新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

投票日まで約1週間、選挙区ごとの対立軸をしっかり確認クル!

 本日12月8日は任天堂WiiUの発売日だが、昼のニュースではおなじみの客の行列を取り上げるという事はなかった。それを取り上げるだけの状況ではない。衆議院選選挙投票日まであと1週間。週刊誌では自民党が単独過半数を取るかのような予測まで立てている所もあるが、国民の真っ当な良識常識が大きなうねりとなればそんな事は絶対に起こらないと信じている。何度も書いてきたが自民党を倒す事が日本国における真の民主主義への道に他ならない。

さてマニフェストが各党から出揃った。

日本未来の党
http://www.nippon-mirai.jp/promise/promise.pdf

社民党
(ダイジェスト版)
http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/election/2012/data/manifesto_digest.pdf
(総合版)(約50Mあります)
http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/election/2012/data/manifesto_all.pdf

新党大地真民主
http://www.daichi.gr.jp/images3/pdf/daichi_chikai.pdf

新党日本
http://www.nippon-dream.com/wp-content/uploads/nippon2012m.pdf

日本共産党
(政策ダイジェスト)
http://www.jcp.or.jp/web_download/seisaku/20121126-seisaku-dj-net.pdf
(改革ビジョン)
http://www.jcp.or.jp/web_policy/data/2012_senkyo-seisaku.pdf

===== 参考 =====
民主党
http://www.dpj.or.jp/global/downloads/manifesto2012.pdf

国民新党
http://kokumin.or.jp/ckfinder/userfiles/files/seisaku.pdf


各党様々な候補者を立てているが、各地域や選挙区で事情が異なるといった所も今回のポイントだろう。
 兵庫8区は尼崎市。公明党では冬柴はやはり引退したようでその地盤を引き継いだと思われる候補者が出てきた。一方で前回とは違い民主党も候補者を立ててきた。一方の田中康夫さんは比例重複候補ではない。尼崎の有権者、あなた達は何としても新党日本田中康夫さんを当選させなければならない。
 そして北海道。未来の党からの候補者は北海道8区に1人しかいないが、嘆く必要はない。新党大地真民主改め新党大地が強力な布陣を敷いている。小沢さんと共に戦ってきた石川知裕さん・松木謙公さんらが出馬しているし、新たな候補者も北海道の複数の選挙区から出馬している。彼らの議席数を増やす事は北海道民に課せられた宿命であると認識せよ。これぞ正に小沢さんの掲げた『オリーブの木』である。
 注目は千葉4区。野田総理の対立候補として、政権交代のクリーンな政治の象徴でもある三宅雪子さんが国替えしての出馬。民主党を選ぶか未来の党を選ぶか、究極の二者択一だ。東祥三さんの東京15区は前回東さんが応援に駆けつけた事もある田中美絵子さんが国替えして師弟対決となっている。また岩手3区では小沢グループだった黄川田徹と小沢さん率いる未来の党の新人候補が対決するといった構図になっている。

 選挙区によって対立構図が大きく異なる今回の選挙、各選挙区民がその様相を正しく理解する事が打倒自民には不可欠だ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。