新・必殺ブログ人~ひとり市民革命~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

紅白の感想と視聴率ニャ!

 今年の紅白も無事終了し新年を迎えた。紅白の視聴率は前半が35.2%、後半は41.2%であった。昨年の41.7%を下回る結果には驚いた。内容で言えば千昌夫22年ぶりの登場など見所は昨年以上だったとは思うが、実は今年の紅白最大のポイントはBS同時放送がないという事なのだ。1984年から同時放送が行われていたので、地上波のみでの放送は実に27年ぶり。これまでのBS視聴者層が全て地上波に流れてくることで5%前後は上昇するものと思っていたが、実に驚きの結末だった。ちなみに紅組7年ぶりの優勝ではあったが、実はこの一件はそれ以上に驚くべき事だ。
 紅白の内容については例年通り、紅白らしさとは何かという事を熟慮してもらいたいという事ぐらいだろうか。特に大トリ。曲のエンディング部分ぐらいは工夫してほしい。あれでは大トリである必然性が何も無いとしか思えないのではないか。

 紅白の出演者について言えば相変わらず偏っており演歌がかなり少ない。しかし来年に向けての希望はある。出場枠数がほぼ同じなら来年は演歌が強くなりそうな根拠を示してみよう。
 まず倖田來未とアンジェラ・アキが産休入りで紅白卒業。朝鮮枠も仮に出場者がいたとしても今年からは1枠減少するだろう。震災枠も今年の特別企画のようなものなので、来年はそれなりに新たな出場者を立てる必要が出てくる。そこで最近顔を見ない前川清や鳥羽一郎などを期待したいものだ。

artists_first2.gif
artists_second2.gif

PageTop

紅白の歌唱曲が決まったニャ!

 20日、やっと今年の歌唱曲が決定!。例年より多少遅い決定であった。NHKのサイトが特殊な形態でそのままここに貼り付けられないので、各主要出演者について前回の予想を絡めて感想を述べる。金正日死去などはまたの機会に。

五木ひろし→ふるさと
森進一→港町ブルース

 森進一は想定の範囲内の曲だったが、五木ひろしは新曲で来ると予想していたので想定外。この「ふるさと」は1973年に一度歌われているので実に38年ぶり。さらに森の「港町ブルース」は1969年に歌われて以来で、実に42年ぶりの登場だ。その間一貫して紅白に連続出演中というのは正に凄まじい記録と言える。

和田アキ子→あの鐘を鳴らすのはあなた
北島三郎→帰ろかな
石川さゆり→津軽海峡冬景色

 この3名は昔のヒット曲を周期的に歌うパターンが近年確立されていたが、前回の予想が的中した結果となったと言えるだろう。ただ「津軽海峡」は最近1年おきに歌われ続けており、他に選択肢はなかったのだろうかと不思議に思う部分も無いわけではない。

氷川きよし→情熱のマリアッチ
水森かおり→庄内平野 風の中

 例年通りの新曲。この2名は毎年曲の予想が見事的中。見事とは言っても誰が予想してもほぼ的中出来るパターンではある。

千昌夫→北国の春
 新曲「いっぽんの松」ではなく、有名なこの曲で決定。過去には77年~79年と三年連続で歌われた事もあり、紅白では定番とも言える結果となった。近年では美川憲一の4年連続「さそり座の女」など、同じ曲が々歌われる傾向が以前より目立つようになった。

川中美幸→二輪草
 2年連続同じ曲のパターンは近年の紅白では誰かが継承しているように思うが、まさかの二連続。近年では鳥羽一郎、美川憲一、中村美律子など同じ曲を歌って落選していくケースが発生しているが、同じ途を辿るのではないかと心配にもなってきた。確かに持ち歌の中では相当売れた曲ではあるが、昨年のヒット曲「ふたり花」など選択肢は比較的広い歌手だけに最も驚きの選曲であった。

細川たかし→ねぶた
 この人が新曲を歌うのは何年ぶりだろうか。2001年は新しいヒット曲「北の五番町」だったが、それ以来なのではないか?。今年は新曲・昔の曲の担当で意外な組み合わせが多い。

 そろそろ曲順も発表になる頃だろうか。それはまた次回。

PageTop

紅白歌唱曲の予想、第二弾ニャ!

前回の続き。

石川さゆり→東北関係で考えれば「津軽海峡冬景色」が有力か。しかしここ数年はこの曲と「天城越え」の繰り返し。そろそろ違う曲を聴きたい。それに津軽海峡は東北と言えども被災地ではない。

氷川きよし→基本的に新曲を売り出す形なので、今年2月に発売された発売された「あの娘と野菊と渡し舟」か9月発売の「情熱のマリアッチ」だろう。予想としては後者。

細川たかし→新曲「ねぶた」が今年発売されてはいるが、2000年代になってからは昔の曲が目立つ。「北酒場」が最有力だろうか。「浪花節だよ人生は」は近年頻繁に歌われているので可能性は低そう。

和田アキ子→そろそろ4年ぶりに「あの鐘を鳴らすのはあなた」の出番か。新曲ff(フォルテッシモ)が子問い発売されているが、紅白で禍根を残している大友康平のカバー曲なのでこちらの可能性はないとみた。

水森かおり→毎年新曲を歌唱。その流れから見て「庄内平野 風の中」で決まりだろう。

藤あや子→今年は新曲「泣き鏡」があるが、有力候補は絞りにくい。ちなみに前回の出演時(2008年)は最新曲ではなく、前年に発売された落選中の曲「紅い糸」であった。


 今日は11日なので、おそらく来週にはNHKからの発表は既に行われているだろう。どのような曲が選ばれるか楽しみだ。


おまけ
-------------------------------
分身の術
ファファ~、分身の術~。左上はドドリー

PageTop

紅白出場者決定!、曲の予想ニャ!

 前回の更新から3日後の11/30に紅白出場者が発表された。
2011年赤組
2011年白組

蓋を開けてみた感想は、正に予想の核心は的中したというところだろうか。演歌の大物がピンチと騒がれていたが、本当に事前騒動だけで終ったようだ。昨年は出場枠激減に驚かされたが、今回はほぼ例年どおりに戻った。その追加分に充てられたのが震災枠と韓国組である。千昌夫はやはり出場。実に1989年以来のことだ。もう一人西田敏行も平成になって初の出場。こうした見慣れた顔ぶれが揃う事はうれしい限りだ。また秋川雅史なども再登場を果たす。
 一方の落選組についてだが、予想通り中村美律子がキーマンとなった。4年連続での河内おとこ節だけでは紅白出場の決め手とはならなかったようだ。代わって藤あや子が三年ぶりの復帰というのも前回予想した通りとなった。だが中村美律子も過去のパターンからすれば2~3年後にはまた再登場するだろう。

 一方で不満を挙げるとすれば、ジャニーズがまたも4枠を独占。特にNYCが3回目の出場だが、紅白以外で全く見た事すらない。同じく事務所枠の都合で紅白を去った山本譲二に対してどのように説明するのであろうか?。
 出場に疑問を感じるメンバーは絢香、確か騒動を起こして謹慎していた筈だが復帰最初の活動が紅白というのはいかがなものか。昨年も出ていたいきものがかりは「ゲゲゲの女房」主題歌の一発屋というイメージしかない。どうもここ数年、若手に偏りすぎているような気がしてならない。


 少々早いかもしれないが、主要メンバーの歌唱曲を予想。
森進一→新曲なら「八甲田」だが、昔の曲なら震災繋がりで「港町ブルース」の可能性がある。
北島三郎→基本的に過去の曲と予想。ここ数年の順番を見ると今年は「帰ろかな」あたりか。
五木ひろし→新曲や近年の歌が多い。「月物語」もしくは「街」のどちらかの可能性が大。
千昌夫→新曲「いっぽんの松」の可能性はあるが、千昌夫と言えば「北国の春」。こちらの方が有力か。
西田敏行→代表曲「もしもピアノが弾けたなら」しか知らない。しかし東北繋がりで言うならば過去に紅白で歌った「ああ上野駅(井沢八郎の曲)」が再度選ばれる可能性もあるだろう。
小林幸子→例年通り新曲。「おんなの酒場」だろう。


---------------------------------------
おまけ
スイート41話
スイートプリキュアもいよいよ佳境に。音符を奪い取るピーちゃんの顔がすごい。

PageTop

紅白出場者の発表が例年より遅いニャ!

 そろそろ紅白出場者が決定する頃だ。まあ毎年多少の変動はあるものの、そろそろ発表されている頃じゃないか?。やはり暴力団絡みの一件で12月まで遅れるのだろうか。
 週刊誌やスポーツ紙の一部では演歌勢がさらに半分以下になるという大胆予想を披露したメディアもあるが、果たしてそこまでのサプライズがあるものだろうか?。ここでこれまでに聞こえてきた情報を整理してみよう。

 10/19のJ-CASTで配信された記事『紅白「大物演歌歌手ほぼ全滅」? 森進一、五木ひろしは大丈夫か』について。私は両者は揃って出場と予想。また演歌勢の顔ぶれが大幅に代わる可能性も高くはないと見ている。

http://022.holidayblog.jp/?p=5891
上のリンク記事を見ていただければ判るが、五木ひろし・小林幸子は12/29に行われる紅白の事前番組(いわゆる想い出の紅白)の司会が決まっている。紅白落選者をいくらなんでも、今年の紅白の予習番組に登用する事はありえないだろうと報じられた。つまりこの2名は出場確定と断言してもいい。それに両者とも曲の売上という点では申し分ない。森進一もかつてそういった噂を全く聞いた事がない。どちらかと言うと離婚問題やおふくろさん騒動など全く別の点で騒がせた事はあったが。
 そして震災絡みの東北枠はやはり千昌夫が20数年ぶりの出場が最有力だろうか。新沼謙二の名前も出てはいる。どちらも過去紅白への出場経験もあり、現在も新曲を出していると言う点では誰かしら出てくる可能性は間違いない。一時はさとう宗幸の名前まで挙がっていたが、現在は一線からは少し離れた状態にある事を考慮すると可能性は低そうだ。それよりも微妙なのは中村美律子。4年連続で河内おとこ節の可能性もあり得ない事ではないが、美川憲一と同じような道を辿りそうな気がしないでもない。また出場枠が一昨年と同水準に戻るのだからそのまま残る可能性もあるが、藤あや子、香西かおり等が戻ってくる可能性で枠を空ける可能性もある(これらの方々は毎年誰かが落選や再登場したりを繰り返してきた)。見立てとしては6割の確率で残るとみた。
 最近は常連が突然姿を消す例が毎年1例程はあるので、誰かがいなくなる可能性はあり得る。しかし暴力団関係での落選の影響は結局のところただの事前パフォーマンスで終りそうな予感だ。かつてのスキウタのように。

PageTop

紅白視聴率、そして任天堂の3代目機種は連続失敗というジンクス

 度々触れてきた紅白の視聴率は前半35.7%、後半41.7%(共に関東)。前年比較では前半が-1.4%という落込みだが、後半ではかろうじて0.9%アップ。しかし紅白の権威復活には程遠い数値である。なお関西では前半後半共に昨年比+2.2%アップ、札幌・仙台・名古屋でも少しではあるが前半後半共に上がってはいる様子。視聴率低下に最低限のブレーキは効いたがとても紅白大勝利とは言い難い。2010年にNHKで話題になった「ゲゲゲの女房」と「竜馬伝」絡みにしか頼れないというのも何とも情けない。しかも大河も全体的には長期低落傾向だし、連続テレビ小説も毎年大きな話題になるとは限らない。NHKは本腰を入れてかからねば来年は確実に視聴率ダウンは避けられない。
 まずバーターを切り捨てよ。嵐のバーターでHYCとかいう殆ど無名のチビッ子がセットで出てきた上、売上が落ちているポルノグラフティも福山雅治のバーターだという説も囁かれている。バーターを押し付けてくる事務所には出なくて結構、それが紅白の権威だとNHKは強気に出る事は出来ないだろうか?。これは記者クラブに次ぐ日本マスコミの大きな制度的欠陥であると認識を国民も持つべきだ。

 さて任天堂から3DSなる新機種が2月末に発売される模様。その件との関連性は不明瞭だが、DSLiteがさらに入手困難になっている模様。近年の任天堂はマイナーチェンジがお好きなようで、アドバンスではGBA(初代)→GBA(SP)→GBミクロとモデルチェンジを行い、DSになってからもDS(初代)→DSLite→DSi→DSiLLと4回もモデルチェンジを繰り返した。ここで気が付かれた方がおられるかもしれないが、2回目のモデルチェンジ即ち3代目製品は何故か重要な機能を削除して失敗作となっている。GBミクロでは何とアドバンス以外のソフトは仕様不可となってしまった。DSとの同時並行も災いしてもはや話題にすらならず。DSiの方はさすがに同じ失敗は繰り返すまいと任天堂も力を入れてはいたが、なんとGBAソフトが仕様不可に。それに代わるメリットとしてはDSi専用ソフトの存在を公表していた。しかし蓋を開けてみれば、専用ソフトは本体発売1年後に登場した「モンスターファインダー」只1つという驚きの結果に。その他にも最近の一部ソフトではDSiでのみカメラを使用する機能が利用できる内容が含まれているものが存在する(「極上!!めちゃモテ委員長MMマイベストフレンド!」など)が、こんな結末になろうとは誰が予測しただろう。

 なお、菅内閣による内閣改造の件は全貌が明らかになった次週以降に触れる。

PageTop

紅白の感想&紅白再生へ向けて

 新年を向かえ紅白歌合戦も無事に終わった。全体的には良く言えば淡々と進行した、悪く言えば今一つ盛り上がりに欠けるといった具合だ。決して纏まりがないわけではないが、あまりにこじんまりとした舞台になったという表現が的を得ているだろうか。
 今回の特徴を一つ挙げるとするならば、曲紹介が長いという事。NHKが出場枠を6組減らした理由についても曲紹介に時間をとりたいといった発言があった。特に今回は曲紹介でVTRを挿む回数が多くなった事がかなり目立った。その間に舞台のセットを変更したりするための時間稼ぎが可能なわけだが、それが逆にテンポの悪さや全体の統一感を失わせてしまった、そんな一面がありはしないか。大トリに関しては昨日危惧していた事が的中した。それだけでなく大トリに向けた高揚感を盛り上げる演出がほぼ皆無だった。このあたりは1990年代の紅白と比較するとかなり明らかである。その頃も紅白の視聴率は全盛期より明らかに下落していたが、それでも90年代はまだ紅白らしさという点では十分なレベルを維持できてはいたように思う。応援合戦のようなものを復活させてみてはいかがか。
 今回残念だったもう一つの点は出演者同士の絡み・共演が激減した事。中村美律子・伍代夏子・細川たかし・加山雄三の出番では他の出演者がステージ上で活躍していたが、その程度しかなかった。曲紹介では序盤の若手で北島三郎が出てきたぐらい。川中美幸の出番ではドラマの出演者が不思議な踊りを披露していたがもう少し何とかならなかったものだろうか。特に若手出演者のバックで他の出演者が出てくる場面は皆無に等しい。以前のように小芝居的な物を是非とも挿んでほしい。

 今回から公式キャラクターの「ウタウッキー」なる不思議なキャラが登場したが、果たして来年も再登場するだろうか?。来年はまだ登場する機械はあるにしても数年後には消えていそうな予感。途中でハートキャッチプリキュアが出てきたが、これも今年大ヒットしたとは言い難く、ゆかりの人物が紅白に出演しているわけでもなく登場した必然性が読めない。確かにシリーズが7年間続いており知名度は十分だが、鬼太郎や怪物君のように出演者・主題歌歌手本人をどうせなら一人ぐらいゲストに登場させてほしかった。

 北島三郎・石川さゆりに関しては合格点。五木ひろしは今年も新曲での出演となったが、セットがなんだかショボい。バックの襖付のセットがエンタの神様に出てくるような大道具に見えてしまう。視聴率の大幅上昇は厳しいとみたが、果たしてどのような結果が出るだろう。

PageTop

いよいよ紅白

 いよいよ紅白歌合戦当日です。曲順は下の通り。残念だったのは北島三郎が大トリを外れてしまった事。昨年大トリであった事を考えると二年連続は難しい所もあったのだろうかと想像する。しかし来年の紅白ではデビュー50周年で大トリを務めるという噂が早くも出回っている。
 一つ気がかりなのは北島を押しのけて大トリを務めるSMAPの演出。基本的に大トリでは間奏中に他の出場歌手がステージ上で見守るシーンが映し出されたり、曲のエンディング部分ではかなり重厚なアレンジで締める事が紅白のしきたりなのである。前回のSMAPの大トリでは淡々と歌い終わってしまったので、紅白の大トリとしてふさわしい演出が行われる事をただただ祈るばかりだ。それにしても知らない曲が多いなあ。

(前半)
浜崎あゆみ VirginRoad
EXILE I WishForYou
AKB48 紅白2010 AKB48神曲SP
NYC よく遊びよく学べ100%NYC
アンジェラ・アキ 輝く人
AAA 逢いたい理由
中村美律子 河内おとこ節
flumpool 君に届け
平原綾香 Voyagers
遊助 ひと
伍代夏子 ひとり酒
細川たかし 浪花節だよ人生は
ポルノグラフィティ 君は100%
西野カナ Best Friend
FUNKY MONKEY BABYS あとひとつ
川中美幸 二輪草
HY 時をこえ
クミコ INORI~祈り~
水森かおり 松島紀行
徳永英明 時の流れに身をまかせ
水樹奈々 PHANTOM MINDS
L’Arc~en~Ciel BLESS
天童よしみ 人生みちづれ
森進一 襟裳岬
(ニュース)
郷ひろみ GO!GO!イヤー紅白スペシャルメドレー
aiko 向かいあわせ
Perfume ねぇ
TOKIO advance
倖田來未 KODA KUMI 2010 Special Medley
五木ひろし おしろい花
和田アキ子 AKKOィィッ!紅白2010スペシャル
加山雄三 若大将50年 スペシャルメドレー
福山雅治 道標
小林幸子 母ちゃんのひとり言
コブクロ 流星
植村花菜 トイレの神様
嵐 2010紅白オリジナルメドレー
いきものがかり ありがとう
石川さゆり 天城越え
北島三郎 風雪ながれ旅
坂本冬美 また君に恋してる
氷川きよし 虹色のバイヨン
DREAMS COME TRUE 生きてゆくのですfeat.ザ紅白スペシャルブラスバンド
SMAP This is love’10SPメドレー

PageTop

第61回紅白歌合戦歌唱曲発表!

 今年の紅白の歌唱曲が決定!

【紅組】
aiko (9) 「向かいあわせ」
アンジェラ・アキ (5) 「輝く人」
いきものがかり (3) 「ありがとう」
石川さゆり (33) 「天城越え」
植村花菜 (初) 「トイレの神様」
AKB48 (3) 「紅白2010 AKB48神曲SP」
川中美幸 (23) 「二輪草」
クミコ (初) 「INORI~祈り~」
倖田來未 (6) 「KODAKUMI 2010 Special Medley」
伍代夏子 (17) 「ひとり酒」
小林幸子 (32) 「母ちゃんのひとり言」
坂本冬美 (22) 「また君に恋してる」
天童よしみ (15) 「人生みちづれ」
DREAMS COME TRUE (14) 「生きてゆくのです▽(ハート) feat. ザ紅白スペシャルブラスバンド」
中村美律子 (15) 「河内おとこ節」
西野カナ (初) 「Best Friend」
浜崎あゆみ (12) 「Virgin Road」
Perfume (3) 「ねぇ」
平原綾香 (7) 「Voyagers」
水樹奈々 (2) 「PHANTOM MINDS」
水森かおり (8) 「松島紀行」
和田アキ子 (34) 「AKKOィィッ!紅白2010スペシャル」

【白組】
嵐 (2) 「2010紅白オリジナルメドレー」
五木ひろし (40) 「おしろい花」
HY (初) 「時をこえ」
EXILE (6) 「I Wish For You」
NYC (2) 「よく遊びよく学べ100%NYC」
加山雄三 (17) 「若大将50年 スペシャルメドレー」
北島三郎 (47) 「風雪ながれ旅」
郷ひろみ (23) 「GO!GO!イヤー紅白スペシャルメドレー」
コブクロ (6) 「流星」
SMAP (18) 「This is love’10 SPメドレー」
TOKIO (17) 「advance」
徳永英明 (5) 「時の流れに身をまかせ」
AAA (初) 「逢いたい理由」
氷川きよし (11) 「虹色のバイヨン」
FUNKY MONKEY BABYS (2) 「あとひとつ」
福山雅治 (3) 「道標」
flumpool (2) 「君に届け」
細川たかし (34) 「浪花節だよ人生は」
ポルノグラフィティ (9) 「君は100%」
森進一 (43) 「襟裳岬」
遊助 (2) 「ひと」
L’Arc~en~Ciel (4) 「BLESS」

 Yahoo質問袋で何度か自分の予想について書いてきたが、北島三郎の「風雪ながれ旅」、石川さゆりの「天城越え」に関しては見事的中!。作詞家星野哲郎と吉岡治への追悼として選ばれたという事だろう。最近の紅白では2003年と2005年の紅白で「風雪ながれ旅」が歌われた。残念ながら2003年では些かこじんまりとした内容になってしまった。2005年では大量の紙吹雪が使用されたが、トリの手前で時間が押していたのかイントロ部分でかなり焦っていた。この曲はやはりトリで歌ってこその曲。1996年にも負けない「風雪ながれ旅」が見られるかと思うと楽しみではないか。「天城越え」は近年「津軽海峡冬景色」と入れ替わるようにかなりの確率で歌われている。それだけに演出面で如何に工夫してくるのかという部分に注目が集まるだろう。
 川中美幸はヒット曲「二輪草」。今年は「ふたり花」もヒットしたので意外と言えば意外。五木ひろし、小林幸子、氷川きよし、水森かおりは新曲。この4人は例年新曲を歌う確率が高い。特に五木ひろしはベテラン勢の中でもほぼ新曲を歌うことになる貴重な存在といえるだろう。細川たかしは「浪花節だよ人生は」。出場が途切れる前の2006年には歌詞をまた間違えるというハプニングが起きた。1984年にも同じく歌詞を間違えており、今年は間違う事無く歌いきってほしいものだ。
 意外だったのは中村美律子の「河内おとこ節」で3年連続での歌唱。それに加え2002年、2004年にも歌われている。美川憲一が4年連続「さそり座の女」の後で落選したパターンで後を追って来年落選するのではないかと心配になってしまう。他にもヒット曲はあると思うのだが。中村美律子のイメージが固定化してしまう事もあり、少し期待はずれ。さらに8回目の歌唱は紅白新記録でもある。ちなみにこれまでは「さそり座の女」の他に森進一の「おふくろさん」、鳥羽一郎の「兄弟船」、森進一も小室哲也が関わった新曲を歌うのかと思いきや、何と「襟裳岬」。2005年から2年連続の「おふくろさん」と7回で並んでいた。昨年の「花と蝶」など森の選曲に関してはどうも方向性が見出せないのは私だけだろうか?。

PageTop

紅白は死んだとまで思う。

 2010年即ち第61回紅白歌合戦の出場者が発表された。筑紫哲也の言葉を真似で批評すれば「NHKは死んだとまで思う」という言葉がピッタリだ。なぜ今年もジャニーズが4組もいるのか?。事務所枠制限は何処へ消えてしまった?。事務所枠制限で北山たけしに枠を譲り不出場となった山本譲二に対する待遇の差は何処から来ているのだろう。しかも山本譲二は北島事務所から独立したわけで枠制限とは最早無縁なはずである。もっとも北山も落選してしまい北島事務所からは北島三郎一人しか出場しないのだが。どうしても嵐を出したいのならTOKIOあたりに今年は休んでもらうべきだった。もしくは歌手として出場せず司会に徹するという道も悪くはないだろう。
 他にも謎の人選が多い。紅白の目玉でもある衣装対決は遂に終了、美川憲一が落選。平成の紅白を支えてきた鳥羽一郎、前川清、長山洋子らは昨年に引続き今年も不出場。藤あや子と香西かおりはここ最近は当選落選を繰り返してきたが今年は揃って選ばれず。加山雄三が50周年という事で9年ぶりの復活を果たしたが、それぐらいしか目玉が無いというのも何とも残念。
 初出場組は1955年、1982年に並び歴代最少の5組<HY/植村花菜/クミコ/AAA/西野カナ>だそうだ。しかし残念ながら全く知らない面子ばかりでサッパリ判らない。10年先の紅白に残っていられるメンバーがどれくらいいるだろう。今年は出場者が6組減少したため、大物歌手の落選や復帰が叶わなかった例が多い。ジャニーズも枠を減らせ!。もう一言苦言を呈するならば、星野哲郎の追悼企画を何故やらない?。水前寺清子や鳥羽一郎の復帰を期待したが何も起きず。北島三郎が星野作詞作品の歌唱となるぐらいだろうか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。