新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

徳田毅政務官が辞任クル!~いつか来た道の幕開け~

 徳田毅国土交通・復興政務官が4日、女性問題で辞任したことは、好調な滑り出しを見せていた安倍晋三政権に冷や水を浴びせた。第1次安倍政権では閣僚の不祥事が続発し、その後の参院選敗北、政権崩壊につながった苦い経験もある。このため政府は、徳田氏の辞任を即日認め、早期に幕引きを図った。

 「さまざまな反省の上で内閣ができたのだから、今回の決断になったと思う」

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は4日の記者会見で、首相が事態収拾を急いだ様子をこう振り返った。

 「反省」とは平成18年9月に発足した第1次安倍内閣で起きた閣僚の「辞任ドミノ」だ。政権発足約3カ月後に佐田玄一郎行政改革担当相(当時)が事務所費問題で辞任したのを皮切りに、農林水産相、防衛相ら計5閣僚が不祥事などで交代。「負の連鎖」は止まらず、内閣支持率急落の主因となった。

 今回、菅氏が徳田氏から辞任の申し出を受けたのは3日夜。本人から大まかな事実関係を聞き、4日午前中には辞表を提出させる早業だった。

 政務官は、天皇陛下の認証を必要とする閣僚・副大臣などの「認証官」ではない。進退は「直属の上司」である閣僚が扱うのが一般的だが、政府は今回、菅氏に対応を一任。官邸主導で解決を急いだ。
2013年2月4日 MSN産経ニュース



 自民党政権がスタートし早1ヶ月、早速の辞任劇に私は驚きもなくやはりという感覚がピッタリだ。政務官は副大臣よりも一歩下の役職ではあるが、ここで思い出してほしい。前の安倍内閣では閣僚の辞任が下馬評で囁かれていたが最初の辞任は本間税調会長だった。しかも辞任理由は感謝に愛人を住まわせていた事が発覚したというもの。
 今回も閣僚ではない官邸の人物が女性スキャンダルで辞任という大きな共通項がある。2006年に一度通った道が再び再現されたかたちなわけだ。少なくともそのようなかたちでの閣僚の辞任は無かった。むしろ松本龍さんや鉢呂さん(両名とも残念ながら現在落選中)のように、マスコミの中傷報道で辞任を余儀なくされた悲劇の大臣ばかりだった。この差は何なのだろうか?。
 なお前の安倍内閣ではその後佐田玄一郎・赤城徳彦・久間章生・遠藤武彦らが一年も経たない内に相次いで辞任、松岡利勝のように前代未聞の自殺を遂げてしまった者もいる。あのような道を再度通るような事は避けたいものだが、その自民党に票を入れた方々には、自身の投票行為を是非恥じてもらいたい。恥じる心無くして批判する資格はない。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。