新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

瀬戸際の紅白歌合戦

 先月末、今年の紅白歌合戦の出場者が発表。

出場者発表時点での一覧はこちら→https://web.archive.org/web/20161124052745/http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_2016_01.pdf

 コレを見て思ったのは、紅白らしさって何だろうかって事。最大の注目だったSMAPはやはり出場できるような状態ではなかったらしい。でその穴埋め(?)なのか何とKINKIKIDSまで登場というのはガッカリ。別に出てきてもいいのだが、ジャニーズは一体何枠まで増えるつもりか。2009年には2枠制限が崩れ嵐が登場。そのあたりはまだいいとして、間ジャニが出てきたかと思いきやV6まで出てくる。NHKの番組で目立った活躍があったとか、たまたま何周年かで登場ならいいが、その後も連続で登場し続けている。せめてジャニーズは毎年入れ替わりで色々なグループが登場するぐらいに留めてもらいたい。さらに言えば桐谷健太もジャニーズだと言う説も。ジャニーズ以外の若手ではEXILEが以外にも不出場、そして徳永英明と美輪明宏が地味に不出場に。

 しかし最大の驚きはなんと言っても細川たかしの紅白卒業宣言と和田アキ子の落選。和田は80年代にも不出場の時期があったが、また返り咲きなどはあるだろうか・・・。落選者を見ると、藤あや子と伍代夏子が落選。伍代は2002年の演歌枠減少で一旦紅白から去るものの、2006年に復活し10年間連続出場を続けた。一方で香西かおりが復帰。近年は藤あや子と合わせて出場・不出場を繰り返しているポジションなので、別に卒業したわけではなさそう。
 若手メンバーで見ると、昨年出てきた島津亜矢、三山ひろしや山内恵介などは連続出場が実現、昨年不出場の福田こうへいも事務所騒動が解決し再登場。そして新たに市川由紀乃が初登場。デビューは1993年なので若手というほどの経歴ではないが、紅白にとっては新しい顔ぶれである。そう言えば瀬川瑛子や冠二郎もデビューからかなり年月がたっての紅白初登場であった。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。