新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

何と言えばいいのか全く分からない紅白

 http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_1511262030.pdf
↑今年2015年の紅白の出場者が上のPDFから確認できる。さて今年は司会者と出場者の同日発表という異例の展開となった。で出演者の方はというと…。
 何ともコメントのしようがない。初出場も聞いたことも無いような大原櫻子、ゲスの極み乙女、星野源、Us…何者だろうか?。乃木坂48は名前ぐらいは知ってはいるがほかのSKE48などとどう違うのか、少なくとも全く区別がつかない。一方AKBは傘下のグループが幾つか落選、まあ妥当なところ。BUMP OF CHICKENも初登場だというが、すでに過去の人になったような印象。
 驚いたのはジャニーズの近藤雅彦の登場。一体ジャニーズだけで何組いるのか?。V6は去年だけかと思いきや今年も登場。メンバーが司会に選ばれておりその流れでの出場だろうが、司会だけというわけにはいかないのだろうか?。もしくは他のグループに退場してもらうとか。あまりにジャニーズが多く、その煽りで落選した者もいるのだろう。もう少し公平性が求められるところだ。

 一方演歌では香西かおりが落選。去年までは3年連続同じ歌、近年の紅白は同じ歌を連続で歌うと落選するというジンクスでもあるのか!?。ただ2000年代では落選後何年かしてまた再登場を繰り返しているのでまたの再登場もあるのだろう。その一方で島津亜矢が2001年以来の再登場、14年ぶり2回目。将来的には赤組の大トリ候補として育てていくのであれば楽しみである。
 白組では若手の福田こうへいが落選。事務所移籍騒動が影響したという説が濃厚。その一方で山内惠介と三山ひろしが初登場。三山は去年も出場なるかといわれていたが選ばれず今年遂に初登場。山内も最近まで知らなかったが、こちらは2001年デビューで氷川きよしと芸暦はそれほど変わらないらしい。下積みが長かったという事になるがこの先連続出場の地位を勝ち取っていけるか。若手といえば頭一つ抜き出ているのは北山たけしじゃないかと思うのだが、紅白返り咲きはいつ頃になるのだろう?。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。