新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

参院選の結果からみる国民の民度の低さ

 参院選が終り約一週間、こんなつもりではなかったと後悔している国民も多いのではないだろうか?。それにしても今回の選挙は非常に不可解な点に満ちている。
 マスコミはステレオタイプに菅総理の消費税発言が影響したと語っているのだが…。しかし前回書いたように、消費税10%は元々自民党が言い出したことなんですよ。しかも民主党は低所得者層に還付を行うと言っているのだから、同じ10%国民生活という点では民主党案の方が優れているに決まっている。であるからにも関わらず自民党が議席を増やした事は大きな謎なのだ。消費税アップ反対というなら、かねてより増税反対の社民党&共産党に支持が集まらなかったのも不思議。しかし両党共に議席数を減らしているのだ。共産党はテレビ出演でも比較的顔の知られている現職議員の小池晃が落選。社民党は福島代表以外に、下位当選で新人が1人当選したのみ。

 何が言いたいのかと言うと、単に増税反対ならば同じく消費税アップを掲げる自民党が議席を増やし、共産党・社民党が敗退したという事はおかしいという事。今回の争点は一体何だったのか、この選挙結果からは見えてこない。ただ確かな事はマスコミは菅総理の消費税発言以外にはほとんど取り上げなかったと言う事で、自民党も消費税10%を掲げている事は取り上げられなかった。これはあまりに公平性を欠いていると言わざるを得ない。発足から1年にも満たない民主党政権で我々の生活が何か良くなっただろうか?。その成果が現れるのはまだまだこれからの事で、今回の選挙は国民生活をさらに改善するために民主党を勝たせなくてはならなかったのだ。ねじれ国会で民主党の生活第一の政策実現が妨害される様子を見て、後悔する国民も多くなるだろう。これに懲りたら3年後の次の選挙では民主党を本気で応援すべきだ。さらに次期参院選後すぐに衆議院総選挙が行われる可能性が高い。民主党の敗北は民主主義と国民生活の否定であるという事を国民は心に刻んでおく必要があるだろう。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。