新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

悲報、松本龍さん次期総選挙不出馬!。残念、そしてありがとう!!。

 民主党は2012年総選挙、そして2013年参議院選挙では多数の落選者を出した。落選した方々は西村智奈美さんのようにそのまま次期総選挙に向けて活動を続ける方もいれば引退を表明した方もいらっしゃる。しかし今後の動向が落選から1年以上経った今でも伝わってこない方も多い。そんな中驚きの知らせが飛び込んできた。

 民主党政権で復興相を務めた松本龍・前衆院議員(63)は21日、事務所を通じて次期衆院選に立候補しない意向を明らかにした。後援会幹部によると、松本氏は19日に支援者らを集めた会合で不出馬を表明。後継指名はしないという。
 松本氏は「(前回衆院選から)1年10か月、様々なことを見て考え、次期の総選挙には出馬しないとの思いに至った」とのコメントを出した。
 松本氏は1990年の衆院選で旧社会党から出馬して初当選し、7期連続で当選。民主党政権で環境相などを経て2011年に復興相に就任したが、東日本大震災の被災地で「知恵を出さないやつは助けない」などと発言したため批判を浴び、辞任。12年の衆院選で福岡1区から出馬し、落選した。
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/20141022-OYT1T50022.html



 なお、今年春には田中慶秋さんが引退を表明された。松本さんは1990年社会党から初当選。いわゆる土井チルドレンと呼ばれる一人だ。同期当選には岡崎トミ子さん、輿石東さん、大畠章宏さん、仙谷由人さん、赤松広隆さん、土肥隆一さんなど後の民主党政権で大活躍された方々も多い。再び国会で松本さんが大活躍される日が来るものだろうと思っていただけに残念な思いがした。
 しかし本人談によると政界から完全引退したわけではなく、これまで通り事務所は引き続き開設していくらしい。そしてこれはどこまでが真相なのか定かではないが、次期衆議院福岡第一区からは出馬しないと述べただけであるという説もある。つまり比例単独候補で出てくる可能性などまで完全に消えたわけではないという事らしい。それとも2016年の参院選や2020年までに行われるさらに次の総選挙での復帰を狙っているという事なのだろうか。松本さんは現在63歳、まだまだ再登場する可能性は十分にある。国政復帰という形だけでなくとも私たち市民のためにまだまだ頑張って下さいというエールを送りたいものである。

PageTop

滋賀県知事選、三日月さん納得の大勝利!

 勝った!
 勝った!!
 勝った!!!

 先日の滋賀県知事選ではチームしがを立ち上げた三日月大造さんが見事大勝利!!。選挙戦では今回不出馬の現職である嘉田知事との二人三脚で選挙戦を戦った。ところで嘉田さんは滋賀県での活動のみならず、私たち全ての日本人のためにも行動してくれた。皆さん覚えていますか?。そう、前の衆院選では私たちのために「未来の党」を作って下さいました。市民の声をしっかり聞いてくれる、その理念を継承した三日月さんの当選は滋賀県民ではない多くの日本人にとってもうれしい結果と言えるだろう。
 チームしがの応援団として民主党の馬渕さん、辻元清美さん、そして三日月さん出馬による繰り上げ当選で国政復帰を果たした川端達夫さんらも応援に駆けつけてくれた。

 一方の自民党は元経産省官僚の小槍という人物を立てたが失敗に終った。滋賀県といえば北方の福井県に美浜原発が立地している。この原発が問題なのだ。もす原発事故があった場合、距離的に近い琵琶湖が放射能汚染の被害にあう可能性は少なくない。そうなるとそれば滋賀県だけの問題ではなくなる。琵琶湖の水は淀川などを通して関西圏全体の水がめだからだ。経産省と言えばその原発を所管する役所、ましてやその再稼動に向けて動いていた一人を知事になど、そうした観点で考えれば冗談じゃあないと言うのが現地民の率直なところだろう。
 なおこの小槍さん、週刊誌情報だが、演説会などが終ると自身はそそくさとすぐに帰って行ったという。そんなことでは勝てない。聴衆が帰る際には彼らを見送り握手などをして応える、そうした選挙運動で市民の中に入って行くという基本的なことができていない人物だったと聞く。
 何にしても、この知事選で自民党の横暴にNOを突き付ける事が出来た意義は非常に大きい。なにはともあれ、まずは三日月さんの勝利を皆で万歳しようではないか!!。

PageTop

東京都知事選そして大阪市長選

 2月の東京都知事選、そして先月末の大阪市長選と大きな地方選挙が立て続けに行われた。ここで東京都知事選について、詳細な結果が出たからこその分析をしよう。都知事選では舛添さんの当選。極右ファシスト安倍晋三はその結果をもって原発再稼動の信任を頂いただの頓珍漢なことを言う始末であった。舛添の主張をしっかり聞いてみるがいい。彼は原発推進派ではない。
 そもそも舛添は自民党在籍時にも第一次安倍改造内閣で厚生労働大臣となったが、彼は安倍派ではない。彼の入閣は、初期の内閣が「お友達内閣」と揶揄されたため、その対策として小言を言う舅役として入閣したのだ。それに彼はまた、民意の支持よりも組織動員で勝負する自民党の選挙戦法を批判していた。
 実はこの点、舛添さんは今回大きなものを失ったと言える。今回なぜ舛添があれほど圧勝できたのか。参議院時代は自民党を離党して新党改革を立ち上げたりしたが、存在感は急激に小さくなっていった。立ち上げた新党も今や荒井広幸さん一人しかいないような状況なのに。それはひとえに自民党組織が舛添勝利のために総力を挙げて動いたからである。これで舛添さんは自民党に対する批判を封じられたと言えよう。そもそも自民党にも痛烈な批判を行っていたからこそ人気が出た人物だ。自民惨敗の2007年参院選でも比例区で自民トップだったのはそうした面によるものなのだ。これは舛添さんにとっても今後の政治活動の上で大きな足枷となるに違いない。

 で以外だったのは細川さんの三番手での落選。菅直人さんは当初先に名乗り出た宇都宮さんに対して、「(社民・共産だけの)宇都宮さんでは勝てない」と仰っていたが、蓋を開けてみれば、勝てないどころか宇都宮さんにも追い抜かれる格好となった。本来細川さんと言えば、1993年の自民党下野の立役者でもあり、猪瀬前知事で問題となった政治と金といった面でも非常にクリーンな人物なのにである。やはり小泉で逃げた票が大きかったのだろうか?。
 小泉の集票力は確かに古い自民党の組織選挙にはないものがある。しかし、本来細川さんを支持している方々は、格差拡大の元凶となった小泉を真っ向から批判してきた人々でもある。そうした人にとっては、バックに小泉がついている事への不信感は決して小さくはない。連合なども自主投票としたそうではないか。

 今月後半には徳田毅議員辞職にともなう鹿児島2区の衆院補選がある。自民党は新人候補を立てるらしいが、本命は前回落選した民主党の打越さんだ。今回は無所属で立候補し、民主党だけでなく社民党や生活の党、結いの党の推薦も受けての野党共闘で挑む。何が何でも彼を当選させよう!!。

PageTop

参院選!!日本人の底力を見せろ!!!

 ついに参院選投票日。ここでねじれ国会を維持できるかどうかが、自民党の抑止力を維持できるかどうか、憲法を守りぬけるかどうか、日本人の生活を守りぬけるかどうか、国際社会での日本の信頼を維持できるかどうか、日本という国を極右から守り抜けるかどうかが決まる。前回の衆院選では稀に見る低投票率によって自民党の組織票の力が強くなってしまったのだ。とにかく一人でも多くの有権者に投票に行ってほしい。そして自民党には絶対に票を入れないで貰いたい。特に比例区では一人一人の票の力がかなりダイレクトに反映されるのだ。

菅直人さんの声を是非聞いてほしい!!

比例は自民党に投票しない「落選運動」の呼び掛け
 参院選も最終盤に入ってきました。自民党の圧勝が予想されています。このままでは福島原発事故以来「原発ゼロ」を求めた多くの国民の意思が生かされません。そこで、原発ゼロを求めている全国の皆さんに、全国比例区では自民党に投票しない「落選運動」を展開することを呼び掛けます。
 自民党の安倍政権は福島原発事故を忘れたかのように原発推進で暴走しています。安倍政権の原発推進を止めるには、原発ゼロを求める国民が大半だということを投票で示すことが必要です。選挙区選挙は自民党候補が落選しなければ効果が出ませんが、その点、全国比例区選挙では自民党に対する全国民による投票ですから、自民党票の多寡で批判の強さがはっきり出ますし、自民党の議席を減らすこともできます。たとえば、選挙区選挙で自民党が議席の過半数を獲得しても、比例で自民党の票が10%以下と過半数を大きく割り込めば原発推進政策への批判の強さがはっきり出ますし、自民党の比例候補は落選します。安倍政権はたじろぐでしょう。
 比例で自民党に投票しない「落選運動」を呼び掛けます。参院選最終盤ですが、まだ間に合います。かつての韓国の大統領選では、投票前日の若者のメールによって情勢が逆転したといわれています。それがネット選挙のだいご味です。いろいろな主張を持つ人々が協力して、自民党の暴走に歯止めをかけるため「比例では自民党に投票しない」を合言葉に、「落選運動」を繰り広げましょう。


 選挙の争点はいかに憲法を死守するか、脱原発をいかに実現するか、格差をいかに解消するか、いかに社会から競争原理の排除を実現するかにある。小沢さんはかつてこう言った。「私はあちらのお国に例えれば人民解放軍の野戦司令官、解放のための戦いはまだ済んでいない」と。それならば我々は正に人民解放軍日本部隊の民兵なのだと、そういった自覚を持って選挙に臨みたいものである。

PageTop

参院選迫る!野党期待のマニフェストに大注目!!

 21日にはいよいよ参院選、何よりお願いしたいのはとにかく投票に行ってほしい。無党派層が投票に行くという事はそれだけ反自民票が増加するという喜ばしい結果に繋がるのだ。投票率が70%近くになれば、いくら反自民票が分裂するとしても、それぞれがかなりの票を得ることになる。特に複数人区が存在する参院選では野党候補を自民より多く当選させる事も可能だ。さらに投票率が80%を越えれば自公の過半数は衆院選であれ参院選であれ不可能になるのだ。一人一人が隣近所と連携して打倒自民の力をより強固なものにしていこうではないか!!。

 さて公示日を迎え候補者も確定したが、民主党からは土壇場で鹿野道彦さんの比例区出馬が決定した。吉田公一さんや五十嵐文彦さんら衆院選落選者が目立ってはいたが、そこまで大きな決め手には欠ける印象があった。しかし農水大臣を務め民主党代表選にも登場した知名度抜群の鹿野さんが比例区から出馬する事によって民主党の集票力は確実に大きくなったと言える。

さて注目のマニフェストはこちらから。

民主党「参議院選挙重点政策」(マニフェスト完全版)
http://www.dpj.or.jp/global/downloads/manifesto2013.pdf

社民党 選挙公約総合版
http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/election/2013/data/commitment.pdf
社民党 選挙公約ダイジェスト版
http://www5.sdp.or.jp/policy/policy/election/2013/data/digest.pdf

生活の党
http://www.seikatsu1.jp/special/images/election/political_policy.pdf

共産党 政策全文
http://www.jcp.or.jp/web_download/2013-saninsen-seisaku.pdf
共産党 政策ダイジェスト
http://www.jcp.or.jp/web_download/seisaku/201307_seisaku_panf.pdf

 2016年には衆参W選挙で今度こそ自民党は完全崩壊だ。今回の選挙は正に国民による自民党への反撃の狼煙としようではないか!。

PageTop

静岡県知事選勝利!次は都議会選挙!!

 今週日曜、静岡県知事選挙が行われ現職の川勝平太は自民党が擁立した候補広瀬一郎に108万vs34万というほぼトリプルスコアで大勝利を収めた。自民党本部は広瀬氏を推薦よりも一段階下の支持に留めたが、それでもなお自民党敗北という事実は我々に大きな勇気を与えてくれた。自民党は谷垣・石破・岸田といった閣僚経験者が応援に入ったが、それでもなお大敗したのである。

 さて23日は都議選の投票日。都議選は1人区~8人区と選挙区ごとの当選人数の幅も広いが、その点は参院選に近い一面もある。都議選で自民党の議席増加を可能な限り抑え込み、参院選に向けて都民の真っ当な反自民の声を挙げ団結を!!。

PageTop

総力戦!!参議院選挙候補への更なる期待。

 5月24日付けで累計訪問者が3000人突破。1月に入って2000人を超えたところなので4ヵ月半で1000人という計算。思ったよりも伸びがいい。

 さて7月の参院選における新たな候補者が決定!。昨年の衆院選で未来の党から出馬し落選した太田和美さんが千葉選挙区から立候補する。太田さんといえば2006年の衆議院補選で千葉県の選挙区から初当選。2006年と言えば郵政選挙での自民党大勝の翌年。あの頃も政治の話題では自民党ばかりで、一方の民主党は偽堀江メールの一件で支持率が低迷していた時期だ。そうした意味では現在2013年前半の状況に近い。しかし待望の小沢代表が実現し、補選勝利をきっかけに民主党の注目も高まり翌年2007年参院選では大勝利を治めた。太田和美さんの立候補は我々にそうした希望を持たせてくれる。一方の自民党は当時よりさらに質の低下が進んでおり極右政権と化しているのが現実だ。次の参院選で自公の過半数を阻止し、政権交代への幕開けを実現しよう!!。
 一方民主党の方は候補者が追加される兆しが出てこない。岡山は民主空白区のままなのかと驚きもしたが、どうやら無所属候補を推薦とする形になるらしい。野党共闘で反自民票の分散を狙ったよい戦略だ。

PageTop

頼れるベテランが続々!!野党の参議院候補者に期待大。

 5月ももう下旬、7月下旬の参議院選挙までは残り2ヶ月をきったところ。今回の参議院選挙の話題でいつもと明らかかに違う傾向が。今回は与野党問わずタレント候補の話題が全く出てこない。前回は確か野球の堀内恒夫や中畑清、石井浩郎、歌手の敏いとう・岡崎友紀、体操の池谷、柔道の谷亮子などがニュースをにぎわせていたが・・・。一時はタレントの嶋大輔に出馬の噂もあったがどうやら立ち消えになった様子。何かが違う今回の参院選、何としても自公の過半数を阻止し日本再生の第一歩を踏み出せる結果となってほしいところだ。

 さて5月に入り、新たな候補者の情報も。落選中の経験豊かなベテランの出馬が多いのが今回の特徴だろう。生活の党からは山岡さんや三宅さんに続いて東祥三さんも比例区から立候補する事が決まった。また未来の党で落選していた山田正彦さんもみどりの風から比例区での出馬が決まった様子。民主党でも落選中の奥村展三さんや五十嵐文彦さん、さらには円より子さんも比例区から出馬する。堅実路線というならばタレント人気に頼るよりもこうした実力派を並べた方が票に繋がるかもしれない。皆さん大きな実績を残してこられた方々ばかりだ。自然と確かな期待も産まれるというものだろう。

 一方の維新の会は橋下の慰安婦発言でみんなの党との選挙協力がご破算に。自民党との右翼票の分裂で潰し合いをしてくれれば結構。
 それにしても今回ほど投票に迷う選挙はない。特に比例区、社民党の又市さんは今回の改選だし、共産党の小池晃さんも3年ぶりの返り咲きを目指している。民主党・社民党・生活の党・共産党、どこに入れるか迷う有権者もおおいだろう。読者のあなた方はこの4党のどこを支持するだろうか?。

PageTop

驚天動地!?平岡さん参院補選まさかの落選!

 ブログをリニューアル。リニューアルとは言ってもタイトル名の変更と毎回のサブタイトルフォーマットの変更ぐらい。それから最新記事の表示数を5から8へと増加。そして今回から記事のタイトルはドキドキ!プリキュアのサブタイトル風に。

 まずこの1週間で、なんとバタヤンこと田端義夫が亡くなっていた事が明らかになった。何年か前はまだNHKなどのスペシャル番組に出演しており2000年代に入っても新曲を発売していたが、94歳でついにお亡くなりに。戦前デビューの歌手で現在も存命の人物は菅原都々子ぐらいだろうか。二葉あき子も10年ほど前に引退していたが2011年に亡くなっている。

 さて本題に。4/28に行われた参議院山口補選では民主党候補(民主党の公認ではなく推薦のため無所属)である平岡秀夫さんが自民党の新人に大敗という信じられない事態が起きた。平岡さんは結成当初の旧民主党時代から活動してこられた。もっとも旧民主党での1996年総選挙では新進党候補者に敗北したが、2000年以降連続当選を続けてきており実績としては申し分ないはずだった。
 今回の敗因は何だろうか?。一つは投票率の低さだ。補選の投票率は毎回押し並べて低い傾向にあるが今回は38%しかなかった。これは国政選挙(補選含む)では史上二番目に低い数字だそうである。となると自民党の組織票の比率が相対的にはかなり大きなものになった事が予想される。もう一つは野党共闘が十分にアピールされたかどうかという疑問だ。小沢さんが4月1日のぶらさがり取材で
『野党がまとまるのであれば無所属でも一向に構わないと思う。ただ山口の場合もまとまらないのでしょ。民主党のただその時の便法みたいな形で、形だけ無所属にするから乗れ、ということではなかなかほかの野党も、はいそうですか、というわけにはいかなくなるので、やはり本当に協力するという真摯な姿勢でやらないといけないだろうと思う。』
と述べている。今回の山口補選で社民党・生活の党・みんなの党が平岡さんの応援に入ったという話を聞かない。マスコミがいつものように隠しているだけかもしれないが、そういった部分を国民の目に入りやすい形でアピールしていく事が夏の参院選での最重要課題となるだろう。

PageTop

これが大阪維新の会の正体クル!

 参院選まで約4ヶ月。民主党からの第1次公認候補も発表された。
 http://www.dpj.or.jp/candidates/house/%E5%8F%82%E8%AD%B0%E9%99%A2
 前回の総選挙落選者では吉田公一さんの名前が比例区候補者にある。今のところ前回の落選者は一人しかいないが、田中真紀子さんの出馬が噂されるようにもっと大物クラスの方々には先の敗北で終ってほしくはないところだ。

 そして問題は自民党にも劣らぬ極右政党日本維新の会。前回の総選挙では民主党の票が割れ50を越える議席を獲得したが、あのような危険な党に対し国民は退場の審判を下さなければならないだろう。新聞赤旗の特集サイトで維新の会の、その危険な正体が論破されている。
 http://www.jcp.or.jp/akahata/web_daily/html/oosaka-ishin/index.html
 内容については赤旗のサイトを読んでもらいたいのでここでは言及は避けておくが、一人一人が党の本質を熟知してポピュリズムに煽られる様な選挙は終わりにしなければならない。本当に国民生活第一の政治を実現する党、それは民主党、生活の党、社会民主党、共産党の4つなのである。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。