新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

沖縄米軍基地移設問題こそが、マスコミの異様さの象徴!

 2ヶ月ぶりの更新。その間世の中色々な動きがありましたねぇ。しかしそのどれもこれも報道が明らかに偏っており、多くの国民はその真価を知らないと思われる。今日取り上げる普天間基地の移設、それに絡む徳之島の反応が当にそれだ。
 そもそもあちらの方々は一体何に反対しているのか?。住民も馬鹿ではあるまい。物事には本音と建前というものがあることは承知の事実。しかし基地移設反対運動にはそのどちらも見て取る事ができない。最も大きいのは騒音問題ではないかととれるような報道もあった。しかし空港の近隣ではそれは極当たり前のように起こるものだ。今の日本には100近い数の空港があり、それだけ騒音問題も存在する。しかし、近隣の住民が今回のような大々的な反対運動を行っているという話を一向に聞かない。また米兵による犯罪増加を理由に挙げる者もいる。ただこれは米兵だけに限らず、人口が増えるという事は事件の数も自然と増えるというのが世の常ではないか。東京23区と佐渡島ではどちらの方が事件が多いだろう。おわかりですね。米軍基地による経済効果も無視出来ない。殆ど観光産業以外に何もない島々の事だから、そういった面からも賛否の論議を行った方が住民のためにもなると思うのだが。
 それとも単に兵隊や軍が嫌だという趣味左翼的思想が蔓延しているだけというならもはやお笑いだ。反対集会でもそんな感じの演説ばかりが報じられている。若者がそのような事を声高に叫んでいるが、あれでは国民の共感を得るどころか逆に反感を買うだけだ、わははは。日本のすぐ隣には北朝鮮という直接的な脅威が存在しているのに。その背後には中国と言う大国もいる。それらを無視したところで行われる基地移設反対運動には興ざめるばかりだ。

 勿論、島民の中にも真っ当な良識・常識ある人々もいるそうだ。しかしマスコミはそれを全く無視して報じない。マスコミの偏向ぶりは一連の民主党への徹底した批判報道で今更文句を言う事ではないが。しかしマスコミはこの国をどうしたいんだ?。ネットを中心に民主党を売国奴扱いする輩が多いが、この国を滅ぼすのはマスコミそのものと言っていい。しかし日本が滅びる前にマスコミの方が先につぶれるだろう。
 ちなみに今回の反対集会に集まった人数は全て主催者発表のみ。普通なら警察発表の人数も同時に出てくるはずなんだけれど。何か意図的なものを感じるなぁ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。