新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

小沢総理誕生へ向けての希望

 今月でブログ開始から約2年、合計訪問者数はようやく800名を超えた。これを機にタイトルを若干変更しました。まだまだ多いとはいえないが、平均して毎日1~2名は訪問しているという計算ではある。今後も機会を見て更新頻度を増やして行きたいところだ。

 さて菅内閣は依然として退陣時期が決まらず。当の菅さんは内閣の布陣を入れ替えて「メドが付くまで」一層やる気満々のようだ。しかし世間の関心は菅内閣の新しい布陣ではなく、次の総理が誰になるのかにあるようだ。週刊文春の世論調査では次期総理に期待する人物として小沢さんの名前が一位となったそうである。私はかねてより小沢総理が日本にとって最良の選択だと言い続けてきた。平成の政治史上最も大きな功績を残してきた政治家は紛れもなく小沢さんであろう。自民党を離党し新生党を結成、当時自民党は過半数を僅かに下回ったとはいえ200議席越え、第2党である社会党は70議席程度だった。しかし小沢さんは野党をまとめ上げる事で細川政権という未曾有の大連立政権樹立を見事に成し遂げた。その後新進党の結成と解党、自由党の結成と離散集合を繰り返し民主党へと合流した。小沢さんが民主党に合流したからこそ民主党は政権交代を成し遂げたのだ。かつてこんなにも国民に対して夢と希望を与えた政治家は他にいないだろう。その小沢さんが、今度こそ総理になる可能性が出てきた。今こそ国民は団結して小沢さんを応援すべきだ。

 小沢さんは先ほどの内閣不信任騒動で株を下げたという見方が跋扈しているが、実はあの結果こそ小沢さんの先見の明あふれる見事な戦略に溢れている。こちらも週刊文春によるものだが、直前まで不信任賛成でまとまっていた小沢グループ議員に否決を促したのは実は小沢さん自身だというのだ。総理に選ばれるには衆議院での過半数が必要である。仮に小沢さんが離党して新党を立ち上げたとしても、議員数は100人に満たない。これでは総理に選出されることは不可能だ。総理となるには圧倒的与党である民主党に属していなければならない。つまりもし不信任賛成に回り、民主党を追い出されては総理の座を勝ち取る事は出来ないのだ。同様に小沢グループの議員も不信任に賛成すれば除籍されてしまい、代表選での一票を失う。小沢さんはここまで先を見通していたからこそ、不信任への反対を説得し、自身は欠席という作戦に出たのだ。こうみると一連の騒動は単なる茶番どころか、菅さん退陣後をも見据えた大きな前進という事になるが、なぜ大マスコミはこういった夢のある現実を真っ当に報じないのだろうか。ここでもマスコミの偏向振りを如実に見せ付けられた思いだ。

 今書いた事を象徴するような出来事が、人気番組「たかじんのそこまで言って委員会」でおきた。不信任決議での小沢さんついて言及している場面のことだ。



出演者が小沢さんが採決に欠席した事をあれこれと言及している場面だ。

勝谷:「だから半歩前進なんですよ。まだ今闘争中ですから」
辛坊:「まだ、まだ信者!」
勝谷:「え、僕は・・・信者って失礼な!。」
(会場で笑い声)
勝谷:「政治は信心でやるもんじゃない」
辛坊:「信者でなければそんなに支持出来ない!」
田嶋:「そう」
勝谷:「それはあなたがおかしいんだよ。」
辛坊:「いや、あなたがおかしい」
勝谷:「一致団結箱弁当で・・・」


ここでやりとりは落ち着きましたが、勝谷氏は至極当然の事を言っているだけですね。TVにも頻繁に出演している他の出演者が如何にマスコミの反小沢に洗脳されているかがよくわかりますね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。