新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

民主党、船のCM その2

 前回の記事では民主党が過去に制作した伝説のCMについて紹介したが、あのCMは解釈が難しいようで、視聴者の意見でも何を訴えているのかがわかりにくいというものも少なくなかったそうだ。しかし私はこのCMには小沢ん・鳩山さん・菅さんが手を取り合うというストレートな意味だけでなく、2通りの奥深い解釈を紹介したい。

共通事項は嵐の中を進む船。自民党によって文字通り国民生活は嵐の真っ只中なのです。この嵐はボロボロになった国民生活に加え、国民を切り捨ててきた無能自民党も表しているとここでは考えましょう。
Fune1.jpg


パターン①
小沢さん=民主党、鳩山さん&菅さん=一般国民も表している、と考えた場合。

吹き飛ばされる小沢さんは郵政選挙や永田メール問題等によりスランプに陥っている民主党も同時に表している。
Fune2.jpg


鳩山さん・菅さん(一般国民)が小沢さん(民主党)をキャッチ、「国民は団結して民主党を応援します」
Fune3.jpg


パターン②
小沢さん=国民、鳩山さん&菅さん=民主党を表している、と考えた場合。

吹き飛んでいく小沢さんは極限まで追い詰められて生活できなくなった国民を表している事になります。「うわ~助けてくれ!」
Fune2.jpg


鳩山さん・菅さん(民主党)が小沢さん(生活に困窮した国民)をキャッチ、「民主党が必ず助けます」
Fune3.jpg


後は同じ。
国民と民主党の想いが一つになり嵐が去っていく(国民生活が守られたと同時に自民党の悪政も去っていった)。
Fune4.jpg


みんなで民主党を応援しよう!。
Fune5.jpg


 1分にも満たない時間でこんなに深みのある解釈が出来るCMは他に類を見ない。皆さんはどのように解釈しただろうか。何れにしろ国民と民主党の団結に大いに役立った事だけは事実だ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。