新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

普天間基地問題が鳩山総理のORで見事解決!、しかし世論は異様!!

 鳩山総理はかねてより5月末までに決着と繰り返した。米軍の普天間基地移設問題である。一つ感じたのは鳩山総理は事前に辺野古への移設を落とし所として決めていたのではないかという事だ。総理自身が5月末までに決着をと発言した後の総理の言動には焦りや危機感というものは見られず、むしろ何処かしら余裕さえ感じられた。

 普天間基地がなぜ特別問題視されているか、それは普天間基地が米軍によって日本の合意なく建設されたためという事と、市街地の中にあって住民に対する危険性という事もあるだろう。であるからその普天間基地をまず別の場所へ移設する事が当面の課題となる。確かに辺野古への移設という事は自民党の橋本総理の頃に出た話なので、それを実行したというのは鳩山内閣の大きな成果とは言い難い一面はある。
 しかしこの一連の騒動の中、我々はいかにマスコミの報道がゆがんでいるか、国民が正しい情報に接する事ができないのかという問題を白日の下に晒してくれた。鳩山総理の「最低でも県外」はあくまで総理の個人的発言であってそれ以上の何物でもない。しかしマスコミは県外移設断念となると、さも公約を反故にしたかのように報じた。本来ならあの発言に対してこれは党の公約なのかと追求してハッキリさせるのがマスコミの役割ではないのかね。それと国民の民度の低さも浮き彫りとなった。徳之島の一件がまず一つ。これは前にも書いたので今回は省かせていただく。2つ目はやはり問題解決後の世論だ。可能なら県外移設が出来ればいいが、安全保障の面でデメリットが大きすぎる。であれば、まず危険な普天間基地を別の場所へ移設する事が第一のはずだ。物事には順序というものがある。今回鳩山内閣の英断で辺野古に落ち着いた。5月末までに決着という総理の掲げたビジョンは、着実にしかも最も堅実な決着が付いた。しかし物事の本質を見ずに側面だけを取り上げて鳩山批判を繰り返す。国民はそろそろ本当に目を覚まして、鳩山さんを正当に評価しなければならないところに来ているのではないだろうか?。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。