新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

本当の第三極を応援するクル!

 10/29日、石原都知事が辞意を表明。新党を結成し次回総選挙で国会議員に返り咲くというのだ。果たしてどの程度影響があるのだろう?。大して存在感のない中途半端な立ち居地に収まるというのが私の予想である。そもそも国会議員が5人以上在籍しなければ政党要件を満たしていない。その場合には小選挙区で当選する以外に手はないということだが、果たして石原にそんな事は可能なのか。立ち上がれ日本に合流するのであれば比例区からの立候補の可能性は高く、知名度という点では申し分ないわけで逆に当選する可能性が高いと言えるだろう。

 それにしてもマスコミは胡散臭い橋下徹を連日取り上げる一方で、実績ある本当の第三極を全く取り上げようとしない。国民の生活が第一然り、社民党や共産党がそうだ。先週、国民の生活が第一結党記念パーティーが行われた。評論家勝谷誠彦が乾杯の音頭をとる非常に活気と期待あふれるものであった。

しかしマスコミは彼らの地道な活動を一切取り上げない。

 小沢さんに関して、マスコミは記者クラブの既得権死守のためにこれまでもありとあらゆる罵詈雑言、誹謗中層、捏造報道を繰り返してきた。今更何も驚く事ではないと納得してしまうのが民主主義国家としては恐ろしい。しかし他にもマスコミが全く取り上げないが本当に期待・信頼できる二つの政党が日本には存在し続ける事を日本国民は忘れているのではないか。社民党と共産党である。共産党の歴史は自民党よりも古く、長年政局の混乱をよそに着々とその足跡を残してきた。社民党は1996年結党ではあるが、前進の社会党の流れを汲んでおり、細川~橋本内閣、2009年の鳩山内閣では与党入りをしており権力とはどうあるべきかということを熟知している。日本の進む道は彼らを躍進させる事に尽きるのだ。
 社民党や共産党がそれぞれ30議席前後とればどうなるか。次回の選挙ではおそらくどの党も過半数である240には届かない。そうなれば必然的に彼らの動向が全てを決める。例え自民党が第一党になっても社民・共産と連立しなければ与党にはなれないという状況であれば、自民党政権もかなりまともになる。国民の暮らしに悪影響がある政策は全て通らなくなるのだ。自民党側としても社民党を怒らせてしまうと、連立離脱されてしまい自ら下野するしかなくなる。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。