新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

さあ紅白…

 2016年も今日で最期、12月31日と言えばもちろん紅白。色々と言いたい事はあるが、まずは前回の更新以降に決定した歌唱曲と曲順をご覧頂こう。PDFファイルの最終版のリンクを貼っておきます。

https://web.archive.org/web/20161231080456/http://www.nhk.or.jp/kouhaku/artists/pdf/artists_2016_04.pdf

 歌唱曲がなんだか微妙。2年ぶりの返り咲きとなった香西と福田。香西かおりは今年は新曲「秋恋歌」のヒットによる返り咲きと思うのだが、歌唱曲は1997年の曲。しかも真田丸スペシャルVer.と付けられているものの、真田丸とこの曲の繋がりが不明だ。ただ曲自体は紅白では初めて歌われる曲。一方福田こうへいは落選前の2014年と同じく東京五輪音頭。今年のヒット曲もあったはずだが…。同じ若手である山内恵介や三山ひろしは今年のヒット曲、なんだか扱いの差が気になってしまう。ちなみに昨年は伍代夏子(本年は落選)の歌唱曲が東京五輪音頭だった。天童よしみと氷川きよしはそこまで昔の曲ではないもののどういうわけか2000年代前半の代表曲で、それぞれ紅白では2回目となる。氷川は「みれん心」が1年かけて例年以上に長く大きなヒットになっているのだが…。水森かおりは安定して新曲を披露。演歌以外ではTOKIOが近年少し前の歌を2回目3回目で歌う例が目立ち始めてきたようだ。石川さゆりはパターン通りで「天城越え」。本当にたまには違う曲を歌わせたらどうか。ただ今回は赤組のトリという事もあって、例年以上に力の入ったものになればと思う。

 さて問題は大トリ。なぜ嵐なのか。紅白の大トリらしさが全く感じられない出番になる事が高いと私は危惧するのである。最近はSMAPの大トリが目立ったが、大トリらしい演出がないのである。イントロに被せるような司会者の渾身の曲紹介、そして歌い終わった後の重厚なオーケストラによる独特のエンディング…それこそが紅白に求められるものである。それを最も体現した大トリには、1996年の風雪ながれ旅が挙げられるだろう。また大トリについて考える上で参考になるのが2002年。五木ひろしの「おふくろの子守歌」である。この曲はCD音源から考えるとそれほど重厚なものではなく、大トリの重責に耐えられるかという感想を持つ者もいるだろう。しかしイントロから演出を凝らし、違和感なく大トリにふさわしいアレンジとなった曲に感嘆を飲むのである。
 もし普通通りに嵐が大トリで歌うだけなら、それはもはや大トリではない。ただ単に順番が最後だけという以外の意味を持たなくなる。それでいいのだろうか。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。