新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

24時間テレビにローカル枠は必要か。

 衆議院解散が決定!、投票日は8月30日。ここで一つ問題が、この日は24時間テレビが放送されています。日本テレビは頭を抱えている事だろう。24時間テレビは日テレの総力を挙げた伝統ある看板番組、一方今回の選挙はかつてない注目を集める日本の歴史を変える憲政史上初の政権交代選挙であり、各社が総力挙げて報道する中で日テレが中継しないわけにはいかない。一説では選挙速報は報道部制作、24時間テレビは制作部主体で進めるためそれほど混乱はないとも言われているが、実際に頭を抱えているのはローカル局の方々。弱小軍団のローカル局では報道やバラエティなどの部門にそれ程分かれていない。ローカル局の報道と言っても、普段は夕方やお昼のニュース数十分を埋める程度。しかし総選挙では各地の情勢はローカル局が情報提供しなければならない。キー局日テレが全国にスタッフを送込むほどの余力はないだろう。是非これを機に24時間テレビのローカル枠を見直すべきである。日本武道館での企画や本来のプロジェクトが進行している中、わざわざローカル局で何かやる意味が本当にあるのか。よくあるのがローカル枠での独自放送の間に本来の内容が進展していて、ローカル枠終了後戻ってみると話が進んでいて何がおきていたのか判らなくなっているという事。どうも番組全体の統制がとれていないという印象を受ける。
 次回以降民主党の素晴らしい政策を一つ一つ書いていきます。報道ではなるべく公平な発言が求められるようですが、ここでは徹底して自民党批判と民主党賛美を続けます。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。