新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

年末に急転直下の慰安婦問題

 年の暮れの迫った12月28日、突如として岸田外務大臣が訪韓。そして慰安婦問題について韓国政府と解決の合意をしたそうである。詳細な内容は皆さんで検索して調べて見ればいいのでここでは割愛。
 さて政府同士では大筋で合意したとの事であるが、韓国の世論は大変混乱状態にあるそうだ。慰安婦問題の解決はかねてより韓国が求めてきた事ではあるが、なぜこれほどの騒動になっているのか、そしてなぜ直接の被害者であるハルモニは憤慨しているのであろう?。その理由は、ひとえに被害者を完全に飛び越えて進められた事にある。被害者たちは何を求めてきたのか。それは慰安婦問題における日本国の法的責任を認めなければならないという事に尽きる。今回の合意では、確かに日本政府から10億の支払いが行われるという。村山内閣で進められたアジア女性基金は民間から出資させた事が原因で韓国国民やハルモニ達の理解を得られず失敗に終わった。そうした意味において日本の予算から支払いが行われるという点においては前進と言えるのだろう。しかしそれは国家賠償ではないのだと言い、韓国政府が財団を設立するための出資を日本が行うのだそうだ。なぜ日本政府が被害者たちへの賠償を直接支払わないのだろうか?。ハルモニ達は金額の多寡を問題にしているのではないのだ。同じ10億でもその位置づけによってその意味合いは全く違うものとなるのである。なのになぜ日本は法的責任を認め国家賠償しないのか。右翼の歪んだ歴史認識はもううんざりだ!!。日本政府は全面的に国の責任を認めろ!!。

紅白の最新情報
http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_151229.pdf
https://web.archive.org/web/20151231071851/http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_151229.pdf

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。