新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

震災騒動の中の都知事選他

 世間では連日のようにトップニュースは震災・原発関連ばかり、しかも未だに震度6クラスの余震が起こるという有様だが、その影で統一地方選挙というこの時期の風物詩もすっかり埋もれてしまった。日本国中に自粛ムードが漂う中、各陣営の選挙活動にも大きく影響が出た模様。
 注目の都知事選は下馬評通り石原都知事の4選。政党候補は共産党の前参院議員小池晃一人だったが、石原さんは事実上の自民党系の候補とみていいだろう。対する民主党は独自候補を立てられず。そう言えば地震が起きたのは石原さんの出馬会見の途中であった。
 各県議会でも民主党会派は惨敗という結果に。ただ国政と地方では一線を画する面もあり、今回は特に大阪府のように独自の勢力が力を持つという状況も存在する。今回の結果を良く言えば「国政とは違った地方独自の動向」と言うこともできるが、悪く言えば「日本の国民政治の危機」とも言える。もし2013年衆院選で自民党が過半数を取ればどうなるか?。何度も言うように民主主義は終わる。世界中で独裁圧政国家が革命によって民主国家に移行した例は少なくない。しかしその民主政府が倒れ以前の独裁政権が復活した例というものを私は寡聞にして聞かない。だが菅さんがあと2年以上持つかどうかは疑問。今こそ本当に小沢さんの出番ではないか?。がんばれ民主党!。真っ当な良識ある国民は、自民党などに負けはしない。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

まだ民主党支持者なんでいたんだ
自民党が過半数とれば民主主義は終わるとかバカじゃないのこいつ?
小沢なんてゴミ、だいたいあれだけたたかれた小沢が総理なんて民主党の支持率がさらに下がるだけ。
こういうブログ主みたいなバカが外国人参政権とかは些細なこととかいって民主党に投票しちゃうんだろうね。
まあどうせ次の総選挙で民主は党自体なくなるほどのダメージをうけるだろうけどね。

| URL | 2011-04-24(Sun)23:20 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。