新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

警視庁の機動隊動員で混迷を極める辺野古

 アベ政治の暴走が止まらない。戦争法をルール無視の強行採決で可決した安倍内閣は、今度は辺野古新基地建設にその魔の手を伸ばしている。山城博治さんをはじめとした市民らの抑圧のため、なんと警視庁の機動隊を長期間派遣しているのだ。
 沖縄の現地の声によると、警視庁の人間は冷たい目をしているとのこと。地元沖縄の警察であれば、基地建設反対の民意は痛いほど感じながらも仕事だから仕方ないという葛藤もあるだろう。しかしそうした沖縄の感覚がわからない警視庁の対応は冷たいのだそうだ。この映像を見てほしい。


 11月16日の抗議の風景。途中で信じられないことが起きる。そこにはなんと国会議員まで平気で引き摺っていく機動隊の姿が見える。被害に遭ったのは参議院議員の糸数さん。沖縄の基地建設反対の民意を受けて当選した方で、自民圧勝の2013年の選挙でも1人区を死守した方だ。この風景はアベ政治が、どれほど国民が声を挙げようともその声を聞く耳を持たないという事を見事に象徴している。

 そしてもう一つ。市民を弾圧しにやってきた警視庁の機動隊は何と高級ホテルであるカヌチャホテルに泊まっているのだそうだ。その費用は何処から出ているのか?。もちろん私たちの税金である。なぜ奴らにこんな贅沢をさせなくてはならないのか?。最低限の宿泊費用を出すのは仕方ないにしても、せめてその差額は隊員に自腹で払わせるぐらいの事をさせるべきではないか?。山城さん達は今日もテントで寝泊りしているのだ。本当に頭が下がる思いであるのと同時に、警視庁も米軍の敷地内でテントでも張って泊まれよと言いたいぐらいだ。

 この一軒でホテルカヌチャは沖縄の恥となるだろう。地元市民らからの反発は大きいがそれで今後やっていけるのだろうか?。おそらくそれは茨の道であろう。これだけの市民らの怒りをこのホテルは正面から受け止める覚悟と度胸はあるのか。今からでも遅くはない。カヌチャホテルは警視庁との契約打ち切りを検討せよ!!。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。