男が顧問を努めていた事も明らかになった。本人が何処まで関知していたかはわからないが広告塔として詐欺の片棒を担ぐ事に利用されていたのではないか、そうした説明が何一つ無い。そのような諸問題が消費増税の話一色で塗り潰されようとしている。こうなれば正に郵政選挙の時と同じではないか。あの時は年金未納問題などもまだまだ冷めやらぬ情勢であったはずだが郵政民営化だけが話題となり、その他の問題は全く議論の俎上に上らなかった。
 全ての市民に言いたい。自民党には入れるな。いくら野党の票が割れたとしても、投票率が80%にもなれば自公の過半数は絶対に不可能なのだ。自民党第1党を崩すのはほぼ不可能かもしれないが、自民200議席前後にまで追い込むことは十分に可能なのだ。そうなれば小沢さんの出番。20年ほど前に細川政権を纏め上げたように民主党や維新の党から社民党までを纏め上げ政権奪取を実現するであろう!!。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。