新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

21世紀の黒船、民主党と維新の党が遂に合流へ!!

 2月末、民主党と維新の党との合流が正式決定。ネットでは新党名を公募するなど具体的な動きが急加速中。民主党は1996年の総選挙前に、新たな政治の可能性を追求する60名近くの議員によって結党された。今年はそれからちょうど20年の節目を迎える年だ(結党は9月なので正確には20年には半年ほど届いてはいないが)。それから20年、民主党は民政党や新党友愛などとの合流を経て野党第1党へ。そして小沢さん率いる自由党とも合流し、その都度日本の政治に大きな足跡を残してきた。そして名実共に自民党に変わって政権交代を担える政党へと成長した。途中郵政選挙など不運な出来事もあったが遂には政権交代を果たし、私たちに政治の可能性と希望というものを示してくださった。

 政権交代後の衆院選で大敗しつつもその後の勢力回復はほぼ足踏み状態で現在に至っている。はっきり言って今の政治の状況は異常だ。安倍政権はこれまで自民党ですら憲法違反の可能性が高いと手を付けてこなかった集団的自衛権を容認する方向へ急旋回し、左右のイデオロギー問わず反対や疑問の声が高まっていた戦争法案を数の力だけで強行採決させた。そしてその次には立憲主義の根本を否定するような形での憲法改悪を強行しようと目論んでいる。
 一方の野党はそんな異常な政権に対し政権打倒の有効打を全く見出せないような状況が続いていた。しかしそれもこれまでだ。維新の党が民主党に合流。これは日本政治史における正に黒船来航にも匹敵する出来事になりうるのではないか。単に合流するだけではなく党名も変更する。確かに20年で定着した民主党の名前が変わるのは非常に名残惜しいし寂しいものがある。だが党名を変える事によるインパクトが安倍政権を打破する大きな力になるのであればそれもありだろう。新党名に部分的に民主の名前を残すのか残さないのかという部分がまだ纏まらないようであるが、あえて何も言うまい。もし民主の名前が消えるというなら、私たちはその消えゆく名前に最大限の敬意と感謝の念をもって見送ろう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。