新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

遅かった異例の紅白曲目&曲順発表も期待感なし

 先日の衆院選、民主党と共産党は議席を増やしたものの、自公の3分の2は変わらず。自民党はわずかに議席を減らしたが史上最低の低投票率によって公明党が議席を更に上積みしたため全く自公政権への打撃にはならず。だがしかし長期政権にもなると言われる安倍政権に対して、私たちの戦いは何ら止まる事なく続いていくのである。今後の戦いについてはまた別の投稿で。


 さて紅白、曲目発表が異例の遅さだと心配していたが、何と曲順も合わせての同時発表。

一覧(PDF)はこちら

 大トリが何と松田聖子で、白組のトリは嵐だというではないか。もはや紅白に何を期待しろというのか。大トリ最有力かと予想していた五木ひろしの歌唱曲はよこはま・たそがれ。作詞家の山口洋子が亡くなったためその追悼という事であろう。山口作詞の曲は他にも結構あるのだが、やはりこれが最も知られているという事だろうか。ただし大トリ向きの曲ではない。森進一は1968年に発売された年上の女。実は紅白では初めて。1968年は森進一の初出場の年だが、この年は花と蝶がヒットしており、当時歌われたのはそちらで、40年後の2008年にも歌われている。1年にヒット曲が2つ以上ある場合は必然的に歌われない曲が出てくるわけで、昔の唄ながら初めて歌われるという点では、おふくろさんや襟裳岬とは違った新鮮さは感じられるだろう。
 気になるのは坂本冬美と香西かおり。坂本の歌唱曲は2年続けて男の火祭り。ただ今年は新曲が発売されなかったので、ロングヒットを続けたこの曲が歌われるのも不思議はない。一方の香西は3年続けて酒のやど。確かに近年発売された曲の中では売上げは高い。しかし昨年・今年と新曲をコンスタントに発表し続けているのだから新しい曲でいいのではないかと思うのだが。川中美幸が2年連続二輪草を歌ってそのまま紅白から姿を消したままだ。香西も同じ道を辿るのではないかと心配になってきた。

 それから石川さゆり。2007年以降、天城越えと津軽海峡冬景色の繰り返しがひたすら続く。新曲を歌わせてやってほしい。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。